2017年5月21日アーカイブ

残念な勘違い

| トラックバック(0)
最近女性前座の割合が減って残念な今日この頃ですが、世之介師匠のところに女子大生前座が入りました。いいねぇ~っ!この調子でどんどん増えるといいな(笑)。

理事会で真打や二ツ目昇進が決まると楽屋に

『平成○○年○月○席より以下の者が真打に昇進いたします 
   ××亭××(××門下)』

みたいな張り紙、我々の言うところの楽屋張りというものが出ます。前座も同様に見習い期間が明けて楽屋入りするときに楽屋張りが出る。
『平成26年5月より以下の者が楽屋入りします。 三遊亭歌実(歌之介門下)』
...歌実?...うたみ?...女の子!

どうやら年も若いらしい。どんな可愛らしい娘が来るのやら、楽しみにしていると「この芝居から前座になりました歌之介門下のカジツです。よろしくお願いいたします」とあいさつされた。ああそう...で、うたみちゃんは?

「うたみじゃなくて歌実(カジツ)です」...ん?...どうやらカジツと読むらしい。鹿児島実業高校、定岡正二の鹿実!?定岡って古いね(笑)。ガッカリだよ、鹿実出身なんでカジツ、歌実なんだってさ。ふーん。悔しいのでわたしは彼のことを『うたみちゃん』と呼んでます(笑)。歌実ちゃん、いや歌実くんが二ツ目に昇進しました。手ぬぐいはコレ。


kajitsu000.jpg


「柄はわたしの落語会に来てくれているデザイナーのオグロエリさん。賑やかな江戸の町です。真ん中の大きな長い道はこれから始まる二ツ目としての長い道のりという意味があります。
名前は鹿実の校長先生にお願いしました。在学中は一度も話をしたことがなかったので、ちょっと変な感じでした」(本人)

しゃべったことがない校長先生に頼んじゃったのね(笑)。
よく考えてみると校長先生としゃべることってあんまりないかも?
でもあなたはよく歌之介師匠をしくじって坊主頭にされてたんで、その姿が校長先生には野球部の生徒と重なったんじゃないの?

「古典、新作、漫談問わずお客さんにたくさん笑ってもらえる、そんな高座を目指したいです。皆さん応援よろしくお願いいたします」という歌実くん。この芝居は鈴本演芸場夜席に出演中です!

歌実くんにひとつお願い。あなたが真打になって可愛い女の子のお弟子さんが入ったら今度こそ『うたみちゃん』っていう名前を付けてね!




【追伸】
なんとこの原稿を書いたあとに歌実ちゃん、坊主になってました(笑)。
二ツ目昇進直前のしくじり?ガンバれぇ~っ!




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。