2019年2月アーカイブ

あおもり改め...青森?

| トラックバック(0)

新二ツ目紹介の殿(しんがり)はあおもり改め三遊亭青森くん。漢字になりました(笑)。白鳥さんのお弟子さんです。そう言えば白鳥さんも前座時代は『にいがた』で二ツ目の時に漢字になったんだっけ。しかも『新型』で『にいがた』と読ませてた。誰もが『しんがた』と呼ぶので途中から『新潟』に(笑)。


青森くんの手ぬぐいは斬新的です。


aomori.jpg

『青』ですよぉ~!誰がなんと言っても青です。いや青森です。小さく『森』って書いてあるもん。自分でデザインして『森』も自筆。やるねぇ~。スゴくいいってわけでもないけど(笑)、ちょっといい。久しぶりのヒット作?『第1回 噺家のわかりやすい手ぬぐい大賞』をあげよう。


aomoari_tatou.jpg


畳紙の文字は青森くんの小学校時代の教頭先生に書いてもらったんだって。書道家で野球部の顧問だった三浦順一郎先生。この先生に教わってたなら『森』もうちょい上手く書かないとね。


「白鳥のような落語家になりたいと思って入門しました。自分にしかできない落語を創って『この落語は青森にしかできない、また聴きたい』と思っていただけるような落語家になりたいです」


他に何かある?


「祖母がホタテの養殖をしております。陸奥湾のホタテはグリコーゲンが豊富に含まれていてとても美味しいです。産地直送のホタテをお求めの際は是非わたしまでご連絡を」...宣伝かい!




* * * * * * * * *

お知らせ


「第8回 噺家の手ぬぐい大賞受賞作展示会」


image4.jpeg

日本橋の食堂ピッコロさんで、なんと噺家の手ぬぐい大賞の受賞作品が展示されています!ぴっかりちゃんの落語会もありますよ!みなさんぜひ行きましょう〜。詳細は下記をご覧ください。



大賞の「長岡花火記念手ぬぐい」から5位の春風亭一花さんの手ぬぐいまで入賞作品を展示しております。過去の大賞受賞作もご覧になれます。

◼️日本橋 食堂ピッコロ  中央区日本橋1-18-10伊藤ビル一階   

電話0332810299

http://r.gnavi.co.jp/a22fvmcj0000/

◼️2/12〜3/29(火)

◼️平日 11:00〜14:30 17:30〜22:30(ラストオーダー30分前)土日祝日は定休日ですが、2/23.3/16の落語会にご参加の方はご覧になれます。

◼️一部手ぬぐいの販売有ります。

◼️飲食店での展示になりますのでワンオーダーお願いいたします。

 

 【ピッコロ寄席】

ぴっかり☆の冬ものがたり〜第18回 春風亭ぴっかり☆ひとり会@ピッコロ〜

◉2/23(土)6時〜1800円(予約)2000円(当日)


image3.jpeg

鈴々舎ではなく柳家です!

| トラックバック(0)

新二ツ目三名はこの芝居から御披露目がはじまりました。


手ぬぐい紹介二人目は近頃チーズナンにはまっているという柳家あお馬くん。小せんさんのお弟子さんですが楽屋内では馬風師匠の孫弟子のイメージが強い。よく頑張りました。晴れて二ツ目昇進です!...でも、馬風師匠の孫弟子は一生です(笑)!

これからも引き続き精進してくださいね。


前座時代はしくじりがつきものです。あお馬くんのしくじりは?


