謝楽祭の最近のブログ記事

この真夏日に...

| トラックバック(0)

暑さでね、おかしくなっちゃうね。


でも、あんまりエアコンを入れんのが好きではないのです。昼間は窓開けてちょっと汗かくくらいがちょうど良い感じで、夜は冷房を27~8°にしてサーキュレーター。サーキュレーターはいいねぇ~。冬も重宝してます。


こんな玉の輔も猛暑に負け、朝からガンガンとエアコン生活。なんとかならないのかしら?でも、こんな気候の時は「あ~、芸人で良かったなぁ」と痛感いたします。なんたってラフな格好で仕事に出掛けられる。最近はサラリーマンもノーネクタイで出勤できるようになったけどやっぱり暑そう。そこいくと我々はねぇ。


でも、年に一、二回暑さに立ち向かわなければならない日があります。それは...?


九月下席から我が落語協会に新真打が誕生いたします。春は四代目三遊亭圓歌襲名があったので今年はこの四人がおめでたい方々です。さん生師匠門下柳家わさびくん、さん喬師匠門下喬の字改め柳家小志んくん、左橋師匠門下左吉改め古今亭ぎん志くん、そして権太楼師匠門下ほたる改め柳家権之助くん。九月下席鈴本演芸場から始まって末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、11月の国立演芸場と五十日間の披露興行が行われます。


個性的な奴らばかりなので楽しみです。わたしも落語協会理事として口上に並びますので是非ご来場くださいませ。...知らない方も多いでしょうが玉の輔は落語協会理事です!


御披露目に先立って手ぬぐい口上書き、扇子の三点セットが配られました。


64536.jpg


64538.jpg
64540.jpg


ほらね、理事として名を連ねてるでしょ!


2019shinuchi00.jpg


シンプルに紋だけが染められた手ぬぐいです。名前の順に並んでます。陰剣片喰(わさび)、梅(ぎん志)、丸にくくり猿(権之助)、丸に三ツ柏(小志ん)。これだけ『紋だけ!』ってのもなんだか堂々としてていいね。「わたしは◯◯一門、わたしの師匠は◯◯です!文句あっか!」みたいでさ。寄席文字橘右楽師匠によるものです。


で、8月26日に上野精養軒で披露パーティーが行われるのですが、この日こそが芸人試練の一日なのです。秋の新真打はだいたいこの時期。連日30°C越えた日中にキチンとスーツ着てネクタイ締めて行かなきゃならないでしょ?当たり前だけど普段はだらけた格好して寄席や地方の仕事に出掛ける我々にはとても苦痛な一日なのです。


まあ、とにかくおめでとうございます!各々の手ぬぐいは順次紹介いたします!


次回は9月8日(日)湯島天神で行われる一般社団法人落語協会謝楽祭特集です!


あっ、今年から謝楽祭のYouTubeがあるんだ!見てみてちょうだいな😃

お笑いコンビ結成?

| トラックバック(0)

金足農業高校の準優勝で幕を閉じた第100回高校野球記念大会。たいへん盛り上がりました。秋田県勢初の優勝旗にはあと一歩届きませんでしたが、日本全国金農フィーバー、わたしも応援しちゃったヨ。で、優勝したのはどこだっけ(笑)?


ちょうど時同じくしておめでたい話。秋田県出身の柳家さん若さんがこの秋、真打に昇進。名を小平太と改めます。さん喬師匠が古い役者の名前から見つけてくれたんだって。

「自分でもぴったりの名前だなと大変気に入っております」(本人)。確かに似合ってる!ちなみにプロゴルフ元賞金女王古閑美保さんの旦那はプロゴルファー小平智(こだいらさとし)。漫才コンビを組んで小平太(ふとし)・智ってのはどう?


KOHEITA000.jpg


「デザイナーの盛本康成さんにお願いしました。釣り好きなのでお魚さんの柄にしたかったんです。やっぱりサメに見えます?まっサメも魚ですけど...。泳いでいるように魚体をくねらせるのにご尽力いただきました。『小平太』のロゴもお気に入りです」と本人。


「真打として恥ずかしくない高座を見ていただけるよう泳ぎ続けたいと思います。披露興行は皆様の感謝を胸に一生懸命勤めてまいりますので是非寄席に足を運んでいただけるようお願い申し上げます」...真面目かっ(笑)。


披露興行の日程は落語協会ホームページまで。

http://rakugo-kyokai.jp/news/2135/


さてさて、またまた謝楽祭情報。今回はわたしのお店ハルベル堂のご案内。相変わらずのブロマイド屋さんです。人間国宝から「誰じゃお主はっ?」の新二ツ目まで過去最多枚数でお待ちしております。


tama2018_00.jpgのサムネール画像


2018年玉の輔手ぬぐいはお宝くじ付き。何と2019年の新作手ぬぐいが当たるかも?




