2014年7月 1日アーカイブ

朝之助×2<馬風師匠

| トラックバック(0)
今から三年前の春、東日本大震災が発生しました。未だに風評被害があったり、先日の慎太郎さんの息子さんが心無い発言をしたりとまだまだ元の生活に戻るめどがたたないような東北地方。

以前に書きましたがわたしは2011年3月11日二度目のたいへん大きな余震のとき池袋演芸場の高座におりました。寄席が地下にあるのと揺れがものすごかったため、わたしは独断でお客さまに帰ってもらうことにしました。皆さん怖かったのでしょう、すぐに納得してくださり客席を立ち上がって出口へ。

そのとき木戸のお姉さんが「お客さま、本日は申し訳ございません。次回無料でおいでいただけるようにチケットの半券にスタンプを捺しますので...」と言われた瞬間、逃げていたお客さんがキレイに一列に並んだ。何が大切なのかわからなくなりました(笑)。

14時46分の地震のとき、高座にいたのは川柳師匠でした。いったん師匠に楽屋に下がってもらってお客さまを落ち着けたのは圓太郎兄さんでした。冷静に客席を静めて、前座の一力くんにムチャ振り。

「一力っ、今の地震と掛けまして...」...驚いた一力クン、「......えっ〜?」とか言いながら即答。「川柳師匠の高座を聞いたお客様と解く」そのココロは?「どちらも揺れています」。一瞬、間があって拍手がパチパチパチパチ...。でも、よく考えてみると上手くもなんともない(笑)。

まあ、いきなりにしては早かったけどネ。

そんななぞかけ男、一力くんがこの度二ツ目に昇進です。一朝師匠のお弟子さんなんでわたしとは従兄弟にあたります。新しい名前は今の柳朝さんが付けていた朝之助(ちょうのすけ)。ということは七代目柳朝を狙ってる(笑)。

この朝之助くん、顔が異常に小さい。たぶん馬風師匠の半分以下の大きさ(笑)。で、顔が小さいのにお洒落です。...って、顔の大きさとお洒落指数は関係ないのですが...(笑)。なので手ぬぐいも期待大っす!

渡された手ぬぐいの畳紙からはみ出る水色。コイツを引き出すと出てきたのは縞模様、しかもかなり大きめ。うんうん、このお洒落小顔なかなかやるのぉ〜。縞模様に見せかけておいて、広げると何かの画になっているに違いない!縞模様と言えば虎?...でも色が...。ワクワクしながらちょっと開く。ん、まだ縞模様だ。なるほどぉ〜、まだ期待させるのネ...とドキドキもうひとつ広げてみる。うーん、まだシマシマしか出てこない。あれっ、もしかして、ボーダーですか?

chounosuke00.jpg
「ボーダーが大好きなのでこの柄にしました。夏なのでこの色にしました。」(本人)

そういやぁ〜、いつもボーダー柄シャツ着てたような...。手ぬぐいの柄に縞模様は定番だけど、ここまで太い縞は珍しい。色が色だけに爽やかな、まるでスポーツタオルのような手ぬぐいに。

『お洒落シマシマ小顔坊主』と名付けよう!!

chounosuketatou.jpg
畳紙と手ぬぐいの『春風亭朝之助』は一朝師匠の文字です。


kinjirusi20140701.jpg
早いもんでもう七月、子どもたちが待ちに待った夏休みもすぐそこです。宿題もあるけど、そんなもんそっちのけで海に山に川にと大いに遊びましょう!宿題の自由研究は...そう、昆虫採集!!トンボに蝉にカブトムシ、もちろんクワガタ。クワガタは種類が多い。

ノコギリクワガタ、オオクワガタ、コクワガタ。ヒラタクワガタなんてのもいたなぁ〜。でも人気があったのはなんと言ってもミヤマクワガタ。眼の下のエラ(?)が特徴でなかなか捕れない。捕ったりしたらそりゃあクラスの人気者。それくらいの価値があるのがミヤマクワガタなんです!

そのミヤマクワガタをゲットしました!!
場所は山梨県小淵沢駅のホーム。第一発見者は妹弟子のぴっかりちゃん。

その日は八ヶ岳倶楽部で落語会の仕事。八ヶ岳倶楽部と言えばクイズハンターでお馴染みの柳生博さんが標高1,350メートルの八ヶ岳山麓に家族と作りあげた自慢の森。今年二十五周年になるそうで、息子さんで代表の柳生真吾さんの協力で落語会が実現しました。

kobuchizawa.JPG
発見現場の小淵沢駅。駅前には鹿のオブジェ。


真吾さんとはいっしょに東日本大震災の復興支援手ぬぐいも作った仲です!レストランに会場を設営しての落語会、満員のお客さまでこちらも楽しく演らせていただきました。ありがとうございます。で、またよろしく!

打ち上げは柳生博さんにママさんもいっしょ。ママさんはなんと初代峰不二子。こちらも楽しく呑ませていただきました。次回は泊まりで行きます!

そして、その帰りに小淵沢駅のホームでぴっかりちゃんがクワガタを発見。捕まえてみるとコレがなんとミヤマクワガタだったのです!名前は発見者の命名で『くまお』に決定。ぴっかりちゃんは大のくまモンファンです。

kuwagata003.JPG
発見直後、ぴっかりちゃんの股間でもがくくまおクン!!


コンビニのレジ袋で持って帰り、仮の小屋を作ることにしました。大きめのタッパーウェアにパンチでたくさん穴を開けた紙で蓋をしてテープで固定して、その日は就寝。

kuwagata002.JPG
この左の隙間から逃走!!


で、翌朝。さて、くまおクンは元気かいな?と仮小屋を覗くと......
あっ、いない!!固定した紙の隙間を破いて逃走したのです(笑)。こりゃあ弱った、弱った。ベッドやソファの下、テレビの裏に冷蔵庫の後ろまで隅々を捜索するも発見できず、ネットで『クワガタ逃げた』で検索するとありました。おんなじ悩みを持つ方がた〜くさんいるいる(笑)。

結局、クワガタは夜行性なので懐中電灯などの小さな明かりでおびき寄せる作戦に決定。夜まで待つことに。しかし昼間、ソファに座ってのんびりテレビでゴルフ観戦していると耳元でゴソォと音が...。ソファの背に置いてあったボディバックを手に取るとなにやら黒い物体がわたしの腕にポトリ。びっくりして払いのけるとフローリングに落ちたのはくまおクン!!

いたぁ〜っ!!もう離さないぞぉ〜(笑)。
すぐに小屋を買いにホームセンターへ。もろもろ約3,000円で飼育セットを購入。

kuwagata001.JPG
こんなに買っちゃったヨ。

kuwagata000.JPG
ケース内はこんな感じ。ゴキブリじゃないヨ(笑)。


まあ、長生きしてもらいたいもんですなぁ。

しかしうちのベッドやソファの下、テレビや冷蔵庫の後ろはホコリだらけ。掃除のきっかけを与えてくれたくまおクンに感謝(笑)。




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。