2017年3月 1日アーカイブ

新真打

| トラックバック(0)
わあっ、変態変態...いや、たいへんたいへん、2月は28日しかない。ということはあたりまえだけどいつもより短いわけで、とくに二月下席は八日間しかない。したがってこの原稿の締め切りも早い。というわけで焦ってます(笑)。

今年に入って漫才協会のニックス、前回は講談協会の一龍斎貞寿さんとそれぞれの真打昇進手ぬぐいを紹介してきましたが、今回からは噺家の真打昇進手ぬぐいが続きます。落語協会、芸術協会と新しい真打が誕生いたします。...たくさんいるねぇ、個性派揃いの手ぬぐいです。


まずはコチラ、落語協会の五人の新真打の合同手ぬぐいです。三月下席鈴本演芸場からはじまる御披露目。木久扇師匠門下林家ひろ木くん、一朝師匠門下朝也改め春風亭三朝くん、小三治師匠門下ろべえ改め柳家小八くん、金時さん門下時松改め三遊亭ときんくん、そして馬風師匠門下鈴々舎馬るこくんの五人が真打に昇進いたします。合同の手ぬぐいというと古典柄にそれぞれの名前を入れておしまい、みたいなものが多かったりするのですがこれはなかなか面白い手ぬぐいですヨ。

shinuchi2017.jpg判る?柄がそれぞれの判じ物になってます。ひとつひとつ解説しましょう。

hiroki.JPG
右からいきますね。波の模様が切れているでしょ、『ひ』です。
お判り?で間に『呂(ろ)』と『木』。
ひろ木です、ひろ木です、ひろ木です、ひろ木です。
ひろし...ネ。こっちの方が判らない(笑)。



sancho.JPG
つづいて、三朝くん。
『朝』の文字が三つ連なって『三朝』。
判りやすいというか...三朝です。


kohachi.JPGこれはちょっと判らなかったけど、
丸っこい『小』の両端が『八』も兼ねているらしい?
小八になる...らしい。



tokin.JPGこれは判りやすい。木久蔵くんでも判る(笑)。
アンパンマンでおなじみときんちゃん。
...アンパンマンはドキンちゃんだけどね。



maruko.JPG繋ぎの模様は輪と両端の切れている輪。
『丸(まる)』と『こ』で馬るこ。
うーん、単純ですばらしい!





面白いでしょ?鳥居塚祥蔵さんの作品で、この披露目でいくつか手ぬぐいを作ってるんだって。楽しみだね。

披露興行の情報は落語協会ホームページでご確認ください。

そして、もうひとつ情報です。




CCI20170301_2.jpg

tama201703.pdf

うちの師匠も出ますよぉ~っ。ダウンロードでも割引になります。
ご来場お待ちしております!











月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。