22179.jpg

そして今年の目玉は『玉めくり』、日めくりカレンダーです。去年も作ったけど今度のはスゴいよ!とにかくとにかくお小遣いたくさん握りしめてご来場くださいませ。

22177.jpg
お馴染み圓朝コード、圓朝直筆?
サインボールや玉の輔の実際使っていた帯を額装したもの他
たくさんのお宝が景品。

22182.jpg
今年はハルベル堂の場所が移動しました。
本殿手前正面左側『31』です。

とにかくめでたい!

| トラックバック(0)

落語協会では今秋九月下席より新しい真打が誕生いたします。今年の春は御披露目がなかったので一年ぶり。


駒次改め古今亭駒治、さん若改め柳家小平太、花ん謝改め柳家勧之助、たこ平改め林家たこ蔵、ちよりん改め古今亭駒子の五名です。全員名前が変わります。駒治さんは読み方は変わらずに漢字が『次』が『治』に。...何故?まあまあ、これはまたおいおい...。


個人それぞれの手ぬぐいはこれから順番に紹介するとして今回は合同で作ったもの。

ohirome2018tato.jpg


ohirome2018aut00.jpg


柄は瓢箪。たいへん縁起の良いものです。花言葉は『繁栄』『利得』『円満』、そして『夢』。瓢箪ってポジティブの塊じゃん。新真打にはぴったりですネ。


また六つ揃った六瓢箪は無病(六瓢)息災のお守りになると言われています。健康第一、健康さえあったら命なんていらない...って、誰かのネタにありましたねぇ。この手ぬぐいも小さい瓢箪が四つに四の字格子のものと...白い地のところが大きな瓢箪になっていて合わせて六つ。六瓢箪です。あら、めでてぇなぁ~。


披露興行は9月21日、鈴本演芸場からはじまります。わたしも出ますヨ!とにかくたくさんのご来場よろしくお願いいたします。


さて、今回は9月9日(日)に湯島天神で行われます落語協会謝楽祭のお知らせもいたします。実行委員長は古今亭菊之丞さん。ビックスペシャルゲストを呼んでるらしいよ!名前は言えません!午後に登場いたします。


富くじ、やります!湯島天神と言えば富くじ。『宿屋の富』など落語にもたびたび出てきます。賞品は...お楽しみ。こちらの売り上げは西日本豪雨災害の復興支援に全額当てさせていただきます。


sharakusai2018.jpg

今年も玉の輔デザイン手ぬぐいを販売いたします。昨年とは色違い。寄席の招待券が当たる福扇の文字は人間国宝のあの師匠に書いていただきました。


とにかく楽しさてんこ盛りのお祭り、みんなでてるてる坊主作ってその日を待ちましょう!


sharakusaip.jpg
http://rakugo-kyokai.jp/activity/sharakusai2018/http://rakugo-kyokai.jp/activity/sharakusai2018/


次回は新真打手ぬぐいと謝楽祭『ハルベル堂』情報です!

米朝問題?

| トラックバック(0)

先日、落語協会事務所で9月9日(日)湯島天神で行われる『謝楽祭』の実行委員会をしていた時の話...とさりげなく宣伝。会議が終わって後輩と他愛ない話をしていたらなんとスーツ姿の桂米團治師匠


相変わらず格好いい、よっ、色男!米朝事務所の社長就任のご挨拶らしい。へぇ、米團治師匠、社長なんだぁ?わたしもあいさつすると「お久しぶりでんなぁ、お元気してはりまっか?」...みたいな(笑)言葉と、なぜかレトルトカレーをいただきました。『桂米團治のこだわりオニオンカレー』、いろいろやってますなぁ、ごちそうさまです。


curryyonedanji.jpg


実のことを言うとちょうどお父上の米朝師匠の手ぬぐいを紹介しようかなぁ、と考えていたとこで坂本九曰く「ステキなタイミング」です。


beicho000.jpg


『法善寺 ぬけて帰ろう はるの雨  米朝』


色紙に番傘。いくつもある手ぬぐいのうちのひとつがわたしのところにありました。ちなみに法善寺横丁の東門の看板の文字は米朝師匠と共に戦後の上方落語を支えた四天王のひとり、三代目桂春団治師匠筆。


で、もうひとつの手ぬぐいがコチラ。


beichohanten.jpg


以前紹介したことがあったかな?
法被の形をした手ぬぐいです。『米朝』の牡丹文字に背中には紋、中は格子です。いったん広げると元へと戻らない?

