2018年11月 1日アーカイブ

何光りなんだよ!?

| トラックバック(0)

え~とね、おじいちゃんが先代馬生、

ひいおじいちゃんが志ん生、

大叔父さんが志ん朝で

おばちゃんが池波志乃さん、

義理のおじちゃんがネジネジ彬。

で、お母さんも可愛い。


今回は新二ツ目、馬生師匠門下金原亭小駒くんです。ちょっとボーっとしてます(笑)。楽屋に入りたての頃、浅草で馬風師匠が姿見の前で着替えてるその前を何も考えずに行ったり来たり!こっちがハラハラすることを平気でするし、根多帳に『子ほめ』を『小ほめ』と書くし、コイツ大丈夫かぁ~と思ってた。


初めて高座聴いたときも驚いたヨ!与太郎の出てくる噺を演ってたんだけど楽屋の本人よりも与太郎の方がしっかりしてる(笑)。これってどう?でも、人相学的にはとても良い顔らしい。うちの師匠が小駒くんの顔をスゴくほめてた。小ほめ?


手ぬぐいは思いっきりやってくれました!うーん、やられたねぇ、って感じです。


kokomatatou.jpg


kokoma000.jpg


「他に頼むあてもなく、師匠と一門、身内からの勧めがあって、先代の手ぬぐいの中から好きなものを選ばせてもらいました。実は名前の文字も先代の書したもので、わたしの師匠が小駒の頃に書いてもらった表札が代々の小駒に伝わり、そこから取りました。」(本人)


『小駒』を継いだのは当代馬生師匠、左橋師匠に龍馬さんと当人と合わせて四人。多いね。皆さん、この文字にお世話になってるわけだ。


では坊っちゃん、ニツ目の抱負なんぞをお聞かせくださいませ。


「二ツ目に昇進しても甘んずることなく、先祖に恥じぬように励む所存です。先代に会ったこともない未熟者ですので、どうか色眼鏡抜きで見ていただきますようよろしくお願いいたします」


...だってさ。色眼鏡抜きったってねぇ~、無理です(笑)!

どうせなら金原亭孫馬生で良かったのに。


御披露目情報は落語協会ホームページでご確認ください。

http://rakugo-kyokai.jp/broadcast/

http://rakugo-kyokai.jp/broadcast/




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。