2018年1月21日アーカイブ

今年は『土』がくるらしい?

| トラックバック(0)

このブログ『噺家の手ぬぐい』がはじまってからいったいどれくらいの年月がたったのかしら?

そろそろ7~8年にもなるのかねぇ。ということは毎年30本として200本以上の手ぬぐいを紹介してきたわけで...へぇ~っ、って感じ(笑)。登場回数が一番多いのはもちろんわたし玉の輔ですが、さて二番目は?


ということで、今回は第二位のわたしの師匠、春風亭小朝です。毎年変えていて、わたしが必ずいただいているので必然的に二位になりました。このブログ以前からいろいろな方の描いた師匠の似顔絵を手ぬぐいにしたり、デザインしてもらったりしてましたねぇ。古くは山藤章二さん、和田誠さん、ナンシー関さんの消しゴム版画もあったなぁ。大橋歩さんに版画家原田裕子さん。数えたら切りがない。で、ここ最近は手ぬぐいブームの火付け役かまわぬさんにお願いしています。その関係でなぜかわたしがかまわぬ代官山本店で落語を一席。


さて、今年の手ぬぐいは?


koasa2018_brown.jpg
koasa2018_yellow.jpg


...和菓子?団子に煎餅、柏餅に四角いのは羊羹?なぜか勾玉とよく見ると煎餅擬きの師匠小朝の顔も。


「デザインはかまわぬさんのデザイナーさんです。今年は『土』の年と言うことで黄土色や茶色でお願いしました。丸から上に上がっていくような形がいいとのことだったので勾玉を入れてみました。丸と四角は陰と陽です」


と師匠のマネージャーHさん。土ねぇ。泥んこ遊びでもしますか?


黄土色の手ぬぐいにはアクセントに赤が入って可愛い!

さすがのかまわぬさんでした。




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。