2016年2月アーカイブ

こだわりの醤油色?

| トラックバック(0)
のだぁゆきぃ~ ねぇ 心まで白く染められたならぁ~

レミオロメンの名曲『粉雪』のサビの部分を「のだゆき」にしてみました(笑)。

で、今回はちょっと変わった衣装と芸で寄席を彩ってくれている音楽パフォーマンスののだゆきちゃん。あっ、髪型も変だねっ(笑)。

寄席には無くてはならないのが色物さん。
東京かわら版の名鑑で調べたところ驚きの事実がっ!のいる・こいる先生、そしてアサダ二世先生はわたしが産まれた頃から芸人をやってる(笑)。そんな両先生方もわたしが入門した時は落語協会には所属しておりませんでした。

確かその当時色物さんは理事の師匠方の一門に入らないと落語協会に入会できない時代。とはいえ所詮、こんな世界のことだから大雑把だけどネっ(笑)。以前は事務局もいい加減で、前の事務局長が忘れて机の中にしまってあった入会希望のある色物さんの履歴書が出てきて、コレを新しい局長が発見!数年後に晴れて協会員になったなんてことも...。まあ、間に入った理事も忘れてたんだけど(笑)。

最近は真打の紹介があって理事会で履歴書を見せて通れば、手見せとして寄席の代演。そこへ理事が見に行って寄席の戦力になりそうであれば、まずは準会員に。その後だいたい一年くらいで協会員になれる。

しかし、のだゆきちゃんの時はちょっと違った。まだ小三治会長の時代で、かわいそうに「理事会で手見せしようじゃないか」みたいな感じになっちゃった。落語協会の二階で理事会をやる前にのだゆきちゃんがいつもの調子でリコーダーやピアニカを使って漫談開始(笑)。

わたしにはあんな勇気も根性もありません!でも、そこで認められて一年間の準会員期間を経て三年前に正会員になりました。おめでとさんでした。でも、あれ以来、理事会での手見せはありません。お互いいたたまれなかったんだろうねぇ(笑)。

さて、手ぬぐいです。名前にちなんだ雪、雪の結晶です。こだわりのないのが『こだわり』というのだゆきちゃん。特にこだわりはないようです(笑)。雪の結晶の柄にのだ(野田)で連想されるのが醤油。色が醤油色らしい?

nodayuki02.jpg

紺じゃん、コレ!

「わたしの中ではコレが醤油色なんです」と言い張る彼女。でもホントは作ってから自分の中で理屈付けしたんだって。しかも、千葉県野田市とは無関係の広島出身。そんなこだわりの手ぬぐいです(笑)。

最後に質問。理事会での手見せの感想は?

「全 然 覚 え て ま せ ん !」

そりゃ、そうだよね(笑)。

ビンゴ!

| トラックバック(0)
プロ野球のキャンプも終盤、いよいよ球春到来。

今年は前田健太投手がメジャーリーグに挑戦し、戦力ダウン必至の広島東洋カープ。しかし、最近のカープは黒田博樹投手の復帰やカープ女子なるファンの増加など話題の多い人気チーム。また、サンフレッチェ広島が昨シーズンJリーグで優勝。なんとここ四シーズンで三度の王者に輝いています。先月行われたリオ五輪アジア最終予選で大活躍した浅野拓磨選手もサンフレッチェ広島所属です。

で、今回は広島県出身の柳家ろべえクンの手ぬぐいです。

robe000.jpgrobe2016_00.jpg

思いっきり地元をPRしてます。左右がおめでたい紅白になっていて、下駄のイラスト。右上は裏側にして歯を強調。「雪駄じゃないヨ、下駄だよ!」をアピールしてるんだって。コレは地元の名産品の備後(びんご)下駄。『柳家ろべえ』の文字は切り絵になってます。お知り合いが切ってくれました。

それで左上は何? ろべえクンの産まれた福山市は今年市政施行100周年。手ぬぐいにもこのイベントの「ばらとコウモリ」のロゴマークを入れちゃいました。福山城は蝙蝠城と呼ばれていたことと市の花の薔薇を組み合わせたもので、このロゴマークは申請すると無料で使用できるんだって。あのくまモンみたいな感じかな。地元の落語会で販売したんだって。やるねぇ!

で、売れ行きはビンゴ(大当たり)だったのかなぁ~。

ちなみに福山市は岡山県との県境に位置しているので、ちょっと気取ったお買い物は岡山へ行くそうです(笑)。

使えねぇじゃん!!

| トラックバック(0)
ドドスコスコスコ...チィキショー、だっちゅうの!なんでだろう、...キレてないですよ。ワイルドだろ?ダメよぉー、ダメダメってそんなの関係ねぇ、残念!...間違いない。
悲しいときぃ~っ(悲しいときぃ~っ)一発屋で終わったときぃ~っ(一発屋で終わったときぃ~っ)

懐かしいような悲しいような(笑)。「3の倍数と3が付くときだけアホになります」で売れた世界のナベアツ...どこの世界なんだかわかりませんが、こちらも懐かしい。彼は現在噺家です。五年前、桂文枝(当時三枝)師匠に弟子入りして桂三度。本名『渡邉』の【渡】を偏と旁に分解して『三度』、すごい!

