お披露目の最近のブログ記事

この真夏日に...

| トラックバック(0)

暑さでね、おかしくなっちゃうね。


でも、あんまりエアコンを入れんのが好きではないのです。昼間は窓開けてちょっと汗かくくらいがちょうど良い感じで、夜は冷房を27~8°にしてサーキュレーター。サーキュレーターはいいねぇ~。冬も重宝してます。


こんな玉の輔も猛暑に負け、朝からガンガンとエアコン生活。なんとかならないのかしら?でも、こんな気候の時は「あ~、芸人で良かったなぁ」と痛感いたします。なんたってラフな格好で仕事に出掛けられる。最近はサラリーマンもノーネクタイで出勤できるようになったけどやっぱり暑そう。そこいくと我々はねぇ。


でも、年に一、二回暑さに立ち向かわなければならない日があります。それは...?


九月下席から我が落語協会に新真打が誕生いたします。春は四代目三遊亭圓歌襲名があったので今年はこの四人がおめでたい方々です。さん生師匠門下柳家わさびくん、さん喬師匠門下喬の字改め柳家小志んくん、左橋師匠門下左吉改め古今亭ぎん志くん、そして権太楼師匠門下ほたる改め柳家権之助くん。九月下席鈴本演芸場から始まって末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、11月の国立演芸場と五十日間の披露興行が行われます。


個性的な奴らばかりなので楽しみです。わたしも落語協会理事として口上に並びますので是非ご来場くださいませ。...知らない方も多いでしょうが玉の輔は落語協会理事です!


御披露目に先立って手ぬぐい口上書き、扇子の三点セットが配られました。


64536.jpg


64538.jpg
64540.jpg


ほらね、理事として名を連ねてるでしょ!


2019shinuchi00.jpg


シンプルに紋だけが染められた手ぬぐいです。名前の順に並んでます。陰剣片喰(わさび)、梅(ぎん志)、丸にくくり猿(権之助)、丸に三ツ柏(小志ん)。これだけ『紋だけ!』ってのもなんだか堂々としてていいね。「わたしは◯◯一門、わたしの師匠は◯◯です!文句あっか!」みたいでさ。寄席文字橘右楽師匠によるものです。


で、8月26日に上野精養軒で披露パーティーが行われるのですが、この日こそが芸人試練の一日なのです。秋の新真打はだいたいこの時期。連日30°C越えた日中にキチンとスーツ着てネクタイ締めて行かなきゃならないでしょ?当たり前だけど普段はだらけた格好して寄席や地方の仕事に出掛ける我々にはとても苦痛な一日なのです。


まあ、とにかくおめでとうございます!各々の手ぬぐいは順次紹介いたします!


次回は9月8日(日)湯島天神で行われる一般社団法人落語協会謝楽祭特集です!


あっ、今年から謝楽祭のYouTubeがあるんだ!見てみてちょうだいな😃

待ってました、予想屋!!

| トラックバック(0)

世間では過去最大のゴールデンウィーク、10連休中の真っ最中ですねぇ~。

寄席も書き入れ時、大勢のお客さまで賑わっております。

そして、この五月上席より落語芸術協会ではいよいよ新真打の御披露目がはじまります!


殿(しんがり)は談幸師匠門下立川吉幸さんです。

まあ、彼はいろんなことがたくさんあってこの度やっとのことで真打に昇進いたしました。ホントお疲れさまでした...って、御披露目はまだはじまってないけど(笑)。


入門は今から22年前の1997年。いっしょに昇進したふたりよりかなり先輩です。快楽亭ブラック師匠の元で噺家修行をはじめました。名前はブラ房、ブラボーです。しかし、ブラック師匠はああいう...どういう(笑)...方ですから、立川流を自主退会(当人曰く)したのを機に、ブラ房さんは立川談幸師匠門下となって吉幸と改名いたします。そして、2007年7 月に二ツ目に昇進したものの談幸師匠が立川流を脱会して落語芸術協会に。


もちろん弟子の吉幸さんもいっしょに芸術協会に入会いたします。しかし、一年間前座として働くことになりました。翌年めでたく二ツ目に昇進...現在に至る。という経歴の持ち主です。あぁ~、たいへんだったねぇ。ホント、おめでとうございました、です。


手ぬぐいはコチラ。


IMG_9121.jpg


kikko.jpg


判りやすっ!吉幸→きっこう→亀甲で、亀甲柄です。デザインしたのはご当人、というよりデザインというほどではない(笑)。「高座で邪魔にならない様、畳んだ時にインパクトのないようにしました」とのこと。ごもっとも!『壽』と『立川吉幸』の文字はお母様のお知り合いの方が書いてくれたそう。苦労をかけたお母さん孝行にもなりました?


