この本で広がった、落語の世界

| トラックバック(0)
ラスコーのオリジナル企画として、日東書院さんから出させていただいた『噺家の手ぬぐい』は、初版8,000部で、翌年には再版をしていただきました。
発行するとすぐに全国選定図書に指定されるなど、おかげさまで各方面で話題にしていただきました。
著者の五明楼玉の輔師匠は、NHKの「視点論点」に出演し手ぬぐいについて語るなど、すっかりその道の権威として高い評価を得ています。

カバー色換え [更新済み].jpg

噺家さんは毎年お正月に、オリジナル手ぬぐいを新調されます(しないひともいますけど)。
それを一堂に会しただけでなく、玉の輔さんはすべてにていねいにコメントを付しました。
撮影もたいへんでしたけど、やっぱり著者のご苦労は飛び抜けていたと思います。

カバー袖に入れた著者近影は、師匠のお気に入り。

さらにこの世界が広がることを、楽しみにしつつ、新たな企画へと向かいたいと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/10

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年6月18日 18:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しい歯科の教科書スタイルの模索」です。

次のブログ記事は「楽花遊!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。