「師匠から鈴本の主任の高座の録画を頼まれてRECボタンを押して終演後に再生してみたら『ミュージックステーション 春の二時間スペシャル』が録画されてました」


...あらら、やっちゃったね(笑)。その代わり小せんさん、DA PUMPの『USA』を覚えて、カラオケの十八番にしたとか...。


「大師匠(馬風師匠)のお供で茨城県に行きました。落語会の打ち上げで豪勢な鮟鱇鍋が出たのですが、食事制限の多い大師匠の体調を鑑みてお椀に脂分の多い鮟鱇を入れずにお渡ししました。するとおもむろに箸を突っ込んで『どこに鮟鱇が入ってるんだ!』と言われ『いえ......、師匠には鮟鱇を入れてません』『馬鹿野郎、鮟鱇の入ってない鮟鱇鍋があるか!』と怒鳴られました」


あお馬くんのお椀には鮟鱇が馬風師匠の分までたっぷり(笑)。うーん、そりゃお怒りだね。でも馬風師匠は優しいのです。あお馬くんが誕生日にプレゼントした師匠お気に入りの猫ちゃんをプリントしたTシャツを着てくれてる。ところがサイズが合わず猫が横広の顔に...。だけど、嬉しいねぇ~。


そろそろ手ぬぐい。


aoba02.jpg
aoba01.jpg


自分でデザインしたんだって。『丸に二つ鈴』の紋。そして青海波に枝垂柳です。...海に柳ねぇ?


「『青海波』は読み方を少し変えれば『あおば』と読めるので『やなぎやあおば』の判じもの的な意味合いになってるのかなと勝手に解釈しています」


...こじつけ、だね。『柳家あお馬』は大学の落研時代の先輩で現在茨城県でご住職をされている菊地さんに書いていただきました。あお馬くんお気に入りだそう。


「前座時代と違って二ツ目はお客さんに楽しんでいただくことが肝心です。高座の出来不出来にこだわって『次も見たい!』と思ってもらえる芸人を目指します」


素晴らしい!



今回はちょっと長文になりましたが、あお馬くんのメールが異常に長かったせいです。もっと短めにまとめるようにね。


で、チーズナンてナンなん?

いやいや、思い込みって恐いねぇ。二月上席から新しい二ツ目ができるのかと思ってたら違った!中席からだってサ。理事会で決めたんだけどねぇ、勘違いでした。まあ、いいや(笑)。今回から紹介します、新二ツ目手ぬぐい。


馬生師匠門下駒六改め金原亭馬太郎くん、小せんさん門下柳家あお馬くん、白鳥さん門下あおもり改め三遊亭青森くんの三名。嵐が活動休止宣言をする最中、この個性的な三人が二月中席...2月11日から新しい二ツ目が誕生いたします!


まずは、コチラから。


47402.jpg


何故かあった嵐のCD。なんで買ったのかなぁ(笑)。たぶんカラオケで歌おうと思ったんだね。ちなみにわたしが一番好きな曲は『Beautiful days』です。


あっ、手ぬぐいね。


馬太郎くんです。駒六時代はホントに良くできた前座でした。けっこううるさ方の先輩師匠連たちも一目置く働きぶり。最近ではNo.1?ちょっと誉めすぎかしら。しくじったことがないのかと思いきや...ありました。しくじり方も駒六くんらしい。


「去年の夏、師匠をしくじったと思って勝手に坊主にしたら、しくじりではなかったらしく坊主にしたことを怒られました」


うーん、しくじり方がハンパねぇ~ッ!


で、やっと手ぬぐい。


umataro.jpg


「寄席文字の橘右之吉師匠です。サインが瓢箪の形になっております。全て師匠に丸投げして、サインも考えていただいたので綺麗に書けるように稽古します」


扇子を咥えて走る若馬。馬の尻尾の先がサインの『うまたろう』の『う』に繋がってる。めくりに鬼蔦の紋。馬太郎満載の手ぬぐいです。


「師匠、兄弟子の教えを少しずつ出来るようにしていきたい。地道にコツコツとやっていきたいです」と馬太郎くん。真面目だねェ〰️。


「つまらない感じになってしまいましたがよろしくお願いいたします」と最後まで真面目な馬太郎くんは二月中席鈴本演芸場昼の部から昇進いたします。ちょうどわたしも出てるので是非ともご来場くださいませ。




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。