手ぬぐいもお盆休み?

| トラックバック(0)
全国的に天候不順で各地でたいへんな被害をもたらしたりと、異常気象が続いております。東京もゲリラ豪雨などスゴいことになってますが、こんな事態の為にと購入したクロックスの長靴や驚異的な長さの折り畳み傘は活躍する場面は未だ無し。だって、急に降り出すんだもん、長靴履いて出掛けたり大きいだけに重量感ありすぎの折り畳み傘は持ち歩けないのです。うーん、どうしたもんでしょ?...って、感じです(笑)。

世間的にはお盆で休みを取った方も多いはず。...で、わたしも夏休み。

手ぬぐいと玉金はちょっとお休みをいただいて今回は噺家の大切な大切な小道具、扇子のお話し。

われわれが高座の上で使えるモノと言ったら扇子手ぬぐい。まあ、中には反則の飛び道具を駆使して上がってるた者もおりますが...。実はわたしもそんな時代がありました(笑)。圓生師匠に見られたら「テヘヘ、いけやせん」と一蹴されたことでしょう。

扇子は煙管や刀、釣り竿・筆等などに変身したり、開いて手紙、また戸を叩く場面では音をたてる時にも大事なアイテムです。

今回は『噺家の手ぬぐい』番外編、『噺家の扇子』です。

実は扇子なんで扇面に名前と紋が入るくらいで、あんまり変わり映えはしない(笑)。真打昇進時に配るために作りますが、それ以外ではこしらえない。また、消耗品ではあるけど、年に何本も壊れたりするものでもないしねぇ...。こないだ実家の押し入れからたくさん出てきたので、面白いモノを紹介します。

20140814_225826.jpg
まずはわたくし玉の輔。二種類作りました。
楽屋に配る用(左)は木札に寄席文字、
右の煤竹扇子は京都の宮脇売扇庵製。

20140814_223217.jpg
たい平さんも宮脇売扇庵の扇子ですが白竹。
鯛は武蔵野美術大学出身の自身が描いてます。

20140814_224617.jpg
何故か家にあった志の輔兄さんのもの。
猿・子供・噺家の当人の似顔絵。うーん、派手だね(笑)。
高座では使いにくい扇子です。

20140814_222633.jpg
木久扇・木久蔵W襲名に配られた扇子。煤竹と白竹の二本組。

20140814_223634.jpg
きく姫ちゃんのです。
なんと扇のスソの部分がピンク!女の子してます。
名前の上の似顔絵は石ノ森章太郎先生によるもの。

20140814_223443.jpg
白鳥&彦いち。新作派っぽい扇子です(笑)。
でも彦いちクンのは光琳蔦が描かれてます。

20140814_223717.jpg
昇太兄さんの芸術祭大賞受賞記念の扇子。
扇面左上にクラゲが二匹、かわいいネ。
右側に名前は珍しい?
でも、昇太兄さんって芸術祭大賞を獲ってたんだ(笑)。

20140814_222806.jpg
二代目三平クンが真打に昇進した時の扇子。
赤塚不二夫先生です!!
夫婦でバカボンパパとハジメちゃん。
何故、バカボンじゃないの(笑)。浅草の文扇堂製。

20140814_223550.jpg
そしてコチラが三平を襲名した時のモノ。
『どうもすいません』がいいネ。誰の字かなぁ?

20140814_233101.jpg
平成七年て書いてあるから、確か先代小さん師匠の人間国宝認定の時、
落語協会から配られた扇子。
小さん師匠の絵、素敵です!!

20140814_230000.jpg
真ん中が普通の大きさ。右は夫婦の女性用。
そして左は歌武蔵兄さん用。デカっ(笑)!!


いかがでしたか、『噺家の扇子』?あんまり変わり映えしないなんて言ったわりにはいろいろあったねぇ〜(笑)。たまにはこんな企画も有り??

次回からは通常通りです。

前回お知らせした通り、九月中席は鈴本演芸場昼の部主任(12日は玉の輔休演)です。ウチの師匠も出演(14・15・20日休み)します。是非ともご来場ください。このチラシのコピーで割引になります。

flyer.pdf ←ダウンロードはこちらからどうぞ。

flyer.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/210




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。