2016年12月アーカイブ

年忘れ...です?

| トラックバック(0)
【年忘れ】年の終わりに一年間の苦労を忘れるために開く宴。忘年会。

本来の『年忘れ』の意味はこういうことですが、今回のタイトルの年忘れは「年を取ってすっかり物忘れがはげしくなった」というわたしの今日この頃です(笑)。

前回で『第六回 噺家の手ぬぐい大賞』のノミネートが終わって、すっかり「今年も終わったぁ~っ」とのんびりしてたら管理人さんから「明日の原稿は?」との催促。すっかり忘れてました。

というわけで、今年のラストは
『カメラマン玉の輔の2016年衝撃写真ベストテン』
です!



【第10位 『はなしかクン誕生日に燃える』の巻】
28042.jpg
3月21日はなしかクン四歳の誕生日パーティーでケーキの蝋燭で角を火傷(笑)。ごめんねぇ、はなしかクン。



【第9位 『聖子ちゃんのオッパイ』の巻】
28032.jpg
東武デパートの下着売り場のポスターをカシャッ!50を過ぎて、この姿。わたしも負けてられません!撮影している姿を見られちょっと赤面(笑)。


【第8位 『春風亭あさ市二ツ目昇進』の巻】
28038.jpg
平成元年五月の鈴本演芸場プログラム。わたしが二ツ目になった時のものが出てきました。懐かしいなぁ。あの頃ボクは若かった。となりの『三遊亭あす歌』はあのASKA...ではございません。現在の小円歌お姉さんです。来年11月二代目立花家橘之助を襲名します!


【第7位 『萌えMOET』の巻】
28041.jpg
見ての通りですヨ!家のトイレに現在展示中。


【第6位 『上野広小路に都知事』の巻】
28034.jpg
選挙戦中のあの方を激写!この後、石原慎太郎の暴言により小池さんに追い風が。ちなみにわたしは小池百合子より小池栄子が好きですけど、なにか?


【第5位 『パンダの上で...!?』の巻】
28044.jpg
御徒町駅南口前の広場にあるパンダの上で死んだように寝ている中国人のこども。もうやりたい放題です。アメ横は外国人だらけででわれわれ地元住民は肩身が狭い?


【第4位 『バレンタイン雲丹』の巻】
28039.jpg
2月14日、御徒町の吉池で売っていた雲丹。やるねぇ、吉池!で、売れたの?



ベスト3発表の前に
【もうすぐベストテン 『二世噺家』の巻】
28040.jpg
正月初席浅草演芸ホールのプログラム。木久蔵クンのあとにアサダ二世先生。並ぶと『木久蔵二世』(笑)。


【第3位 『奴っこさん』とは?】
28036.jpg
よく前座は字を書き間違えるのです。池袋演芸場の根多帳、林家正雀師匠の会で発見!『奴さん』を踊った正雀師匠。これじゃあ『やっこっこさん』になっちゃうよ、緑助クン(笑)!


【第2位 博多駅前陥没事故現場】
28024.jpg
わたしが泊まる予定だったホテルの目の前であの事故が!とりあえず現場に行ってきました。立ち止まって撮影してたら婦人警官に怒られました(笑)。道路も乳首も陥没はいけません。

【第1位 『スカイツリー百景』の巻】
28028.jpg
28026.jpg
28030.jpg
スカイツリーは画になります。1位は素敵な写真です。八月の終わり、屋形船が浮かぶ隅田川とスカイツリー。いい写真が撮れました。どう、いいでしょ?おまけの二枚は我が家のベランダから見えたスカイツリー。『不気味な色の空になぜか虹』とそして、『スカイツリー大爆発?』。前のマンションが邪魔で隅田川の花火がこういう感じで見えます。花火って意外と低いのね。

というわけで『カメラマン玉の輔の2016年衝撃写真ベストテン』でした。

まだまだ『第六回噺家の手ぬぐい大賞』は投票受付中です。現在あの手ぬぐいが独走中ですが、あと十日ありますし、逆転もある?

今年もいろいろありましたが、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。新年一発目はもちろんわたし玉の輔の手ぬぐい、そして二之席号では投票結果の発表です。お楽しみにぃ~っ!

