2017年11月アーカイブ

いよいよです、手ぬぐい大賞 その1

| トラックバック(0)

昨年の受賞者は柳家小ゑん師匠。

CDを三枚買うとプレゼントしていた手ぬぐいが、手ぬぐい欲しさのあまりにバカ売れして「手ぬぐい大賞、侮れないな」と一言。

『噺家の手ぬぐい大賞』、今や落語界の年中行事!?


いよいよこの季節がやって参りました。早いもので第7回です。今年は誰の手に栄冠が?楽しみです。

今回から投票方法を少し変えました。詳しくは一番おしまいに。では、さっそく参りましょう!




【エントリーNo.1 五明樓玉の輔】

まずはわたしの。謝楽祭ヴァージョンをエントリーさせていただきます。水玉は大5、小6で「ごめいろう」ね。定規は元々意味はなかったんだけど、あるお客さんが「玉のスケ(輔)ール」と言ったので、そういうことにしよう!

tamascale.jpg


【エントリーNo.2 春風亭小朝】

今年のうちの師匠はかまわぬ製。師匠のシルエットを含めておめでたい柄づくし。おかげさまでわたしが、かまわぬさんからお仕事いただきました。


koasa2017.jpg


【エントリーNo.3 ニックス】

クウォーターの姉妹漫才は青い瞳の『め鯨』。「め鯨は立てちゃいけない」ってんで手ぬぐいは横です。シルエットは林家正楽師匠。最近もっと太めだけど...。あっ、デザインはわたし。


nicks.jpg


【エントリーNo.4 林家たけ平】

たけ平くんもよく柄を変える。わたしにとってありがたい噺家の一人です。『木』が16ある。...『林』が八つだって。『はやし・や』だよ!浅草は染の安房製。


takehei2017_00.jpg


【エントリーNo.5一龍斎貞寿】

真打昇進手ぬぐいは忠臣蔵名場面を正楽師匠が切ってくださいました。文字は柳家喬太郎さん。贅沢ぅ~!そしてデザインの手伝いがまたまたわたし。なかなか素敵でしょ?

teiju2017blue.jpg
teiju2017brown.jpg
teiju2017green.jpg


【エントリーNo.6 新真打合同手ぬぐい】

五人の名前がそれぞれ判じ物になってます。面白いねぇ。詳しくはアーカイブで見てね。今回たくさん登場する鳥居塚祥蔵さんの作品。

shinuchi2017.jpg


【エントリーNo.7 林家ひろ木】

木久扇師匠の画です。二ツ目昇進の時にどういうわけだか、師匠が描いてくれなかった。念願叶っての手ぬぐいです。で、なんで蕎麦?

2017hiroki.jpg



【エントリーNo.8 春風亭三朝】

三朝さんのためにわたしが作りました。せっかく『三』の格子柄の空に『朝』日をイメージして配色を考えたのに、自分が大好きな紫まで勝手に拵えやがって!でも光琳蔦が良いね。

2017sancho.jpg


【エントリーNo.9 柳家小八】

合同手ぬぐいの鳥居塚さんと空今日子さんで『おふたり』ってデザイン集団なのかな?柳の下でなにやら悪いことを考えてる小八くん。昨年亡くなった喜多八師匠は手ぬぐい大賞に執着してたんだけど、弟子の小八くんはそうでもなさそう(笑)。

kohachi00.jpg


【エントリーNo.10 三遊亭ときん①】

ときんさんは手ぬぐいを二本作りました。まずはコチラから。鉄ちゃんらしいブルートレイン柄です。同じオタクで手ぬぐい大賞歴のある古今亭駒次くんには大評判らしい。高橋美礼さんのデザインです。

tokin_train.jpg


【エントリーNo.11 三遊亭ときん②】

二本目は鳥居塚さん。踊るときんさんに三本線に『U』と『T』。三遊亭だよ!線路になってる。鉄ちゃん万歳。

tokin_kappore.jpg


【エントリーNo.12 鈴々舎馬るこ】

コレも鳥居塚さん。それにしてもよく出てくるね(笑)。天然パーマのデブな噺家が汗かいちゃったよ。馬るこですヨ!

matuko2017_01.jpg


で、『小八・ときん・馬るこ』並べると大きな輪になるという。まあ、これは一票にもならないけどねぇ(笑)。



300.jpg


今回はこの12本です。で、今年の応募方法はコチラ。

今年は各回2本投票できることにしました。




方法1:facebookページ「噺家の手ぬぐい」から投票


こちらのリンク先から、お気に入りの手ぬぐいを選んでぽちぽちっと投票してください。

コメント欄への投稿も大歓迎です。

お気に入りが2本ある人は、2本めの手ぬぐいにコメントをください。こちらもカウントいたします!(システム上二つ投票することはできません)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメッセンジャーにてご連絡を差し上げます。



方法2:メールで投票

hanashikanotenugui@gmail.com
こちらのメールアドレスあてに、

・選んだ手ぬぐいのエントリーNo.(2本まで)

・あなたのハンドルネーム、玉の輔へのお言葉をご自由に!

・あなたの本名、ご住所(プレゼントに当選した場合の宛先・お名前をお願いします)

プレゼントに当選した場合は、管理人よりメールでご連絡を差し上げます。



なお、2018年1月に手ぬぐい大賞の発表があります。

その際、玉の輔2018手ぬぐいプレゼント当選者発表を行います。


では皆さん、よろしくお願いいたします。

落語ファン、手ぬぐい好きに宣伝しちゃってくださいねぇ~っ!