「存在感のある落語家になりたいです。競輪関係の仕事もしていて競輪イベントにもっと出演したいです」


そうなんです、吉幸さんは競輪好きで数々のイベントにも出演するほどのマニア。競輪歴はほぼ30年、...って、いくつからやってんだよ!...って、話ですが、なんと中学生の時からなんだって!当時から親も公認で競輪に行く際には「楽しんで来いよ」と送り出してくれたそうです。...どういう家庭だよ(笑)。では皆さん、競輪場で吉幸さんに会いましょう!...それより、御披露目に足を運んであげてくださいませ。

出来上がり 届いてびっくり 請求書

| トラックバック(0)

またまた落語芸術協会の新真打手ぬぐいです。

前回鯉斗クンの素晴らしい(?)コラボ手ぬぐいを紹介しましたが、実は三人での御披露目です。鯉昇師匠門下瀧川鯉斗クン、円馬さん門下橘ノ双葉改め三遊亭藍馬さん、そして談幸師匠門下立川吉幸さんです。おめでとうございます。披露パーティーも13日に行われ、披露興行は五月上席からです。頑張ってくださいねぇ~。


で、今回は橘ノ双葉改め三遊亭藍馬さん。三代目橘ノ圓師匠に入門、亡くなって三遊亭円馬さん門下になった女流落語家です。


55148.jpg


真打の三点セット(口上書き 手ぬぐい 扇子)です。口上書きが凄い。師匠はもちろんのこと、米米CLUBのドラムスRYO-Jさんや漫画『ギャルが落語家に恋したら』の作者一色美穂さんなどの口上を書いていただいてます!お付き合い広いッス。手ぬぐいはコチラ。


aiba2019.jpg


格子に似顔絵です。うーん、艶っぽい!この画は画家黒木桂馬さん、女性です。ホント、藍馬さんって顔が広いねぇ~。...顔の面積じゃないよ(笑)。あれっ、口上書きも黒木桂馬さんだった。ステキ素敵。


真打にあたっての抱負あります?


「私らしい藍色が出せたら良いと思います」


うーん、コメントも艶っぽい?


でもこの手ぬぐいには落とし穴がっ?!見積りでは350円と手ぬぐい屋さんから言われていたのに請求は、600円だったんだってサ!!皆さ~ん、藍馬さんにお仕事あげてくださ~い!


玉の輔にも~ぉ(笑)!


御披露目、五月上席末広亭夜席からはじまりま~す!

まさかの展開!

| トラックバック(0)

落語芸術協会の瀧川鯉斗クンがこの五月上席からなんと真打に!

とりあえずおめでとね。鯉斗クンと言えば今をさかのぼること十年前、二ツ目に昇進するにあたってわたくし玉の輔が手ぬぐいを作りました。考えてみれば芸協(芸術協会)の芸人の手ぬぐいをデザインしたのは彼だけだねぇ~。

我ながらなかなか良い柄に仕上がった思い出があります。それがコチラ。


koito2011.jpg

どうよ!?空になびく鯉のぼりです。折り方によって青海波だったり雲だったり。うーん、ステキ!...と自画自賛。また頼まれるのかと待ってたら新しいのが届いちゃった(笑)。


koito2019.jpg


『一』

二ツ目時代とは真逆の渋さ!この文字は偉いお方の書に違いない。歌舞伎役者片岡孝太郎さんか?鯉斗クンが孝太郎さんの奥さんを紹介したという嘘のようなホントのエピソードがあるし...。で、誰なの?


鯉「自分で書きました」

玉「自分って...誰?」

鯉「ボクです」

玉「えっ、お前なの?...何で『一』?」

鯉「噺家人生を辞めずに歩んでいることを『一』と掛けまして...」

玉「意味わかんね。じゃあ『瀧川鯉斗』は孝太郎さんだ?」

鯉「小痴楽に書いてもらいました」

玉「...(無言)」


まさかの鯉斗と小痴楽のおバカコラボレーション!

考えてみれば『マイナス×マイナス=プラス』だからねぇ(笑)。


鯉斗クンのWikipedia見たら「この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください」...だって!。

もともとヤバい人間だからなぁ~(笑)。


こんな鯉斗クンはBSテレ東『やじ×きた 元祖 東海道中膝栗毛』に案内人として出演中です。


で、五月上席末広亭から披露興行が始まります!『令和』初の真打ですよぉ~!