では、良い年をお迎えください。
早くも来年の手ぬぐいが届きました。ちょっと可愛らしい手ぬぐいに染め上がりましたヨ。お楽しみに。

では、まだまだ続いている『第6回 噺家の手ぬぐい大賞』。なかなか投票が集まらないので、エントリー手ぬぐいのご当人に宣伝をお願いしたら、来るわ来るわの組織票(笑)。いいんです、組織票!ここ数年はこんな感じで大賞授賞手ぬぐいが生まれているのです。

ご贔屓の芸人に愛のある組織票をお願いいたします。

今回で全て出揃います。さあ、参りましょうか。

《エントリーNo.27 美の壺》
027_binotsubo.jpg
NHKの人気番組『美の壺』の手ぬぐい。書家紫舟さんです。最近呼ばれてないなぁ。お待ちしておりますのでよろしくです。

《エントリーNo.28 柳家喬太郎のようこそ芸賓館》
028_kyotaro_geihinkan.jpg
手帳のタカハシのCMに昇太兄さんと出演中の喬太郎さんの冠番組のノベルティ。与太郎っぽいのが本人だけど、ホンモノはもうちょっとだけ絞まった顔してる?

《エントリーNo.29 国立演芸場》
029_kokuritsu.jpg
冨獄三十六景『凱風快晴』。格好いいです。さすがに世界のホクサイです!

《エントリーNo.30 大須演芸場》
030_oosu.jpg
確か大須演芸場のお土産物として買えるはず!?何種類かあると思ったけど...。名古屋観光帰りに一度足を運んでネ。

《 エントリーNo.31 小佐田貞雄》
031_osada.jpg
奥さまと連名です。作家さんだけあって柄は原稿用紙。こどもの頃の夏休みの宿題だった読書感想文を思い出してめげる?ご本人からいただきました。

《エントリーNo.32 神孝さん》
032_edokko.jpg
芸人のものではありません、お客さまからの頂き物です。『江戸津子和義理戸人情戸痩我萬』...さて、何と書いてある?

《エントリーNo.33 る組 飯田さん》
033_keshimasu.jpg
こちらもいただきました。鳶の手ぬぐいだけあってさすがに粋で鯔背だぁねぇ。でも、大賞獲っちゃったらどうしよう?

《エントリーNo.34 柳亭市馬》
034_ichiba01.jpg
一般社団法人落語協会会長といえばこのお方。橘右楽師匠のデザインで牡丹文字で『市』『馬』。暈(ぼか)しも素敵です。来年も手ぬぐいかえるのかなぁ?

《エントリーNo.35 橘家文蔵》
035_bunzo001.jpg
50日間のお勤め、いや御披露目ご苦労さまでした。文佐衛門時代に組織票をフルに使ってこの賞を授賞しているこの男はまたまた組織票集めに奔走中?

《エントリーNo.36 三遊亭圓朝》
036_encho2016.jpg
何故か歌舞伎文字勘亭流伏木壽亭師匠が圓朝の文字を使って作った手ぬぐいをわたしの兄弟子圓太郎兄さんのお宅からどういうわけだか出てきた手ぬぐい。謎か謎呼ぶ手ぬぐいです。

《エントリーNo.37 蝶花楼馬楽》
037_baraku2016_02.jpg
白地に墨で馬の背。以前紹介したものと同じ柄なんだけど地の色が違うだけで、特に白地はイメージが変わることを再発見したわたくしでした。

《エントリーNo.38 ダーク広和》
038_dark000.jpg
ダーク広和先生が得意のパソコンでシャカシャカっとデザインしたもの。『手』『品』を小紋っぽく見せようとした努力の跡が可愛らしい(笑)手ぬぐいです。

《エントリーNo.39 柳家小はぜ》
039_kohaze00.jpg
新二ツ目小はぜくんの手ぬぐいは蓬と麻。『蓬麻中に生すれば扶けざれども自ら直し』...うーん、難しいなぁ。『蓬』が読めるようになったけどね(笑)。

《エントリーNo.40 柳家小かじ》
040_kokaji000.jpg
大雑把に自分で下書きして手ぬぐい屋さんにもってったら大雑把な柄になったらしいけど、いい感じに仕上がった小かじくんの手ぬぐい。寄席文字の右楽師匠の、寄席文字でないこの文字も良し。

