謝楽祭 その2 直前特集

| トラックバック(0)

ちょっと早い更新です!

なにしろ謝楽祭9月3日(日)なんで、少しだけ前倒ししますねぇ。


第三回落語協会謝楽祭、湯島天神に於いて10時開祭します。たびたび紹介していたイケメンコンテスト『梅の王子』に残念なお知らせがあります。審査委員長に予定していたくまモンが来られないんだって。楽しみにしていた方、たいへん申し訳ございません。コンテストは予定通り11時より行われます。いい男、出ます!


前回紹介した謝楽祭限定グッズ、手ぬぐいと豪華特典付き扇子の他にサイン帳が完成いたしました!


4462.jpg
4463.jpg
スタバと合うサイン帳なんてある?中身も洒落てます。


どうよ!これで100円、安過ぎるぜぃ。こんなにお洒落に作るつもりがなかったので各情報誌に「サイン帳100円で売ります」みたいなことを書いちゃったんで...。薄利多売、たくさん買ってサイン帳の他にもメモ帳として使ってちょうだいな。


詳しい謝楽祭情報は落語協会ホームページまで。

http://rakugo-kyokai.jp/news/2167/


今回の謝楽祭では玉の輔デザインの手ぬぐいが三ヵ所で三種類販売されます。前回紹介した落語協会・湯島天満宮コラボ謝楽祭手ぬぐいとわたしのお店ハルベル堂で販売する2017年玉の輔手ぬぐい謝楽祭ヴァージョン。


tamasharaku.jpg


そして、三つ目がコチラ。


kawaraban000.jpg
IMG_6968.JPG


毎年店舗を出してくれている東京かわら版さんが手ぬぐいを新たに作製、編集長さんからの依頼でわたしがデザインをしました。

扇型の瓦版掲示板の中に高座の噺家。掲示板はタブレットに指でさらさらっと描きました。正楽師匠の作品です。ホントは噺家の他にも、講談・太神楽・浪曲・奇術・俗曲・紙切り、しかも噺家、講談と浪曲は女流ヴァージョンまでたくさんの切り絵があったのですが判りやすくこのデザインになりました。シンプルでいいでしょ?東京かわら版さんの店舗『本屋高尾』で販売します。ついでに東京かわら版隔月連載『玉様のブラチン』もよろしくお願いいたします。


ここでハルベル堂情報。先ほどの手ぬぐい(各1,000円)はお宝くじ付きです。どこへ行っても手に入らない景品はコチラ。


4465.jpg
落語中興の祖三遊亭圓朝のサインボールにお馴染みの圓朝コード。
奥はわたしの使っていた帯を額にしました。コレみんな景品です!

4467.jpg
重鎮のブロマイド。もちろん若手人気芸人もたくさんあるでよぉ~っ


もちろんメインは2017年芸人ブロマイド!今年もたくさん撮りました。人間国宝から二ツ目昇進予定の前座まで。一枚100円、大人買いお待ち申し上げます。


そして新商品がコレ、名付けて『玉めくり』。


4469.jpg
噂の玉めくり!欲しい~っ!


松岡修造風表紙撮影のためにヘアバンドとリストバンドを購入しました。ありがたい(?)言葉が日めくりで楽しめます。限定10個500円。


今年は実行委員長なんで店舗に長くいられないかと思われますが、そこは店長代理の妹弟子ぴっかりちゃんに任せます!ぴっかり目当てのお客さま大歓迎です!


では、9月3日(日)湯島天神でお待ち申し上げます!


雨、降りませんように。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/319




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。