2017年3月21日アーカイブ

三朝懸命ガンバリマス(本人談?)

| トラックバック(0)
いよいよ今日3月21日より鈴本演芸場昼の部でわたくし五明樓玉の輔の主任興行がはじまります。たくさんのご来場お待ちしております!



⬇︎⬇︎このチラシをダウンロードすると割引になります⬇︎⬇︎

20173shimosuzumto_ページ_1.jpg


ついでに(笑)落語協会新真打の披露興行も行われます。
詳しくは落語協会ホームページで。



前回からお披露目手ぬぐいを紹介中ですが、今回は朝也改め春風亭三朝くん。一朝師匠の三番弟子、わたくしとは従兄弟ということになります。

三朝くんのイメージは『いつも喋ってる』、この一言に尽きます(笑)。とにかく休みなく喋ってる。しかも、たいした意味のないことを休みなく喋る(笑)。昨年いっしょに十日間ほど仕事でいっしょに旅をしました。山陰山陽地方から四国という長旅。その十日間の思い出が「朝也の声」しかないほど(笑)。そんな朝也くんが三朝と名を改め、真打に昇進します。

楽屋、うるせぇだろうなぁ。

手ぬぐいはわたくしが『三朝』のイメージでデザインしました。

2017sancho.jpg



『三』の格子柄の空に昇っている『朝』をイメージしたお日さま、太陽です。下に大きめの光琳蔦の紋をのぞきで入れました。ホントは格子を小さめにしたかったんだけど柳家三三さんの手ぬぐいともろ被りになるので大胆にドーンと...。

青い方がわたしのお薦めした色でもうひとつは三朝くんが選んだもの。この人はホントに紫色が好きなんだよね。二ツ目時代にも頼まれてデザインしたときも、わたしが薦めた色のほかに紫色を作ってた。そしてなんと、披露パーティーの引出物の風呂敷も紫色。

「風呂敷のデザインもお願いいたします」と頼まれたので市販の風呂敷をちょっとパクった柄にしたんだけど「色は好きにして」と言ったら、やっぱり予想通りに紫に(笑)。

sancho_furoshiki.jpg

徹底しているのは後ろ幕も光琳蔦の中が紫!

sancho_hirome.jpg

ここまでいくと感服だね。たぶん家の中は紫尽くし、ドメスティックヴァイオレンスならぬドメスティックヴァイオレット(笑)。

寄席に出られる噺家になりたい、という三朝さん。NHK新人落語大賞という噺家の手ぬぐい大賞の次に権威のある(笑)コンクールで大賞を受賞していんだけに実力はお墨付き。三朝懸命ガンバってねぇ~っ(笑)!

えっ、打ち上げも『村さ来』(笑)!?




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。