2015年10月 1日アーカイブ

九月下席鈴本演芸場の昼の部は三遊亭金馬師匠の芸歴75周年記念興行が行われました。75周年?...75周年ってどういうこっちゃ?
平均寿命じゃああるまいし(笑)。

金馬師匠は小学校を卒業して三代目金馬に入門。現在86歳です。今年の二月、浅草でトリを取った楽日には『芝浜』演って打ち上げで焼肉(笑)。ホントお元気です!

金馬師匠の逸話で好きなのは、ラジオで腹話術。...ほんまかいな?師匠は昔、余興で腹話術をやってた。それをラジオの生放送でやったらしいのです。

こんな噂話、ホラに違いない!師匠に確かめたら「やったんだよ」...だって。ラジオで腹話術!?...なんじゃい、そりゃあ(笑)。

で、今回の手ぬぐいはこの金馬師匠...ではなく、ご子息の三遊亭金時さん。金馬師匠の次男で二番弟子です。まあ、わたしとはいっしょに前座修業をし、またいっしょに真打に昇進した仲。良く遊びました。二ツ目時代には悪さもしましたが、ここでは書けないことばかり(笑)なんで、さっそく手ぬぐいの紹介します。

kintoki01.jpg
紗綾形に『喜』『楽』。

【紗綾形】卍(まんじ)を斜めに連ねた連続模様。中国の明から輸入された紗綾(さや)という絹織物使われた文様で、端正で品格のある雰囲気から皇族・武家に好まれた。不断長久(絶えることなく長く続く)という意味があって繁栄や長寿を願うもの。

とにかくおめでたい柄におめでたい文字。縁起の良い手ぬぐいです。

『喜』『楽』の文字はデザイナーさんのものですが、デザインの仕事をする方が書いただけに収まりが良い。『三遊亭金時』の文字は金時さんが書道を教わっている先生によるもの。さすがです。色も落ち着きがあって使い勝手が良い手ぬぐいに仕上がりました。

さて、次回からは新二ツ目手ぬぐいです。11月上席から新しい二ツ目が四人誕生します。おめでとさん。わたしの大好きなあの娘も昇進です!お楽しみにぃ~っ。




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。