2017年12月アーカイブ

噺家の手ぬぐい畳紙大賞?

| トラックバック(0)

まだまだ『第7回 噺家の手ぬぐい大賞』の投票受付中ですよぉ~っ!

ちょっと今回どうやら投票数が少ないみたいです。ということは、ご贔屓の芸人に一票投じると大賞を獲得するのチャンスです!

投票してくださった方の中から抽選で十名様に2018年玉の輔手ぬぐいをプレゼントいたします。締め切りは12月31日。清き一票をよろしくお願いいたします。


投票おすみでない方は以下facebookページから、 またはhanashikanotenugui@gmail.comまでメールにてどうぞ! その1 http://bit.ly/2AULHnd その2 http://bit.ly/2nhyxi7 その3 http://bit.ly/2BQFcT4



いよいよ今年の最終回、今回は一年を締めくくって...さて、何しましょ?

何か面白いものはないかしら?と、部屋を物色したら古い手ぬぐいがたくさん出てきた。文楽、志ん生、圓生に小さん、志ん朝、米朝...。


手ぬぐい自体はかなり古いものなのでカビやら染み、畳紙も損傷が激しい。でも、この畳紙がなかなか良い。凝っているものも多い。このブログで紹介している手ぬぐいの中にも面白いものが多数有るので今年の殿(しんがり)は

『第1回 噺家の手ぬぐい畳紙大賞』



【エントリーNo.1 五明樓玉の輔】

001tsk.jpg

わたしの直筆です。筆ヴァージョンとクレヨンヴァージョン。

クレヨンはかすれた感じが良しです。小さめに畳んであります。


【エントリーNo.2 三遊亭ときん】

002tkn.jpg

鉄道オタクのときんさんは旧国鉄風にアルファベットでTKN。


【エントリーNo.3 桂文枝】

003bunshi.jpg

六代目を襲名したときのもの。着物の畳紙風になってます。

さすが上方落語協会会長さんです。


【エントリーNo.4 入船亭小辰】

004kotatsu.jpg

手ぬぐい大賞受賞歴のある小辰さんは手ぬぐい同様に

畳紙もとつかりょうこさんデザイン。熨斗が辰です。


【エントリーNo.5 桂文楽】

005bunraku.jpg

先代文楽師匠の畳紙は暖簾風。

でも文楽師匠は高座では手ぬぐいを使わず白いハンカチを使用してました。


【エントリーNo.6 春風亭小朝】

006koasa.jpg

ちょっと子供のいたずら書きっぽいのは

イラストレーターの大橋歩さんです。鏡餅が可愛らしい。


【エントリーNo.7 古今亭志ん輔】

007shinsuke.jpg

志ん輔師匠は手ぬぐいも凝っているけど畳紙も素敵。

いろいろあるんだけどこの熨斗が斬新的で好きです。


【エントリーNo.8 林家正蔵】

008shozo.jpg

わたしの大師匠の師匠、先代正蔵師匠の手ぬぐいは

長細く畳んであるのが個性的でエントリー。

『御手冨貴』おてふきです。なんと三越製。


【エントリーNo.9 林家たい平】

009taihei.jpg

美大出身のたい平さんの鯛はもちろん自分で描きました。

二ツ目時代から手ぬぐい共々変えてないのです。


【エントリーNo.10 古今亭朝太】

010chota.jpg

古今亭朝太、志ん朝師匠の二ツ目時代のものです。

昭和37年に志ん朝になっているので今から55年以上前の手ぬぐい。

なんでかなり傷んでます。特別にコチラをご覧ください。


chota0001.jpg


いかがでしたか、第1回噺家の手ぬぐい畳紙大賞。

エントリーだけで投票は無し、たぶん2回目はないと思うよ(笑)。


来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えくださいませ。

いよいよ年末恒例噺家の手ぬぐい大賞のノミネート作品紹介も最終回です。ちまたの話題をかっさらっているとかいないとか?...いないけどさ(笑)。なんか、投票がいまいち少ないらしいです。。。。このブログ、Facebookご覧の方々は清き一票をよろしくお願いいたします。全三回に各二本の投票が可能で、最高六本。しかも、組織票も喜んでっ!清くなくてもOK、何でもありです。




【エントリーNo.25 謝楽祭】

sharakusai00.jpg

年に一度の落語協会のお祭り謝楽祭。湯島天満宮さんで行われています。今年の実行委員長はわたし玉の輔でした。ということで手ぬぐい作っちゃいました。謝楽祭グッズとしては初出品。あっという間に完売ありがとうございました。首からぶら下げるとふたつの紋がちょうど良いデザインです。ちなみに来年は9月9日(日)、実行委員長は古今亭菊之丞さんです。