《エントリーNo.41 三遊亭伊織》
041_iori01.jpg
はぁ~っ、これでおしまいです。伊織くんの柄はお友だちと打ち合わせして完成しました。名前にちなんで糸を織り込むイメージ。こんがらないようにねぇ(笑)。

はい、これで全エントリー手ぬぐい計41本が出揃いました。投票方法はコチラ。

1 facebookページの投票フォームから投票。

facebookアカウントをお持ちの方は、下記のfacebookページ「噺家の手ぬぐい」から投票してください。各回1回、合計3本の手ぬぐいを選ぶことができます。投票ページからお気に入りの手ぬぐいを選んでポチッとするだけです。なぜ選んだのか、楽しいコメントもいただけるとさらに嬉しいです!そして2017玉の輔手ぬぐいの当選率も上がるかも??



2 メールで投票

こちらにメールをして下さい。
タイトルは「第6回噺家の手ぬぐい大賞その1」
本文に
 1 選んだ手ぬぐい
 2 当選した場合の手ぬぐい送付先〒番号、ご住所、ご連絡先
 3 お名前(郵便の届くもの、当選発表時に使いたいハンドルネームがあれば、それも併記して下さい)
 4(任意)ひとことコメント 
をお書きの上「hanashikanotenugui@gmail.com」にお送り下さい。


次回は今年最後の『噺家の手ぬぐい』です。さて、何を書きましょう?

*****
追伸

わたしの手ぬぐいにひとりで「30票!」入れてくれた方がおります。ありがとうございました。お気持ちはたいへんありがたいのですが、お一人様一票です(笑)。

そして、その他の方々へ。わたしの手ぬぐいにこのありがたい方以外あまり票が入ってません(笑)。清き組織票をお願いいたします。

投票数が少ない理由...答えは?

| トラックバック(0)
ちょっと、ちょっとちょっと!...って、タッチじゃないけど...タッチ最近見ないね。皆さん、投票よろしくお願いいたしますよぉ~っ!昨年に比べてまるっきり少ないッス。まあ、エントリーされている芸人にもわたしから「組織票でもいいから宣伝してぇ」と伝えてないこともあるけど...。

とにかく、お知り合いにも宣伝よろしくお願いいたします。


気をとり直して『第6回 噺家の手ぬぐい大賞』いってみましょう!

今回は二回目のエントリー手ぬぐい13本を紹介します。

《エントリーNo.14 神田鯉栄》
014_riei00.jpg

女流講談師さんです。高座で使いやすいということで『うねり縞』。滝のように見える縞模様が、名前に併せると鯉の滝登りのよう。目覚ましく立身出世すると言うおめでたい手ぬぐいです。ずっと見てたら目がくらくらするけどネ(笑)。

《エントリーNo.15 橘ノ圓満》
015_enman00.jpg
岐阜県恵那市林昌寺のご住職宮地直樹さんが描かれた富士山より高く上がった圓満奴凧。ずいぶん高くまで昇ったねぇ。粋な都々逸は本人の作。真打昇進の手ぬぐいです。


《エントリーNo.16 三笑亭可風》
016_kafu00.jpg
真打の抱負が「長生き」という可風さんの手ぬぐいに亀が。一時期落語界を離れ小笠原諸島父島でウミガメの調査をしていたという変わり種です。しかも、二ツ目時代の芸名は可女次(かめじ)。柄は露芝です。

《エントリーNo.17 THEこども寄席》
017_kodomoyose201601.jpg
株式会社マゼル・ジャパン主催『THEこども寄席』で販売しているもので、わたしがデザインしました。落語・講談・太神楽・紙切り・曲独楽・漫才・ジャグリング、全て入れました。タブレットで描いたものを手ぬぐいに。

《エントリーNo.18 柳家圭花》
018_keika.jpg
ちょっと悲しい手ぬぐいなんです。お友だちに「オレをイメージしてデザインしてくれ」と頼んだところコレに。ヒヨコにも見えるけどミジンコなんだって。高校時代、女子の間でミジンコってアダ名されていて、その事実は卒業後に発覚。で、ミジンコ柄(笑)。可愛そうと思った方々は同情で一票を。