今年最後の手ぬぐい紹介です

| トラックバック(0)

今回の手ぬぐいは若旦那の中の若旦那、林家たま平くん。


おじいちゃんは初代林家三平、おばあちゃんは海老名香葉子、おじさんは二代目三平と峰竜太、おばさんは海老名みどり、泰葉に国分佐智子、そしてお父さんは林家正蔵。生まれた時からまわりは芸能人ばかり。そして、わたしの母校明治大学付属中野中学高校の後輩です。前座時代はぼっちゃん風吹かせて働かなかったねぇ(笑)。こんなヤツでも今回、めでたく二ツ目昇進です。


二ツ目昇進初日は浅草演芸ホール昼席。たま平くんの出番の少しあとにわたしも出演していました。高座に上がっていつものようにマクラを振って噺に入ろうかと思ったその時、恐ろしい光景が!


なんと客席の一番後ろで見たことあるご老人がいる。...おかみさん?...根岸のおかみさんじゃん!根岸のおかみさんとは海老名香葉子夫人。ちょっと血の気が引く。


あれっ、今日は「正蔵・三平共○れ兄弟」って漫談振ってなかったかしら?

.........(考え中)......うん、大丈夫!変な汗かいちゃったよ。

おい、たま平、おばあちゃん来てるなら来てるって先に言ってよぉ!


で、手ぬぐいもお父さんのコネを存分に使いました。


tamahei000.jpg

IMG_7249.jpg

可愛いねぇ、いい、すごくステキ。たま平くんにはもったいないネ。以前正蔵師匠が出演していたNHKの子ども番組『ハッチポッチステーション』のデザインを手掛けていた藤枝シュウジ先生のお弟子さんの宋誠二郎先生。


「柄が『玉結び』と言うのですが前のデザインの段階で何故かアソコのタマと勘違いする人が続出した為このデザインになりました。手ぬぐいの文字は藤枝先生、畳紙は大女将(香葉子夫人)です」(本人)


アソコのタマと勘違いする手ぬぐいも見たいね。


「変な気負いをせず目の前の高座を精一杯勤めます。よろしくお願いいたします」と心にもないことをのたまっておりますが、わたしの後輩をどうぞよろしくお願いいたします。


たま平くんの出演情報は落語協会ホームページまで。そしていよいよ次回から毎年恒例のアレがはじまりますよぉ~っ!

スーパー前座?、二ツ目昇進!

| トラックバック(0)

またまた御披露目手ぬぐいです。

今度は新二ツ目。11月上席より二人昇進いたします。

一朝師匠門下の春風亭朝太郎改め春風一刀くんと正蔵師匠門下林家たま平くん。まあ、二人とも働かなかったね(笑)。でも二ツ目になりま~す!


今回は春風一刀くん。春風亭ではなく、春風です。『はるかぜいっとう』と読みます。一朝一門を破門?...そうじゃない。まあ、外れてもらって結構だけどねぇ。なんで春風?


「師匠が二ツ目になる際、稲荷町の師匠(先代正蔵)から一朝を貰ったそうです。『先の一朝は三遊亭一朝ではなく三遊一朝と名乗っていたから春風亭ではなく春風一朝はどうだ』と提案されたそうです。最終的には大師匠(先代柳朝)に止められたそうですが。そういう経緯を聞いて『春風でもいいよ』と仰ったのでそうしました。一刀は、師匠が刀が好きなのと、個人的にカッコイイなと思って付けました」


...結局自分で付けたんじゃん!もっとスゴいのは手ぬぐい紹介にあたって皆さんにアンケートをとるんだけどコレが面白い。普通「前座時代のしくじり話を教えてください」と尋ねるとたいがいの新二ツ目は「たくさんあり過ぎて...。強いて挙げれば...」という答えが返ってくる。


でも彼の回答は「しくじりというしくじりはなかったように思いますが...」...はぁ~っ?大笑いして楽屋で発表。「てめえ、朝太郎、毎日しくじりっぱなしじゃあねぇか!感じねぇだけだろ」怒号の嵐。一朝一門のLINE(あるかなぁ?)に一斉送信するからな!特に意地の悪い一之輔にチクってやるヨ。しくじらない前座時代だったのなら『春風スーパー一刀』って改名しろ。こんな野郎なんです、コイツは。

じゃあ、手ぬぐいね。


itto_blue.jpg

itto_pink.jpg

デザインは林家けい木くんから紹介してもらったカトウアヤコさん。


「一刀なので一兎ということで刀を持ったウサギをお願いしました。自分が卯年でもあるので。最終的にいっぱいいた方がかわいいということでたくさんウサギを描いていただきました」(本人)。...ふーん、手ぬぐいは可愛いけどねぇ。でもなぁ、兎は一羽二羽って数えるんだよ(諸説有り)!


二ツ目の抱負は?

「一人前の噺家になれるよう精進しようと思います。あと、とにかくモテたいです。応援よろしくお願いいたします」...って、てめえ、絶対にモテねぇし、応援もしねぇよ!


エピソードが面白過ぎて雑な文章になりましたことをお詫びいたします(笑)。


こんな男ですが観に行ってやってください。

詳しい出演情報は落語協会ホームページまで。


http://rakugo-kyokai.jp/




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。