とにかくめでたい!

| トラックバック(0)

落語協会では今秋九月下席より新しい真打が誕生いたします。今年の春は御披露目がなかったので一年ぶり。


駒次改め古今亭駒治、さん若改め柳家小平太、花ん謝改め柳家勧之助、たこ平改め林家たこ蔵、ちよりん改め古今亭駒子の五名です。全員名前が変わります。駒治さんは読み方は変わらずに漢字が『次』が『治』に。...何故?まあまあ、これはまたおいおい...。


個人それぞれの手ぬぐいはこれから順番に紹介するとして今回は合同で作ったもの。

ohirome2018tato.jpg


ohirome2018aut00.jpg


柄は瓢箪。たいへん縁起の良いものです。花言葉は『繁栄』『利得』『円満』、そして『夢』。瓢箪ってポジティブの塊じゃん。新真打にはぴったりですネ。


また六つ揃った六瓢箪は無病(六瓢)息災のお守りになると言われています。健康第一、健康さえあったら命なんていらない...って、誰かのネタにありましたねぇ。この手ぬぐいも小さい瓢箪が四つに四の字格子のものと...白い地のところが大きな瓢箪になっていて合わせて六つ。六瓢箪です。あら、めでてぇなぁ~。


披露興行は9月21日、鈴本演芸場からはじまります。わたしも出ますヨ!とにかくたくさんのご来場よろしくお願いいたします。


さて、今回は9月9日(日)に湯島天神で行われます落語協会謝楽祭のお知らせもいたします。実行委員長は古今亭菊之丞さん。ビックスペシャルゲストを呼んでるらしいよ!名前は言えません!午後に登場いたします。


富くじ、やります!湯島天神と言えば富くじ。『宿屋の富』など落語にもたびたび出てきます。賞品は...お楽しみ。こちらの売り上げは西日本豪雨災害の復興支援に全額当てさせていただきます。


sharakusai2018.jpg

今年も玉の輔デザイン手ぬぐいを販売いたします。昨年とは色違い。寄席の招待券が当たる福扇の文字は人間国宝のあの師匠に書いていただきました。


とにかく楽しさてんこ盛りのお祭り、みんなでてるてる坊主作ってその日を待ちましょう!


sharakusaip.jpg
http://rakugo-kyokai.jp/activity/sharakusai2018/http://rakugo-kyokai.jp/activity/sharakusai2018/


次回は新真打手ぬぐいと謝楽祭『ハルベル堂』情報です!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/354




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。