2016年11月 1日アーカイブ

かじが小さく燃えてます❗

| トラックバック(0)
文左衛門改め三代目橘家文蔵襲名披露もこの国立演芸場での興行でおしまい、お疲れさまです。あともう少し頑張ってねぇ~っ!...と、他人事のようですが、わたしも三公演出ます(笑)。

前回紹介しましたが、この11月上席より新二ツ目が誕生いたします。はん治師匠門下柳家小はぜくん、三三さん門下柳家小かじくん、歌武蔵師匠門下歌むい改め三遊亭伊織くんの三名です。小はぜくん、小かじくんは鈴本演芸場、伊織くんは浅草演芸ホールからの御披露目です。あんまり気張らずにいきましょう!

今回は三三さんの一番弟子柳家小かじくん。働きぶりの評判が良かった小かじくんですが、二ツ目直前の浅草演芸ホールで自分の師匠の演った『禁酒番屋』を根多帳に『禁酒番番』って書いてました(笑)。

手ぬぐいはコチラ。

kokaji000.jpg
「高座で使えるような手ぬぐいを意識しました。デザインは自分です。手ぬぐい屋さんに『こんな感じで小紋を散らしてください』と大雑把に下書きをしたら、そのまま出来上がり大雑把な柄になりました(笑)」(本人)

あらそう?言われなければわからないよ(笑)。

『柳家小かじ』の文字は寄席文字の橘右楽師匠。寄席文字でない右楽師匠の字も味があって素敵。わたしも好きです。畳紙の寄席文字ももちろん右楽師匠。小三治一門の羽団扇の紋もかっこいい。


kokaji_tatou.jpg
小かじくんのしくじり話。
前座時代、ある落語会の楽屋入りがギリギリになって慌てて会場に着いたら、つのだ☆ひろさんのコンサートをやってた!会場を間違えちゃったのね(笑)。そんな小かじくんの抱負は「何事にも全力で取り組んでいきたい」とのこと。小かじだけに燃えてます!

...で、つのだ☆ひろさんにお茶出したのか(笑)?






月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。