2014年7月21日アーカイブ

目白の師匠と言えば先代小さん。目白の総理と言うと「まあ、このぉ〜...」と誰もが物真似をした元総理大臣の田中角栄、真紀子さんのお父さんです。わたしが子どもの頃の総理で当時テレビに映っていた角栄さんは、ダーティーなイメージしかなかった。

子どもながらも「絶対この人悪いことしてるよな」と思ってた。まあ、実際にしていたのだけど...。以前、うちの師匠が「総理、御食事券です」と言われた角栄さんが『御食事券』と『汚職事件』を勘違いして激怒したっていうネタをやってた(笑)。

なぜ、いきなり田中角栄??

家の片付けをしていたらシミだらけの汚い手ぬぐいを発見!!
小さん・圓遊・圓生・文楽・正蔵と大御所のサインが入っていて『角栄落語名人会』としてある。放送毎週日曜日午後10時15分より45分まで、提供角栄建設。角栄建設??田中角栄さんの会社?なんかいっぱい談合とかやりそうな建設屋だなぁ〜?と勝手に想像を働かせる。

meijin02.jpg

でも、落語会なんかやってたんだ。角栄さんやるぅ〜!...で、調べる。結果、この角栄建設と田中角栄は全く関係無し(笑)!当時会社が角地にあったのと、創業者の角田さんが益々栄えるようにと名付けたんだって。二度の倒産があって現在は社名変更してる。...栄えなかったのネ(笑)。でも落語会のスポンサーになるなんてなんて粋な社長さん。こんな企業はもうないネ。残念!

『角栄落語名人会』...いつ頃の番組なんだろう?

ちょっと調べたところ、八代目桂文楽『夢の酒』1967年8月(東商ホール)、TBSラジオ1967年9月放送...というのが出てきた。今から四十七年前、それぐらいにやってたラジオ番組。そりゃあ、手ぬぐいも汚いわけだ(笑)。手ぬぐいって染めていない部分、白地のところが焼けて茶色くなっちゃう。まあ、それ以外にもシミだらけだけどネ。

確か、知り合いのそのまたお知り合いからいただいたもの。歴史のある手ぬぐい、ありがとうございました。

kinjirusi20140721.jpg
我が家は、ずーっと讀賣新聞です。実家が讀賣だったので自分もとってる。ウチの祖父はアンチジャイアンツであったのだけど、どういうわけだか讀賣と報知新聞まで愛読してた(笑)。

新聞って、慣れだから読みやすいほうが良い。毎日や朝日はわたしには読みにくい新聞なのです。現在は新聞をとらなかったり、朝刊だけなんて人もいるそうで...。チラシを見てるだけでも楽しいのにネ。読み方は、『まずはテレビ欄から派』です。...そんな派閥があるかはわからないけど。

次に四コママンガ。まあ、最終面から読んでいくので、一面にたどり着く頃には疲れちゃう。まあ、正確にはスポーツ面を越えたあたりからはめくってるだけだけど(笑)。四コママンガはオーソドックスなのがいいネ。

朝刊は『コボちゃん』(植田まさし)、夕方は『サンワリ君』(鈴木義二)。...『サンワリ君』はちょっと古いネ(笑)。終了してから十年経つんだってサ。ついこないだのようだけどネ。讀賣の夕方には鈴木義二さんが亡くなってからずいぶんと長い間、四コママンガがなかった。二年くらい前に犬のマンガが始まったけど、四コマの王道ではない。いわゆる起承転結ではないのかなぁ?まあ、読んではいるけど...。

日曜版にもマンガが連載されている。『猫ピッチャー』(そにしけんじ)って言う、二十三コママンガ。...二十三コママンガなんて言葉はないだろうけど、とにかく二十三コマで終わる。タイトルそのまんまで、プロ野球チームのピッチャーがなんと猫。ミー太郎という名前の投手が活躍する。

shinbun.jpg
讀賣日曜版。こんな感じの二十三コマです。


猫好きでもないしシチュエーションがくだらないんだけど、毎週楽しみに読んでいる。こないだ本屋に単行本が山積みされていたのでつい買ってしまった。ミー太郎がヨリウミニャイアンツに入団した理由、契約金や年俸がエサだったりと実にくだらない。でも、ほのぼのしていて何にも考えないで楽しめる。そして、感じたのが、二十三コマで毎回収めるすごさ?

neko01.jpg
ユニフォームも着てないただの猫、ミー太郎。
飼い主のユキちゃん(15)に野球を教わりました。


四コマより二十三コマの方が難しいような、そうでないような(笑)。まあ、とにかく理屈抜きで面白い...わたしにはネ。秋に刊行予定の第二巻が待ち遠しい...かな?




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。