楽花遊!

| コメント(0) | トラックバック(0)
「らっくゆー」と読ませます。
いけばな作家・竹中麗湖さんがホテルニューオータニで開催したイベントのお手伝いをさせていただきました(2009/5/3〜6)。
竹中さんが創造した空間のなかで、音楽や落語などをジョイントさせてみようという実験的なイベントです。
懇意にさせていただいている、五明楼玉の輔師匠にご登場いただき、午前と午後の2回にわたって演じていただきました。

_MG_3618.JPG photo Kozo Sekiya

演目は、「宗論」「辰巳の辻占」「紙入れ」「子別れ」でした。
インスタレーションのなかでの自宅寄席さながらの、ぜいたくな時間でした。
玉の輔師匠は、豪華客船「飛鳥」での海外出張直後のハードなスケジュールでしたが、集まったお客さんを湧かせていただき、日頃落語とは縁遠い方々もたいへん喜んでいました。

これを機に、ホテルニューオータニで定期的に落語会が開催できればな、と夢見ております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/11

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年6月26日 14:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この本で広がった、落語の世界」です。

次のブログ記事は「カナダからの「写真」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。