詳しい情報は芸協ホームページまで。

https://www.geikyo.com/

お客さまもお腹も...いっぱいです!

| トラックバック(0)

歌之介改め四代目三遊亭圓歌襲名披露興行、連日大入りのお客さまで賑わっております。わたくしも口上の司会でとりあえずしくじりもなく(この文章を書いている現在の話ねぇ)なんとかこなしております。


ushiromaku_enka01.jpg
ushiromaku_enka03.jpg
ushiromaku_enka02.jpg


とにかく大盤振る舞いの御披露目です!

初日、各寄席全ての出演者に配られるお弁当は伊豆栄の鰻


いったいいくつ出したんだろ?打ち上げで大昌苑の焼肉

中日には銀座サンドの特選牛ヘレ、タマゴカツ、塩ポークサンドイッチ。食いきれねぇ~!打ち上げはまたまた伊豆栄


そして毎日楽屋にはお寿司が...。肥っちゃうよぉ~(笑)。


unagi_enka.jpg
sando_enka.jpg


こないだ手ぬぐい紹介したときに「もうひとつ、作ってるからネ」...紹介しましょ!


enka2019_yazawatate.jpg


前回のスターウォーズ風に負けない永ちゃん風(笑)。あくまでも『風』です!お弟子さんが二ツ目に昇進するときに大好きな矢沢永吉を聴いていた四代目が「天下を取れ!お前は天歌(てんか)だぁ~!」で、三遊亭天歌と命名したエピソードがある。どうよ(笑)。


この手ぬぐい売ってます、買えるんです。御披露目中は各寄席で販売するそうです。この手ぬぐいの他にも以前紹介した中村天風手ぬぐい圓歌浴衣名前入り扇子も好評販売中です。みんなで買いに行こう!


happi_enka.jpg

yukataji_enka.jpg
sensu_enka.jpg

ご馳走になっているせめてものお礼に宣伝してます(笑)。

ゴゴゴゴ豪華なパーティーでした!

| トラックバック(0)

さて、いよいよ来たる3月21日よ

歌之介改め四代目三遊亭圓歌襲名披露興行

がはじまります。三代目が亡くなってもうすぐ丸二年、御披露目の最中に三回忌という珍しい形ですが、爆笑王を継ぐに相応しい新しい圓歌に期待です!


披露興行に先立って3月5日に帝国ホテルで行われたパーティーは度肝を抜かれる乾杯で幕を開けました。


wine.jpg
2006年物です。値段知りたい方は調べてね

一本ン万円するワインをデキャンティングしたもので、乾杯の音頭を取った帝国ホテルの料理長も思わず絶句の57本

森伊蔵も飲み放題というおまけ付き(笑)。料理ももちろん最上級。


appetizer.jpg
いちばん最初に出てきた料理。ステキ!

でも、わたしのいちばんのお気に入りはメインに飾られた後ろ幕。「あっ、佐藤勝彦!」...作品集持ってます。確か前座だったかニツ目になりたてだったか、たまたま見た個展で一目惚れ。圧倒されます!パーティーで飾られた後ろ幕は三枚。中村天風今村恒美、そして佐藤勝彦。スゴいね!


ushiromaku.jpg
この前で落語演るんだよぉ~(笑)



あらら、酔っ払いで他の二枚は撮り忘れました(笑)。


gashu.jpg
30年前に買いました。もう一冊あるはずなんだけど...。


しかし、しかしですよ、手ぬぐいになってました。中村天風先生です。四代目圓歌師匠が崇拝し、天風会に入り、講演も頼まれ、直筆の色紙をいただいたそうです。後ろ幕と手ぬぐいになりました。


enka2019.jpg


「晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は変わらざりけり」山岡鉄舟の句です。この句を四代目が尊敬する中村天風先生が書いたものです。...うーん、深い!...わたしが言うと浅くなっちゃうけどねぇ(涙)。


四代目圓歌襲名披露興行、満を持してはじまります!


詳しくは落語協会ホームページまで。それと『中村天風』...知らない方は検索してください(笑)。

あおもり改め...青森?

| トラックバック(0)

新二ツ目紹介の殿(しんがり)はあおもり改め三遊亭青森くん。漢字になりました(笑)。白鳥さんのお弟子さんです。そう言えば白鳥さんも前座時代は『にいがた』で二ツ目の時に漢字になったんだっけ。しかも『新型』で『にいがた』と読ませてた。誰もが『しんがた』と呼ぶので途中から『新潟』に(笑)。