《エントリーNo.19 三遊亭ふう丈》
020_fujo.jpg
わたしもちょっとお手伝いしていっしょにデザインを考えました。。文字は高校の先輩で書道家武田双雲さん。『ふ』の一部を大きくして手ぬぐいに。圓丈師匠の愛犬を散歩中に逃がしてしまい破門も覚悟したふう丈くんは、地元熊本が震災中に二ツ目になりました。熊本に元気を届けるために一票お願いいたします。

《エントリーNo.20 三遊亭わん丈》
020_wanjo.jpg
圓丈師匠に「師匠を父親のように思っているので...」と伝えて「その気持ちは重い」と返されたわん丈くん(笑)。名前の由来であるNo.1を犬の足跡でデザイン。犬の好きの師匠にヨイショ!それはちょっと軽いんじゃないの(笑)。

《エントリーNo.21 欧州ツアー》
021_SIW2016.jpg
毎年恒例となっているドイツ人翻訳家クララさん主催の欧州ツアー手ぬぐい。今回もデザインはとつかりょうこさん。二枚組です。春風亭一之輔機長と立川こはるCAの飛行機には乗りたくないけど(笑)。

《エントリーNo.22 とつかりょうこ10周年ツアー》
022_totsu2016.jpg
昨年三ヶ所で行われた『とつかりょうこ10周年ツアー』を制覇した特典でいただきました。紹介できてなかったので欧州手ぬぐいといっしょに載せました。とつかりょうこさんのデザインはホントいいね!

《エントリーNo.23 柳家小ゑん》
023_koen2016.jpg
小ゑんワールド全開ッス!夜空には白鳥座と岩手軽便鉄道。『銀河鉄道の夜』宮沢賢治の世界です。師匠と星仲間の漫画家森雅之さんの作品。月刊天文ガイド連載中の『星空川柳』で天に抜けるとこの手ぬぐいが貰えるんだって!

《エントリーNo.24 桂恩狸》
024_onri.jpg
唯一上方からのエントリーです。文福師匠のお弟子さんで身長が188㎝!おまけに顔も長い(笑)。この似顔絵の何倍も長いよ、ホントは。講談師旭堂南斗さんのお姉さまでデザインの仕事をしているyukacchiさんが描きました。

《エントリーNo.25 古今亭菊太楼》
025_kikutaro002.jpg
キセル柄です。「かみさんがキセル、わたしが波線を描きました」とご本人。酒癖の良くない菊太楼さんが呑んだくれた時にはこのおかみさんが迎えに来ます(笑)。

《エントリーNo.26 三遊亭好楽》
026_kouraku.jpg
最近やたらと視聴率が良い笑点でお馴染みの好楽師匠の手ぬぐいは着物と同じピンク色。今年のお正月に交換させていただきました。このブログに載せるにあたってお願いすると「どんな手ぬぐいだったっけ?」とデザインは他人任せで柄なんて覚えていない(笑)。


今回は以上です。

ああ~、くたびれた。13本紹介すると疲れるね(笑)。次回は...15本!?
ひぇ~っ!

投票方法はコチラ。


1 facebookページの投票フォームから投票。

facebookアカウントをお持ちの方は、下記のfacebookページ「噺家の手ぬぐい」から投票してください。各回1回、合計3本の手ぬぐいを選ぶことができます。投票ページからお気に入りの手ぬぐいを選んでポチッとするだけです。なぜ選んだのか、楽しいコメントもいただけるとさらに嬉しいです!そして2017玉の輔手ぬぐいの当選率も上がるかも??



2 メールで投票

こちらにメールをして下さい。
タイトルは「第6回噺家の手ぬぐい大賞その1」
本文に
 1 選んだ手ぬぐい
 2 当選した場合の手ぬぐい送付先〒番号、ご住所、ご連絡先
 3 お名前(郵便の届くもの、当選発表時に使いたいハンドルネームがあれば、それも併記して下さい)
 4(任意)ひとことコメント 
をお書きの上「hanashikanotenugui@gmail.com」にお送り下さい。


たくさんたくさんたくさんたくさんたくさんたくさんの投票お待ちしております!

............あっ、ああ~っ!!

ここまで書いて投票数が少ない理由がやっとわかりました!

「全投票者の中から抽選で2017年玉の輔手ぬぐいを10名様にプレゼントします!」って書き忘れたからだぁ~っ(笑)!

あげますよぉ~っ、手ぬぐい。




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。