悲しきミジンコ

| トラックバック(0)
新真打の御披露目が五月中席の国立演芸場でやっと終わったと思ったらこの芝居から新二ツ目が誕生です。

今回は三人、花緑さんところの柳家圭花くん、圓丈師匠門下の三遊亭ふう丈くん、わん丈くんの二人。みんな前座の名前のまんま二ツ目に昇進します。それぞれ個性溢れた手ぬぐいばかりなんでお楽しみにぃ~っ!

まずは圭花くん。初めて楽屋入りした時にとにかく顔が怖かった。四回戦ボクサーのような、出来損ないのチンピラ風。...チンピラの出来損ないってスゴいね(笑)。まともな人間には見えなかったヨ。花緑さんはよくこんな恐ろしい顔の男を弟子に取ったねぇ、と思いました。まあ、実際はそんなことはなかったけど。

さてと、手ぬぐいにいきますか。...うーん、何じゃこりゃあ?の世界ですねぇ(笑)。で、何コレ?

keika02.jpg
keika04.jpg

「ヒヨコにも見えますが、ミジンコです。これからどんどん大きくなっていくようにと小さなヒヨコのようなミジンコ柄になりました。リアルなミジンコは怖いのでデフォルメして可愛い感じに仕上げてもらいました。デザインは友人で建築関係の仕事をしている嶋根琢也くんです」と本人。

「でもホントはこの意味は後付けで『私をイメージしてデザインしてくれ』と頼んだところこの柄になりました。高校時代に陰でミジンコと呼ばれていたので、そのイメージだそうです。水泳が苦手で飛び込む際に怖いから足から水に入る姿が、手がピョコンとなっているそうで女子達の間でミジンコとアダ名されてました。その事実は卒業後に知りました」

うーん、ミジンコかぁ。悲しいねぇ(笑)。
ガンバレぇ、柳家ミジンコ...じゃなかった圭花!

で、ミジンコってなんだっけ?
成長すると、なんかに変わるの?と楽屋で話をしてると

「いやぁ、ミジンコはミジンコのままじゃないですか」
「そうなの?ボウフラが蚊になったりするみたいに変わらないのかなぁ?」
「あんまり聞いたことないですよ」
「大きくなってもミジンコかぁ?」
「大きくなったらビックミジンコですよ!」

...楽屋ってバカばっかだね(笑)。ビックミジンコ発言は太神楽の翁家和助くんネ。検索したらミジンコはどこまでいってもミジンコのまんま。メダカの餌ですってヨ。ますます悲しいなぁ。

圭花、お前の真打名は決まったゾ。

命名『柳家ビックミジンコ』

圭花くんは五月下席鈴本演芸場の昼の部に出演してますのでよろしくお願いいたします。

ここで、玉の輔情報ッス!六月下席池袋演芸場昼の部の主任が決定しました。二ツ目昇進の圭花くんとふう丈くんも出てるよ。


tamanosuke06-1.jpgtamanosuke06.pdf

ダウンロード、コピーでも割引きになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/273




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。