***


みのもんたの息子が窃盗で逮捕される前の日テレ『秘密のケンミンSHOW』での話。


大阪府民は『米朝問題』について問われると「米朝師匠、浮気でもしはったん?」と返やってくる。


みたいなのがありました。それだけ関西人に愛された方なんですねぇ。じゃあ、米朝会談は「師匠の『皿屋敷』最高や!」と怪談話になるのでしょうか?


さて、今夜はカレーでも食べましょうかねぇ~。

この手ぬぐい、大好き!

| トラックバック(0)

中高サッカー部のわたくしとしては寝不足、生活に支障が起きている今日この頃ですが皆さんはどうお過ごしですか?こんな商売だからまだ良いようなもののサラリーマン、OLさんはたいへんだぁ~。良かった、噺家で(笑)。ちょっとモヤモヤしたけど、とにかく決勝トーナメント進出。にわかサッカーファンの方々も含めてもうちょい楽しみましょうネ!


さて、話は変わって落語協会恒例の夏のお祭り、謝楽祭。今年もわたしの店舗ハルベル堂はブロマイド撮影も寝不足の中、順調に進んでおります。あとはあの師匠とこの師匠とあちらの師匠と...まだまだたくさん撮らなきゃいけないけどね。偉い師匠の撮影は気を遣います。特にこの師匠はご機嫌を伺いながらの恐る恐る撮影です。体調とジャイアンツの成績に左右されます。でもたいがいは機嫌良くカメラに収まってくださいます。もともと色男なんで写真写りが抜群に良い(ちょっとヨイショ)。毎年ビタっと決まります。今回はこんな感じ。


18692.jpg


ねっ、素敵でしょ。コレ欲しい方は9月9日(日)の謝楽祭、湯島天神でお待ちしております。


今回はこの鈴々舎馬風師匠の手ぬぐいです。『噺家の手ぬぐい』(日東書院)で紹介した手ぬぐい以前のものでコレ大好き!洒落の利いた素敵な柄です。


bafuu000.jpg


馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬...うまぁ~っ!馬だらけぇ~っ!だけどね、ちょっと目を凝らすとこんな馬がいる(笑)。


bafuu01.jpg


馬風師匠、さすがです。しかし馬のおちんちんって大きいねぇ~っ。さて、このチンポコ馬はどこにいるでしょうか?探してね。『ウォーリーをさがせ!』みたいな感じで楽しんでくださいネ。以上『オォーキー(大きい)をさがせ!』でした。...今回はちょっと下ネタ?

謝楽祭 その2 直前特集

| トラックバック(0)

ちょっと早い更新です!

なにしろ謝楽祭9月3日(日)なんで、少しだけ前倒ししますねぇ。


第三回落語協会謝楽祭、湯島天神に於いて10時開祭します。たびたび紹介していたイケメンコンテスト『梅の王子』に残念なお知らせがあります。審査委員長に予定していたくまモンが来られないんだって。楽しみにしていた方、たいへん申し訳ございません。コンテストは予定通り11時より行われます。いい男、出ます!


前回紹介した謝楽祭限定グッズ、手ぬぐいと豪華特典付き扇子の他にサイン帳が完成いたしました!


4462.jpg
4463.jpg
スタバと合うサイン帳なんてある?中身も洒落てます。


どうよ!これで100円、安過ぎるぜぃ。こんなにお洒落に作るつもりがなかったので各情報誌に「サイン帳100円で売ります」みたいなことを書いちゃったんで...。薄利多売、たくさん買ってサイン帳の他にもメモ帳として使ってちょうだいな。


詳しい謝楽祭情報は落語協会ホームページまで。

http://rakugo-kyokai.jp/news/2167/


今回の謝楽祭では玉の輔デザインの手ぬぐいが三ヵ所で三種類販売されます。前回紹介した落語協会・湯島天満宮コラボ謝楽祭手ぬぐいとわたしのお店ハルベル堂で販売する2017年玉の輔手ぬぐい謝楽祭ヴァージョン。


tamasharaku.jpg


そして、三つ目がコチラ。


kawaraban000.jpg
IMG_6968.JPG


毎年店舗を出してくれている東京かわら版さんが手ぬぐいを新たに作製、編集長さんからの依頼でわたしがデザインをしました。

扇型の瓦版掲示板の中に高座の噺家。掲示板はタブレットに指でさらさらっと描きました。正楽師匠の作品です。ホントは噺家の他にも、講談・太神楽・浪曲・奇術・俗曲・紙切り、しかも噺家、講談と浪曲は女流ヴァージョンまでたくさんの切り絵があったのですが判りやすくこのデザインになりました。シンプルでいいでしょ?東京かわら版さんの店舗『本屋高尾』で販売します。ついでに東京かわら版隔月連載『玉様のブラチン』もよろしくお願いいたします。


ここでハルベル堂情報。先ほどの手ぬぐい(各1,000円)はお宝くじ付きです。どこへ行っても手に入らない景品はコチラ。


4465.jpg
落語中興の祖三遊亭圓朝のサインボールにお馴染みの圓朝コード。
奥はわたしの使っていた帯を額にしました。コレみんな景品です!

