出る杭は打たれちゃえ!

| トラックバック(0)
まずは、コチラ。

tamanosuke201505final.jpg

↑↑↑↑↑プリントはこちら↑↑↑↑↑

5月21日(木)からです。よろしくお願いいたします!

三月からずーっと続いた御披露目手ぬぐいも一段落と思っていたら今度は...。五月下席から我が落語協会に新しい二ツ目が誕生いたします。今回は五人。木久扇門下林家けい木クン、市馬門下市助改め市童クン、花緑門下の花どん改め吉緑クン、さん喬門下さん坊改めやなぎクン、そして紅一点正蔵門下なな子ちゃんです。順番に紹介していきます。

初っぱなはけい木クン。実家は小川町の居酒屋さん。小川町ったって、千代田区神田小川町じゃない。埼玉県の小川町です。東武東上線小川町駅から歩いてすぐにある平井商店。けい木クンのお父さんとおっぱいの大きなお母さんが出迎えてくれます。

わたしもゴルフ帰りに寄ったことがあります。お店で「玉の輔師匠の『噺家の手ぬぐい』を見ました!」と言ってください。先着30名様にはおっぱいの大きなお母さんが「あら、そうですかぁ。...で?」と愛想良く答えてくれます(笑)。

さて、手ぬぐい。一門お馴染みの木久扇師匠による画です。今回はコレ。この画はNHK『日本の話芸』の挿し絵として使われていたもの。木久扇師匠の代表作のひとつです。

keiki002.jpg
keiki00.jpgのサムネール画像


「オリジナルが描かれたのは三十年以上前ですが、今回は手ぬぐいのために原作を元に再度描いてくださいました。有名な画なのでわたしもそうなるようにと願いを込めてくださったそうです」(本人)

なるほどなるほど。

けい木クンは芸達者です。落語協会の寄合の余興でも先輩芸人の形態模写でたくさんの御祝儀をふんだくったほど(笑)。二ツ目になるにあたって抱負を聞いたところ

「出る杭になることです!型にはまるのが苦手なんで、生意気でバカだなぁあいつって言われるくらいに...」

うーん、わたしがいっしょに前座修業していた頃の林家たい平さんに良く似てる。おんなじ埼玉県人だしネ。出る杭が打たれ過ぎて潰されない程度に頑張ってください。キミなら出来る!売れっ子芸人になってお仕事ちょうだいネ。

けい木クンは五月下席より鈴本演芸場昼の部に出演中です。

kinjirusi20150311.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
園芸家柳生真吾さんが2日咽頭がんで亡くなりました。享年47歳でした。

具合が良くないことは知ってました。けど、まさか......です。

次回の八ヶ岳倶楽部の落語会は泊まりで、なんて言ってたのに...。

最後に顔を合わせた...合わせたと言っても高座から確認しただけだけど...。去年九月、わたしの鈴本演芸場の主任の芝居に差し入れを持って訪ねてくれました。

楽屋入り前だったので会えませんでしたが、高座からは真吾さんの姿がわかった。『佐々木政談』演ってて間違えた日(笑)。
メールで間違えたことを伝えると「ぜんぜんわからなかった。面白かったヨ」って...。

今回の玉金は東日本大震災の時に真吾さんとコラボレーションして作った手ぬぐいです。スイセンのものは真吾さんの画をわたしが手ぬぐいにしました。

shingo_suisenA.jpg
suisenA003.jpg
suisenB003.jpg
suisenA_zentai.jpg

    
...合掌。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/236




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。