2016年10月11日アーカイブ

何が出るかな?

| トラックバック(0)
ちょっと話は古くなりますが、9月4日(日)湯島天神におきまして日頃寄席にご来場くださっているお客さま、また落語ファンの皆さんへの感謝を込めまして落語協会謝楽祭が行われました。

天気予報では雨の確率が高く心配しておりましたが、
実行委員長林家彦いちさんの開祭宣言と共に陽が射すという奇跡!

入場者数18,000人。

...まあ主催者発表だからあてにはならない人数だけどね(笑)。でもホント大入でありがたい限りでございます。ありがとうございました。

毎年謝楽祭実行委員会なるものが作られイベントや細かいルールなどが決められていきます。今年の新たな試みはサイン帳付きガイドブックの販売をやめて簡単なパンフレットを無料で配ろうというもの。

全体図とイベントの時間割だけの簡単なものにしました。各店舗に置いて当日配った割にはかなり余っちゃった。皆さんが持っていったはずなのに何故?...主催者発表の人数がウソなの(笑)?

このパンフレットや宣伝用チラシを作る担当は手品のダーク広和先生
パソコンでシャカシャカっと作っちゃう...らしい。

で、手ぬぐいもパソコンでシャカシャカっとデザインした...らしい。

dark000.jpg
真ん中にいかにもという帽子にステッキ。そして両端には、手品手品手品手品手品手品手品手品手品手品手品...しつこいほどの手品(笑)。ホントは『手品』の文字を小紋っぽく見せたかったんだって。あまり小さいと型が彫れないと思ってちょっと大きめに。微妙な大きさで、まあ小紋というよりもやっぱり手品手品手品手品手品...だね(笑)。
でも、客席からみたら小紋に見えるかも?

それとも、手ぬぐいの中から鳩が出る(笑)?




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。