【エントリーNo.26 東京かわら版】

kawaraban000.jpg

あらら、またまた玉の輔手ぬぐいです。正楽師匠の紙切りをかわら版にドーンと貼り付けました。いろんな落語会で販売してるらしい。瓦版の掲示板はわたしがタブレットに指で描きました。東京かわら版隔月連載『玉様のブラチン』もよろしくお願いいたします。


【エントリーNo.27 桂小南】

konan.jpg

小南治師匠が師匠の名前を継ぎました。襲名の手ぬぐいは先代が昭和44年に芸術祭大賞を受賞したときに拵えた浴衣の柄をそのまま手ぬぐいにしたもの。協会の枠を破って弟の紙切り二楽さんが芸術協会の御披露目に特別出演しました。



【エントリーNo.28 桂三木助】

mikisuke2017_000.jpg

十六年振りに大名跡が復活。三代目が祖父、四代目を叔父に持つ五代目三木助さん。手ぬぐいは代々受け継がれた柄を使ってます。これは渋いし、素敵なしかも使いやすい手ぬぐいです。頑張れぇ~っ!


【エントリーNo.29 柳亭こみち】

komichi00.jpg

ちょっとポップな市松模様が女性らしいねぇ。つい先日ある番組で取り上げられていたこみちさん。占いによるとこの市松模様がグイグイ来るらしいのだけどねぇ、どう?


【エントリーNo.30古今亭志ん五】

shingo001.jpgのサムネール画像

亡き師匠の名前を襲名した志ん五さん。手ぬぐいは大好きな橘右之吉師匠にお願いしました。

志ん五格子って名付けてます。手ぬぐいも素敵だけど御披露目の後ろ姿幕がスゴく良かった!

コチラも右之吉師匠です。


【エントリーNo.31 欧州公演】

kyotaroeurope00.jpg

毎年この時期になるととつかりょうこデザインの欧州公演手ぬぐいが...。今年は柳家喬太郎さんと春風亭正太郎さんが行って来たらしい。相変わらず可愛いねぇ。


【エントリーNo.32 立花家橘之助】

kitsunoke000-thumb-600x212-5688.jpg

大本命の手ぬぐいがコレ。現在御披露目中の橘之助お姉さんの手ぬぐいです。今回の手ぬぐい大賞にたくさんノミネートされている鳥居塚祥蔵さんのデザイン。バチのバックの刺し子風の紋にしてやられました。


【エントリーNo.33 春風一刀】

itto.jpg

新二ツ目の手ぬぐいです。昇進するとモテると勘違いしている一刀くんを兎に刀持たせちゃってぇ~っ。動物愛護協会からクレームが来るぞ!卯年なんだって。


【エントリーNo.34 林家たま平】

tamahei000.jpg

コネの塊、たま平くんはそれを思う存分に利用しました。さて問題です。玉はいったいいくつあるでしょうか?正解した方にはたま平くんから金一封?




今回はこの十本。バラエティーに富んだ手ぬぐいが並びました。好みの二本は見つかりましたか?投票方法はコチラ。

方法1:facebookページ「噺家の手ぬぐい」から投票


こちらのリンク先から、お気に入りの手ぬぐいを選んでぽちぽちっと投票してください。

コメント欄への投稿も大歓迎です。

お気に入りが2本ある人は、2本めの手ぬぐいにコメントをください。こちらもカウントいたします!(システム上二つ投票することはできません)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメッセンジャーにてご連絡を差し上げます。



方法2:メールで投票

hanashikanotenugui@gmail.com
こちらのメールアドレスあてに、

・選んだ手ぬぐいのエントリーNo.(2本まで)

・あなたのハンドルネーム、玉の輔へのお言葉をご自由に!

・あなたの本名、ご住所(プレゼントに当選した場合の宛先・お名前をお願いします)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメールでご連絡を差し上げます。



なお、2018年1月に手ぬぐい大賞の発表があります。


抽選で十名様に2018年玉の輔手ぬぐいをプレゼントいたします。面白いコメントを添えてのご応募お待ちしております。

前回からはじまった『第7回 噺家の手ぬぐい大賞』。密かな評判を呼んでいるとか、いないとか?...どっち(笑)。皆さまたくさんの宣伝よろしくお願いいたします!今年から各回二本づつの投票が可能となりました。計三回なんで最高六本まで選べます。では、今回はこの12本。