東京にもお笑い芸人から噺家なった者がおります。
舞台に大きな黒いバッグを持って登場し中から料理に使うお玉と下駄を取り出して「おったまげた」、炊飯器を五つ繋げて「ゴレン(五連)ジャー」などなど幼稚園レベルの駄洒落連発で、ちょこっと売れた末高斗夢。...覚えてます?...元々知らない(笑)!?

昔わたくしがレギュラー出演していた『笑点Jr.(BS笑点)』に何度もゲストで出てました。打上の飲み会にはたいがいゲストは出ないのですが、斗夢はネタの入った大きな荷物をいったん自宅へ持ち帰り、収録が行われていた横浜にぎわい座まで戻ってくる。われわれから「斗夢、戻ってこなくていいからな!来てもお前の席ねぇぞっ」といじられても毎回打上参加(笑)。

そんな調子なんで先輩芸人やスタッフからも可愛がられる。この男、何を思ったのか2011年夏、好楽師匠に入門しました。前座名を『三遊亭こうもり』、一昨年二ツ目に昇進して現在は『三遊亭とむ』で噺家を続けています。入門して何度か顔を合わせてはおりましたが、今年の正月、好楽師匠の寄席『池之端しのぶ亭』で久し振りに会って手ぬぐいを交換しました。それがコチラ。

tom.jpg

似顔絵は『ろくでなしブルース』や『ROOKIES』の作者で大人気漫画家の森田まさのり先生によるもの。森田先生は『べしゃり暮らし』というお笑い芸人の漫画も描いていて、とむクンの落語会にも足を運んでいるんだって。

両脇には元芸人でグラフィックデザイナー原田専門家さんによる『パ紋』。家紋を個人向けに作っているんだって。どうやらパーソナル家紋を略してパ紋らしい。なんととむクンのパ紋には携帯電話のナンバー。ホンモノの番号らしい。こんなのブログに載せてもいいのかよ?!尋ねると本人曰く「大丈夫ッス。仕事の依頼とかありますし、いたずら電話もネタになりますから」...ホントかよ。本人の許可を得たのでこのまま乗せました(笑)。

わたしもこの番号に掛けてみました。

「こちらはお留守番電話サービスです。ただいまお留守番電話サービスの蓄積を停止しております」...だって。使えねぇじゃん(笑)!!


初物尽くし

| トラックバック(0)
今回は紙切りの林家楽一くん、正楽師匠の一番弟子です。

落語協会の会員になったのは、ええ~と、...東京かわら版の『東西寄席演芸家名鑑』で調べてみる。これは便利なもので、お客さん用なんだけどわれわれにもたいへん役立つ(笑)。...ん、出てない?

あっ、楽一くんが協会員になったのは...今度は落語協会のホームページを閲覧。へぇ~っ、去年なんだぁ。林家楽一くんが落語協会の正会員になったのはなんとこないだ、平成27年11月です。でも、準会員時代に寄席の代演にかなりの数出ていたので楽屋ではしょっちゅう会ってた。ということは今年が初めてのお正月だったわけだねぇ。手ぬぐいはコチラ。

rakuich00.jpg
柄は籠目(かごめ)。籠目は竹などで編んだ籠の網の目、またその連なった格子状の編み組で、連続した文様は魔除けの効果があると言われる縁起の良いものです。芸人でも籠目の柄の手ぬぐいは多いねぇ。真ん中には大きな鋏と...?これは紙。紙が二枚です。鋏と紙で紋になっています。

楽一くんの着物にはこの紋が付いています。なんとこの紋は当代正楽師匠が考えたんだって!初耳です。シンプルだけどこれなら、紙切りってすぐにわかるネ。

実は楽一くん、芸歴は古い?正楽師匠のところに入ったのは2001年四月というからこの春に真打になる五人よりも早い入門。今から十五年前の学生時代、正楽師匠の紙切りを見て感動した楽一少年は師匠の元に「紙切りを教えてください」と訪ねていったんだそう。勇気あるね(笑)。『馬』の見本をいただいて練習したんだってサ。

こんなことを繰り返しているうちに、いつの間にか『楽一』という芸名が付いてた。この頃は大学を卒業してアルバイトをしていたというから紙切り芸人として生きる覚悟はできてた。すごいのは師匠に言われて行った一番最初の仕事。あるイベントで圓菊師匠といっしょだったんだってサ。端っから圓菊師匠とは濃いねぇ(笑)。

協会員になってまだ日は浅いけど毎芝居のように寄席に出演しているので皆さんもこれから楽一くんを見かけると思います。鋏を持つ姿はちょっと犯罪者っぽいけど(笑)、よろしくお願いいたしますねぇ~っ!




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。