青森くんの手ぬぐいは斬新的です。


aomori.jpg

『青』ですよぉ~!誰がなんと言っても青です。いや青森です。小さく『森』って書いてあるもん。自分でデザインして『森』も自筆。やるねぇ~。スゴくいいってわけでもないけど(笑)、ちょっといい。久しぶりのヒット作?『第1回 噺家のわかりやすい手ぬぐい大賞』をあげよう。


aomoari_tatou.jpg


畳紙の文字は青森くんの小学校時代の教頭先生に書いてもらったんだって。書道家で野球部の顧問だった三浦順一郎先生。この先生に教わってたなら『森』もうちょい上手く書かないとね。


「白鳥のような落語家になりたいと思って入門しました。自分にしかできない落語を創って『この落語は青森にしかできない、また聴きたい』と思っていただけるような落語家になりたいです」


他に何かある?


「祖母がホタテの養殖をしております。陸奥湾のホタテはグリコーゲンが豊富に含まれていてとても美味しいです。産地直送のホタテをお求めの際は是非わたしまでご連絡を」...宣伝かい!




* * * * * * * * *

お知らせ


「第8回 噺家の手ぬぐい大賞受賞作展示会」


image4.jpeg

日本橋の食堂ピッコロさんで、なんと噺家の手ぬぐい大賞の受賞作品が展示されています!ぴっかりちゃんの落語会もありますよ!みなさんぜひ行きましょう〜。詳細は下記をご覧ください。



大賞の「長岡花火記念手ぬぐい」から5位の春風亭一花さんの手ぬぐいまで入賞作品を展示しております。過去の大賞受賞作もご覧になれます。

◼️日本橋 食堂ピッコロ  中央区日本橋1-18-10伊藤ビル一階   

電話0332810299

http://r.gnavi.co.jp/a22fvmcj0000/

◼️2/12〜3/29(火)

◼️平日 11:00〜14:30 17:30〜22:30(ラストオーダー30分前)土日祝日は定休日ですが、2/23.3/16の落語会にご参加の方はご覧になれます。

◼️一部手ぬぐいの販売有ります。

◼️飲食店での展示になりますのでワンオーダーお願いいたします。

 

 【ピッコロ寄席】

ぴっかり☆の冬ものがたり〜第18回 春風亭ぴっかり☆ひとり会@ピッコロ〜

◉2/23(土)6時〜1800円(予約)2000円(当日)


image3.jpeg

鈴々舎ではなく柳家です!

| トラックバック(0)

新二ツ目三名はこの芝居から御披露目がはじまりました。


手ぬぐい紹介二人目は近頃チーズナンにはまっているという柳家あお馬くん。小せんさんのお弟子さんですが楽屋内では馬風師匠の孫弟子のイメージが強い。よく頑張りました。晴れて二ツ目昇進です!...でも、馬風師匠の孫弟子は一生です(笑)!

これからも引き続き精進してくださいね。


前座時代はしくじりがつきものです。あお馬くんのしくじりは?


「師匠から鈴本の主任の高座の録画を頼まれてRECボタンを押して終演後に再生してみたら『ミュージックステーション 春の二時間スペシャル』が録画されてました」


...あらら、やっちゃったね(笑)。その代わり小せんさん、DA PUMPの『USA』を覚えて、カラオケの十八番にしたとか...。


「大師匠(馬風師匠)のお供で茨城県に行きました。落語会の打ち上げで豪勢な鮟鱇鍋が出たのですが、食事制限の多い大師匠の体調を鑑みてお椀に脂分の多い鮟鱇を入れずにお渡ししました。するとおもむろに箸を突っ込んで『どこに鮟鱇が入ってるんだ!』と言われ『いえ......、師匠には鮟鱇を入れてません』『馬鹿野郎、鮟鱇の入ってない鮟鱇鍋があるか!』と怒鳴られました」


あお馬くんのお椀には鮟鱇が馬風師匠の分までたっぷり(笑)。うーん、そりゃお怒りだね。でも馬風師匠は優しいのです。あお馬くんが誕生日にプレゼントした師匠お気に入りの猫ちゃんをプリントしたTシャツを着てくれてる。ところがサイズが合わず猫が横広の顔に...。だけど、嬉しいねぇ~。


そろそろ手ぬぐい。


aoba02.jpg
aoba01.jpg


自分でデザインしたんだって。『丸に二つ鈴』の紋。そして青海波に枝垂柳です。...海に柳ねぇ?


「『青海波』は読み方を少し変えれば『あおば』と読めるので『やなぎやあおば』の判じもの的な意味合いになってるのかなと勝手に解釈しています」


...こじつけ、だね。『柳家あお馬』は大学の落研時代の先輩で現在茨城県でご住職をされている菊地さんに書いていただきました。あお馬くんお気に入りだそう。


「前座時代と違って二ツ目はお客さんに楽しんでいただくことが肝心です。高座の出来不出来にこだわって『次も見たい!』と思ってもらえる芸人を目指します」


素晴らしい!



