2016年5月11日アーカイブ

落語協会、落語芸術協会、両協会新真打の手ぬぐいも前回で紹介し終わり、...あっ、まだ御披露目は続いてますけどね。落語協会はこの芝居の国立演芸場まで、芸術協会は末廣亭が終わって今日から浅草演芸ホールです。もう少し頑張ってくださいねぇ。

さて、今回の手ぬぐいは噺家の手ぬぐいではありません。
噺家のデザインした手ぬぐいです。

『THE こども寄席』の手ぬぐいッス。この寄席は株式会社マゼル・ジャパンさんが主催する親子で楽しめる寄席です。手ぬぐいデザインは五明樓玉の輔、わたしです。以前にもこのブログで紹介させていただきました『THE こども寄席』の手ぬぐいがニューヴァージョンで販売中です。前回の注文では「柄を半分づつにして、切るとハンカチのサイズになるように」ということでこんなデザインに。

kodomoyose.jpg
会社名のマゼルに因んでスプーンとかき回した時にできる渦になっています。なかなかだね、と自画自賛(笑)。

で、今回の注文は「落語・講談・太神楽・紙切り・曲独楽・漫才・ジャグリングを柄に全部入れてぇ~っ」というむちゃぶり(笑)。とりあえず、やってみました。

まずは紙を切ってなんとなく形にしてみる。...うーん、イマイチ。じゃあ、タブレットに画を描いてみる。...うーん、コッチの方がいいかな。で、六種類の画を並べて手ぬぐいにしてみました。出来上がったのがコチラ。

kodomoyose201601.jpgkodomoyose201602.jpg上左から独楽(曲独楽)・扇子(落語)・和傘(太神楽)・ハサミ(紙切り)・釈台(講談)・クラブ(ジャグリング)・マイク(漫才)。まあ、こんなもんでしょう。二色作りました。『THE こども寄席』のロゴマークは前回わたしが作ったゴム印。この手ぬぐいは会場にて販売中です。...会場はどこかって?...ですねぇ。

THEこども寄席番外編個性派ぞろいでショウが行われます。


5月14日
 「落語界の奇才!?春風亭百栄による、古典VS新作落語 バトル落語会」

6月25日
 「紙切りあり、江戸曲独楽あり、紙芝居あり いろいろ色物ショー」

どちらも日本橋社会教育会館です。詳しくはTHE こども寄席ホームページまで。手ぬぐい販売中です!
kodomoyoselogo.jpg
↑↑↑↑↑↑
こども寄席ホームページはこちらをクリック





月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。