ハジメちゃん

| トラックバック(0)
いきなりですが、赤塚不二夫先生のステキなエピソード。

編集者に大事な大事な『天才バカボン』の原稿をなくされてしまった時のお話。翌日が締め切りの状況でひたすら謝るこの編集者に赤塚先生がこう言いました。

「まだ時間がある。呑みに行こう!

すごいでしょ(笑)!!落ち込んでいる編集者を気遣っての一言でしょうが、なかなか言えないヨ、こんな台詞。まあ、凡人のわたしなら激怒だねぇ〜(笑)。しかも赤塚先生、呑んで帰ってから同じ漫画を書き直し「二度目だから、もっと上手く描けたヨ」だって。カッチョ良すぎる。こんな器の大きな人間になりたいネ!!

『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『もーれつア太郎』『天才バカボン』などなど、赤塚作品を漫画で読み、アニメ鑑賞した世代のわたし。中でも『天才バカボン』は強烈でした。登場人物がハチャメチャ。わけわかりません(笑)。その滅茶苦茶人間の中でまともなのがママとハジメちゃん。ハジメちゃんにいたってはピタゴラスの定理も解く天才赤ちゃんなのです。

だらだらと赤塚先生について書きましたが、今回の手ぬぐいはハジメちゃんです。ハジメちゃんと言ってもコチラは古今亭始ちゃん。志ん輔師匠のお弟子さんで六月中席より二ツ目に昇進しました...ふぅ、相変わらず手ぬぐい紹介までが長いねぇ(笑)。

hajime02.jpghajime04.jpg
「師匠が大まかにデザインしてくださいました。師匠同様の格子柄です。高座で使いやすいように、そしてお金のかからない柄にしました。畳んだ時、見えないくらいの部分を無地にして名前を入れました。畳紙の名前と古代文字の『寿』も師匠に書いていただきました。大きく赤い線からはみ出してみました。枠にとらわれない、という意味です」(本人)

志ん輔師匠の格子手ぬぐいはとってもステキだもんネ。わたしも良く使っています。


NEC_3432.JPG
▲志ん輔師匠の手ぬぐいはかなり大きめの格子。
 同系色の太い縞をを縦と横、二度に分けて染めるのは技術がいるんだって。



で、始ちゃんの名前の由来は?

『真打がスタートというけどそれは違う。もう勝負は始まっているんだ!』(志ん輔師匠)。それと一文字のインパクトと呼びやすさです」

ハジメちゃんは確かに呼びやすいネ。


川越から師匠宅の中野まで毎日通っていた始ちゃん。朝七時半に行かなくてはならない時には始発なんだって。たいへんだったねぇ〜。「遅刻に罰はないけど、凄く怖いです」だって。確かに怖そうだね(笑)。

あっ、『始』は始発の意味?!


この六月中席より、四人の新二ツ目が誕生しました。順番に紹介しますネ!!



* * * * *

お知らせです。
6/28土曜日、玉の輔師匠とぴっかり☆ちゃんの落語会があります。
まだまだお席がございますので、皆様是非お運び下さい。
場所は八ヶ岳倶楽部です。
標高1350m!気持ちのいい空気の中で、
お二人の落語を聞いてみませんか?

森の中の落語会.jpg


kinjirusi20140501.jpg
とうとう関東も梅雨入り宣言しました。平年より三日早いようですが、あまり実感はわきません。まあ、よっぽど早いか遅いかじゃなきゃ、二〜三日って言われてもねぇ〜(笑)。

雨は好きじゃないです。靴は染みるし、パンツには道路で汚れた雨水がはねる。今年の大雪で買ったクロックスの長靴はあるけどねぇ、よっぽどのゲリラ豪雨じゃなきゃあ履かない。だいたい傘を持つのが嫌いなのですヨ、邪魔でしょ。濡れた傘で電車に乗るのが嫌。無神経な人間は滴を払わずに平気で乗車。ばーか...って、感じ。

わたしはよほど強く降り続かない限りは折り畳み傘。かなりコンパクトなモノを使っています。軽くてかさばらないのが売り。しかし持ち歩きには最適だけど、急な大雨には頼りない。また、この季節はゲリラ豪雨がある。なんか、良い折り畳み傘はないかなぁ?

で、ありました、コレはすごい!

NEC_3431.JPG
ちょっとこの大きさの違いわかる?!

何がすごいのかって大きい。それも異常に(笑)!!なんたって親骨の長さが70センチです。まあ70センチと言われても実感がわかないとは思いますが...。とにかくものすごい大きさなのです。折り畳み傘界最大だね、きっと。なにしろ普通の傘のビッグサイズくらいあるのです。「イヤぁ〜、こんな大きいの初めてぇ〜!!優しくさしてぇ〜」...って女の子が叫んだくらい(笑)。折り畳みにしては少し重いけどネ。上野松坂屋のセールで3,000円で購入。紺地に青いステッチが入ってちょっとだけ『おされ星人(by松田翔太)』です。

NEC_34300.jpg
ステッチが二重◎


でも、やっぱり雨とサッチーは好きになれません(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/203




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。