2018年10月21日アーカイブ

二ツ目...なれるかなぁ?

| トラックバック(0)

あっという間にこんな時期?

新真打手ぬぐい紹介が終わったと思ったら、今回からは新しい二ツ目。そして、手ぬぐい大賞。うーん、一年ってどんどん早くなるぅ。歳...かな?


11月上席から新二ツ目が誕生いたします。花緑さん門下柳家緑助くん、文右衛門さん門下かな文改め橘家文吾くん、馬生師匠門下金原亭小駒くんの三名。それぞれホント個性的な面々です。まあ、だいたいで頑張ってねぇ。


で、今回は緑助くん。見た目も東南アジアっぽいし、とにかくまともじゃないネ。よくしくじるんだけど、全く感じない(笑)。いつだったか、いきなりくるくるパーマになってきた、前座のくせに。「お前は小痴楽かっ!」...小痴楽くんは芸術協会のかなり個性的な二ツ目さん。


現在の髪型は坊主の伸びたやつ。もちろんしくじったから。あるときは楽屋の立机(一番上の前座が根多帳を書く机)でペットボトル飲んでる。...前座は楽屋で飲食しないのね、普通。わたしが睨むと「あー、すいません。気が抜けてました」だって。飲んでたのは気の抜けたサイダー(笑)。あとは...ありすぎる!それと、書けない。こんなところで、そろそろ手ぬぐいです。


rokusuke000.jpg

rokusuketatou.jpg

...ん?どっかで見たことある!そうだ、この子持ちの縞は文楽師匠の手ぬぐいだぁ~っ!「緑助、これ文楽師匠のパクりじゃねえのか?」「いえいえ、オマージュです」...オマージュ?敬意、尊敬...言い得て妙だね(笑)。で、この画は?


「幼なじみの漫画家に書いてもらいました。浜松出身なので鰻とお茶の急須です」


幼なじみの漫画家とは川村勇気さんという方。ネットで調べて読んじゃったよ『Demon'   jr. ‐デモンズジュニア‐』。第9回ヒーローズ漫画大賞佳作なんだって。独特の世界観でさすが緑助の幼なじみ(笑)。


緑助くん、この芝居まで前座です。10月31日までしくじらずに無事昇進できるのか?それだけが楽しみです。


しくじる方に10,000円!


詳しい出演情報は落語協会ホームページで。




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。