4467.jpg
重鎮のブロマイド。もちろん若手人気芸人もたくさんあるでよぉ~っ


もちろんメインは2017年芸人ブロマイド!今年もたくさん撮りました。人間国宝から二ツ目昇進予定の前座まで。一枚100円、大人買いお待ち申し上げます。


そして新商品がコレ、名付けて『玉めくり』。


4469.jpg
噂の玉めくり!欲しい~っ!


松岡修造風表紙撮影のためにヘアバンドとリストバンドを購入しました。ありがたい(?)言葉が日めくりで楽しめます。限定10個500円。


今年は実行委員長なんで店舗に長くいられないかと思われますが、そこは店長代理の妹弟子ぴっかりちゃんに任せます!ぴっかり目当てのお客さま大歓迎です!


では、9月3日(日)湯島天神でお待ち申し上げます!


雨、降りませんように。

謝楽祭 その1?

| トラックバック(0)

もういくつ寝ると謝楽祭 謝楽祭には手ぬぐいと 

ブロマイド売って儲けましょ 早く来い来い謝楽祭♪


というわけ楽しい楽しい謝楽祭まであとわずか、今年は9月3(日)、開催場所はもちろん湯島天神です。10時開祭、たくさんのご来場お待ち申し上げます!


さてさて、2017年謝楽祭実行委員長はなんとわたくし五明樓玉の輔です。ということで限定グッズとして新商品、謝楽祭手ぬぐいを作りました!それがコチラ。


sharakusai00.jpg


真ん中に大きく木札の『謝楽祭』、両側には落語協会のマークと湯島天神の梅の紋。逆さまなのは手ぬぐいを首から下げた時にどちらも正面を向くような感じにしたかったからです。境内を歩く芸人連中が首に巻いて宣伝して歩くとそれを見たお客さんが


「わーステキ!謝楽祭手ぬぐいなんだぁ。いいわねぇ、噺家さんは。みんなお揃いでステキねぇ。...えっ、売ってるの、コレ?...嘘でしょ?ホント?買う買う、どこどこどこ、どこで買えるの?」


ってんでこぞって買う......んじゃないかなぁ、という目論見。さて、計算通りにいきますか?色も上品に仕上がってますヨ!一本1,000円です。買えますヨ、買ってね!


あとね、サイン帳も作っちゃった。わたしがデザインしました。自分で言うのもなんだけど、これが良いのなんの!ちょっと見て見てぇ~っ、って感じなんだけどまだ出来てない(笑)。お楽しみ、ってことで。


毎度おなじみの福扇、扇子ね。今回は林家たい平さんにお願いして扇面いっぱいに描いてもらいました。可愛いヨ!コチラはなんと抽選で寄席の招待券が当たるというお楽しみ付き。太っ腹でしょ!?


fukusen.jpg


玉の輔個人としては毎度おなじみ『ハルベル堂』、ブロマイド屋をやってます。今年もたくさん撮っちゃった。最多記録更新の枚数を売るよ!もちろんお宝くじ付き玉の輔手ぬぐいも販売。お正月用手ぬぐいをちょっと変えて染めました。


うーん、書きたい謝楽祭情報がいっぱいだな。

よーし、次回は謝楽祭特集だぁ~っ!


開祭が9月3日(日)なんで9月上席号の更新はちょっぴり早まるかも?

Facebookでお知らせします!


次回は『謝楽祭 その2』予定です。


・・・


あっ、忘れてた!

8月30日(水)池袋演芸場にて『もうすぐ謝楽祭』があります。

謝楽祭実行委員による座談会有りの楽しい会です。謝楽祭裏情報満載!

トリは実行委員長わたくし玉の輔です。

18時開場 18時30分開演 

前売り2,000円 当日券2,500円

たくさんのご来場お待ち申し上げます!




謝楽祭情報は落語協会ホームページをご参照ください。


http://rakugo-kyokai.jp/activity/sharakusai2017/






月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。