今回はちょっと長文になりましたが、あお馬くんのメールが異常に長かったせいです。もっと短めにまとめるようにね。


で、チーズナンてナンなん?

たくさんお客さん、入ってます!

| トラックバック(0)

tamanosuke2018_10shimo.jpg



pdfをダウンロードしたい方はこちらからどうぞ。



いきなりですが、この芝居10月中席鈴本演芸場昼の部主任はわたくし五明樓玉の輔です。このチラシの写真で割引になります!たくさんのご来場お待ち申し上げます。




新真打の御披露目はまだまだ続いてます。浅草演芸ホールまで来ました。台風が直撃したり、苦難の数々ですが負けずにもうひとふんばりです。


手ぬぐい紹介はいよいよトリ、駒次改め古今亭駒治さん。ちょっと感じが変わりました。おかっぱ頭からワンレングス...って、違う違う!漢字が変わりました。次→治、です。駒治さんは2013年『噺家の手ぬぐい大賞』受賞者。鉄道手ぬぐいで大賞に輝き、JR御徒町駅ホームで授賞式を行ったのがついこないだのよう。早いものであれから五年、押しも押されもせぬ鉄道落語の第一人者となってこの舞台に帰って来ました。もちろん今年も手ぬぐい大賞狙ってます!

手ぬぐいはコチラ。


komaji2018_000.jpg

どうだ!...と言わんばかりの迫力。前回の手ぬぐいとは大違いです。デザインは以前と同じクマノグラフ平山学さん。全く別の引き出しから出してきました。これも凄いよ。でも、どうせ電車でしょ(笑)?


「わたしの新作落語『鉄道戦国絵巻』の御嶽山駅の場面です。奥の格子状のところが池上線の御嶽山駅。ホームの下を新幹線が走っている駅です。東急とJRの新幹線が戦っている絵です」


.........なんのことやら?でもね、駒治さんの鉄道落語は鉄ちゃんじゃなくても大笑いできるネタばかり。初めてでも、意味のわからない単語が連発されても楽しめる駒治ワールド、一度いかが?



komaji2018_tatou.jpg


「披露目の高座に上がって自分の好きなネタをお客さんの前で思いっきり喋れて嬉しいです。これからは立派な真打になれるよう、ひとつでも多くの鉄道に乗りたいと思います!」


......なんのことやら(笑)?


御披露目はまだまだ続きます!

新陳代謝?...デトックス?

| トラックバック(0)

噺家は高座でお客様にを見せるな!


先輩、師匠連からこう言われてきました。...しかし、これは難しい問題で、よく噺家が手ぬぐいで汗を拭いている姿を見かけます。あんまり見場の良いもんではない。わたしは汗をかかない。何故? 楽屋連中は「お前は手を抜いてるからだ」ということを言いますが、...そうかもね(笑)。


「うーん、どうしてそんなに汗かくの?」高座終りにわたしに毎度言われていたある二ツ目。最近は言われ慣れて高座を下りるとわたしの一言より先に「すみません、無理でした」と汗だらだら。熱演しているから仕方ないんだけどね。

...でもね、口上では新真打は一言もしゃべらないで座ってるだけなんだけどこの男は、...無理でした(笑)。


今回は汗かき柳家勘之助さんの手ぬぐいを紹介します。柄は弁慶格子とも呼ばれる『翁格子』。


kannnosuke000.jpg


「高座で使いやすいものをということを前提に弟弟子の緑太にアレンジしてもらいました。柄は名前に『勘』が入っているので勧進帳で弁慶が着ている着物の柄を元にしました。枠の中に縦横三本で合わせて六本。大師匠『小・さん(三)』と師匠『花・緑(六)』の洒落になっています」(本人)


『柳家勘之助』の文字は花緑さんで畳紙の『歩』は五代目小さん師匠。


kannnosuketato.jpg


「これからは大師匠、師匠の志を継いで行きながら、玉の輔師匠のように寄席に出られる芸人になりたいです」とセコヨイショ。


真打の初高座はなんと『中村仲蔵』。


「わたしのトリにわざわざお金と時間を使ってこれだけたくさんの方に来ていただいて、ただただ感激しました。演っていて終わりたくないと思ったのは初めてです」と勘之助さん。わたしも聴いてだけど堂々としていて素敵な一席でしたヨ。汗?......そりゃもう(笑)。




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。