決戦は何曜日?

| トラックバック(0)

「お客様のお祝いムードを全身で感じます。高座は平常心で演っております」


冷静な分析力といやに落ち着いた感のある新真打の志ん五さん


確かにこの御披露目は「幸せだなぁ~、僕は高座に上がっているときが一番幸せなんだ」と加山雄三が思わず口にするくらいお客さまの暖かさ、応援してるよ感が半端ない。とにかくこの幸せがとりあえずあと30日間続くことを祈ります。


と、いうわけで今回の手ぬぐいはこの秋の新真打志ん橋師匠門下志ん八改め古今亭志ん五さん。ドリカムの吉田美和じゃない方に似てるんだよね。『志ん五』は先の師匠の名前で二代目になります。志ん五復活!


shingo001.jpg


大きな鬼蔦の紋に格子柄。


「大好きな橘右之吉師匠デザインの手ぬぐいを作りたくて、一からお任せで拵えました」と志ん五さん。格子は縦横とも四本で『四(志)』、そして漢数字の『五』で志ん五。名付けて『志ん五格子』だって。シンプルなところが素敵。空間って難しいからね。流石右之吉師匠です。


「古典と新作の二刀流でこれからもアジを出してまいります」という未来予想図。


この芝居は浅草演芸ホールの昼席12・15・17・20日に主任で出演します。


御披露目情報は落語協会ホームページまで。



そして今回はもうひとつ紹介いたします。毎年恒例の『欧州公演』手ぬぐいです。今年は何処へ?もちろんデザインはお馴染みとつかりょうこさん。


kyotaroeurope00.jpg


相変わらずいいねぇ~です。どうもビールの国へ行くみたい。


今年は柳家喬太郎さんと春風亭正太郎さん。遠征費用捻出の為、絶賛販売中!まあ、喬太郎さんだから宣伝しなくても売れるだろうけどね。詳しい情報はコチラから。


Twitter @kyon2inEurope

Facebook facebook.com/kyon2europe

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/323




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。