新しい歯科の教科書スタイルの模索

| トラックバック(0)
医療職はほんとうにたいへんな職業だと思います。
科学全般にいえることかもしれませんが、技術や情報はかなりのスピードで進化・変化しているようです。
そのなかでやはり出版物は同時性、即時性が要求され、ここ数年の傾向として印刷部数は徐々に減ってきて、更新や再版をきめ細かく行って読者のニーズに対応しているように見受けられます。

著者の先生がたも、なんとか学生さんたちに興味を持って勉強してもらいたいと、あの手この手で探っておられるようです。
『シナリオで学ぶチュートリアル歯科麻酔』は、そういうなかでlascauxが医歯薬出版編集部Aさんと共同してご提案したもの。
装丁、誌面デザイン(一部)、全体構成、校正、すべてかかわらせていただきました。
本文はもちろんお手伝いていどのはたらきですが・・・



歯科麻酔カバーol.jpg


unit008.jpgのサムネール画像



興味をひく事例をストーリー仕立てにして掲げて、それに対して設問をもうけ、記述式にして、後半で自分の理解力をチェックする形式です。

歯科医の先生方にはたいへんよろこばれ、この形式でほかのテーマを出版していきたいとのお話しもいただきました。

イラストは、サンゴさん。すばやく正確にそのシチュエーションを描いてくれたので、たいへん助かりました。
ぜひまたお仕事しましょうね!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/9

このブログ記事について

このページは、管理人が2009年6月18日 11:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「機関誌『風船』」です。

次のブログ記事は「この本で広がった、落語の世界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。