いつ行く?

| トラックバック(0)
楽屋に女性が多くなりました。前座の女性率は以前より少し低くなったものの、二ツ目に多い。二ツ目になっちゃうとずーっと楽屋にいるわけではない。あ〜っ、やっぱり楽屋に可愛い女の子がいると楽しいなぁ。...何しに寄席行ってんだよ!って、感じですが...(笑)。

さてさて昨年暮れ、落語協会に新会員が入りました。漫才と三味線漫談です。みーんな女性です!

姉妹漫談のニックスさんと三味線漫談の林家あずみちゃん、もう寄席に出てるんで皆さんよろしくお願いしますねぇ〜!

で、今回は林家あずみちゃんの手ぬぐいを紹介します。

あずみちゃんは林家たい平さんのお弟子さん。元はバラエティータレントです。京都出身で上京して太田プロ所属。温泉レポーターとかもやってたんだって!今度いっしょに行こ、リポートしなくていいから(笑)。タレント時代にたい平さんが出演していたラジオ番組の中継レポーターをしたのがきっかけなんだってサ。

寄席にハマったあずみちゃん、三味線漫談の小円歌お姉さんを観て「わぁ〜、ステキっ!!わたしもやってみたいわぁ〜」。たい平さんに相談したところ、長唄の師匠を紹介してもらってお稽古開始。何を血迷ったのか「一生の仕事にしたい!」と思っちゃった。「本気ならボクの弟子にしてあげるヨ」とたい平さん。2010年林家あずみの誕生です。一生懸命に付き人したり、もちろん三味線のお稽古も頑張って2014年暮れにめでたく落語協会の性会員...いや正会員になりました。玉の輔協会の会員も募集中です(笑)。

あずみちゃんはとにかく可愛い!美人系?ちょっと好みです(笑)。いつもニコニコニコニコ笑ってる感じ。やっぱり明るいのがいいネ!!楽屋入りはたいがい着物。コレが残念だねぇ〜。南国系の顔立ちだし、褐色の肌にはビキニが似合う。今度いっしょにプール行こ!なんのこっちゃ(笑)。

あずみちゃんの手ぬぐいは三味線。今年のお正月に間に合うように作りました。武蔵美出身のたい平さんのデザイン。いいネ!!白地に紺でシンプルだけど、さすがたい平さん、構図が素晴らしいッス!!このタイプの手ぬぐいは微妙な感じになりやすいけど、ステキに仕上がりました。ヨガったネ...いや、良かったネ、あずみちゃん。

「いつか自分の弟子の手ぬぐいをデザインしてあげたいと思っていました。やっと夢が叶いましたが、じっくり考えようと思っているうちに時間がなくなり満足の出来ではありませんが、真心だけはおもいっきり込めて作ったつもりです。色は手ぬぐいの原点に返り白地に藍で清潔感を表現したつもりです」とたい平さん。

azumi001.jpg
IMG_0011_2.jpg

で、いつ行く...プール?



kinjirusi20150101.jpgのサムネール画像のサムネール画像
またまたオーダーメイドしましたぁ〜!雪駄です、二度目ッス!!

我々噺家に雪駄はつきものですが、まあ着物姿で仕事に出掛けるのはお正月くらい。ですから雪駄で出歩くってあんまりないのです。実際、雪駄で歩くと疲れるしネ(笑)。定席の寄席では楽屋に入ると畳なんで履かない。では、いつ履くのか?寄席以外の仕事が主...かなぁ〜。都内の落語会とか地方公演だとか、そんな時には雪駄を持って行く。意外と雪駄ってかさばるし、できる限り持って行きたくないのです(笑)。持って行き忘れて後輩のを借りたりするくらい(わざと?)。

でも、好き!!新しい、かっこいい雪駄が欲しいのです!

以前、菱屋カレンブロッソでエイ皮の雪駄を作ったことを紹介しましたが、今回も作っちゃいましたぁ〜!

20150227_111422.jpg
実はいただいた鼻緒があったので台と底を選びます。前に作った時は台の形が一種類だったのですが、三種類に増えていた。定番の型・ちょい悪トンガリ型と長方形。ちょい悪トンガリ型にしようと考えていたのですが、サンダルっぽかったので、長方形にしました。いただいた鼻緒に合わせて色を選びます。やっぱり派手なのがいい!!

で、やっちゃいました!ド派手なピンクっす!!林家ペーかっ?!

お正月の楽屋で間違われないヨ、絶対に(笑)。

さて、どこで履こ??


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/229




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。