【エントリーNo.13 昔昔亭桃之助】

もものすけ001.jpg

二ツ目時代の手ぬぐいが『非常口』のアイコンそのまんまだった桃之助さん。

誰も使ってくれなかったので今回はガンバりました。

『モモ』が連なってます。判るかな?ご自身のデザインです。


【エントリーNo.14 笑福亭和光】

和光00.jpg

コレ、対象外にしなくていいの?というような鳥獣戯画を

何のひねりも無いまま使った手ぬぐい。

著作権がかからないだってさ。勉強になりました。


【エントリーNo.15 入舟辰乃助】

tatsunosuke.jpg

毎度お馴染み、とつかりょうこさんデザインの手ぬぐい。

龍に乗った辰乃助さんです。ラジオをぶら下げでいるのは

落語に興味を持ったきっかけがラジオなんだって。

兄弟子の小辰さんは手ぬぐい大賞受賞者です。


【エントリーNo.16 三遊亭歌実】

kajitsu000.jpg

デザイナーのオグロリエさんの描いた江戸の町。

遠くへと続く道はこれからの噺家人生、長い道のりを表したものなんだって。

『三遊亭歌実』の文字は名前の由来となった母校鹿児島実業(鹿実)の校長先生筆。


【エントリーNo.17 林家あんこ】

anko.jpg

豆は餡子の原料の小豆。升、そして椿の花。

『あんこ椿』ね。だけどこの「あんこ」は「若い娘」の意味で餡子ではない!

判ってるのかな、あんこちゃんは?まあ、可愛い手ぬぐいだけどさ。


【エントリーNo.18 東京メトロ】

kyokaimetro00.jpg

東京メトロと落語協会のコラボレーション『落語・グルメスタンプラリーきっぷ』。

指定されたスタンプを集めるともらえた手ぬぐい。

で、売れたのかなぁ?


【エントリーNo.19 新宿末廣亭】

suehiro70_00.jpg

開業70年の記念手ぬぐい、渋い!橘左近師匠のデザインです。

縁起の良い『あばれ(束ね)熨斗』が一面に描かれています。

紋は三ツ柏。余談ですが金馬師匠は芸歴75年を越えています!

 

【エントリーNo.20 笑組】

egumi.jpg

二人の顔ですヨ!

丸の上に草の生えたのがかずおさんで、帽子にお尻がゆたかさん。

『少年アシベ』をイメージしてゆたかさんがデザインしました。

アシベ、古いねぇ~。


【エントリーNo.21 三遊亭鬼丸①】

onimarudaibutu.jpg

「ゴルフに招待するから手ぬぐいデザインしてくださいヨ」

という鬼丸さんの言葉に釣られてわたしがデザインしました。

芸歴20周年の落語会で販売中。儲け過ぎだぞ!


【エントリーNo.22 三遊亭鬼丸②】

onimaru2017_fes.jpg

で、もうひとつ鬼丸さん。もはや手ぬぐいではない(笑)。

当人曰くフェス仕様です。パパ友の荒船一志さんデザイン。

コレも売ってます。おい、いくら稼ぐんだっ!


【エントリーNo.23 太神楽曲芸協会八十周年】

daikagura2017.jpg

獅子舞に蹴鞠というシンプルな柄です。

鏡味仙志郎さん曰く、この手ぬぐいは昔から使われているものだそうです。

盛大に行われた記念パーティーの司会はわたくし玉の輔でした。


【エントリーNo.24 SOLA】

SOLA00.jpg

Concert Space Ginza SOLAさんのデザインはわたし。

とはいえ、どこかで見たような...。

都会の街並みがアチラとは違うので、そこら辺はご勘弁願います。




お気に入りは見つかりましたか?応募方法はコチラ。


*****


方法1:facebookページ「噺家の手ぬぐい」から投票


こちらのリンク先から、お気に入りの手ぬぐいを選んでぽちぽちっと投票してください。

コメント欄への投稿も大歓迎です。

お気に入りが2本ある人は、2本めの手ぬぐいにコメントをください。こちらもカウントいたします!(システム上二つ投票することはできません)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメッセンジャーにてご連絡を差し上げます。



方法2:メールで投票

hanashikanotenugui@gmail.com
こちらのメールアドレスあてに、

・選んだ手ぬぐいのエントリーNo.(2本まで)

・あなたのハンドルネーム、玉の輔へのお言葉をご自由に!

・あなたの本名、ご住所(プレゼントに当選した場合の宛先・お名前をお願いします)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメールでご連絡を差し上げます。



なお、2018年1月に手ぬぐい大賞の発表があります。

前回書き忘れてたけど応募者の中から抽選で10名様に2018年玉の輔手ぬぐいをプレゼントします!コメントを添えてくださいネ。その方が当選確率がUP?


それから、お詫びとお願いです。九月に行われた落語協会謝楽祭でわたくしのブース『ハルベル堂』お宝くじで「玉の輔からの年賀状」が当たった方、申し訳ありません。お書き込みいただいた用紙をコチラの手違いで紛失してしまいました。今一度ご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします。




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。