2014年4月11日アーカイブ

「嫌だい。だっておとっつあん...」

| トラックバック(0)
何じゃこりゃあ〜?!

shinko000.jpg
訳わかんねぇ〜!

名前も無いし、縦なんだか横なんだか、表なんだか、裏なんだか??

まあ、手ぬぐいの折り方を見れば表裏はなんとかわかった。さて、問題は縦に見るか、横に見るのか?...ん?上下もわからない(笑)。とにかく本人に聞くしかないネ!

デザインしたのは本人。...あっ、本人というのはこので度真打に昇進した志ん公改め五代目古今亭志ん好さん。シンコウからシンコウです。

わたしが前座の頃、先代の志ん好師匠がいらっしゃいました。明治生まれの師匠です。当時、寄席には予備制度というのがあって高座には上がらないけど顔を出すとワリ(給金)がもらえる。

たいがいは一門の二ツ目がこの予備に入るんだけど先代の志ん好師匠ともうお一方勝太郎師匠がこの制度で寄席に入っていた。勝太郎師匠はワリを取りに来ない。だからお会いしたことは一度もない。...あのワリはどこへやら。たぶんあの当時のものすごく悪〜い事務局長の懐だな(笑)!!

そんなことはいいけど、志ん好師匠。必ず寄席に顔を出してワリを受け取ってわれわれ前座に1,000円づつくれた。帰り際に必ず「頼むよぉ〜」と一言。
懐かしい思い出です。

そんな昔話は置いといて、五代目志ん好さんの手ぬぐい。この訳わからん模様のようなモノは『志ん好』の文字をデザイン化して紋のようにした形なんだってサ。よくわかんないけど縦に見るとなんとなくわかる...ような気がしなくもないこともない(笑)。

Sketch6015129.jpg
わかった?
まあとにかくコレで志ん好です!!五代目なんで五つ繋がっています。あえて名前は入れなかったんだって。ずいぶん長い間、業者のデザイナーさんと打ち合わせして出来た渾身の作品。色は香色(コウイロ)。シンコウのコウから選びました。香色とは、丁子(クローブ)などの香料の煮汁で染めた色。またはそれに似せた色なんだって。

面白かったのは調べたモノによって微妙に違う。「赤みを帯びた明るい茶色」と「黄色みを帯びた薄赤色」...結局は同じ色にたどり着くんだけどね(笑)。志ん好さん、いろいろ考えているねぇ〜。

志ん好さんは強面。出で立ちもたいがい黒いスーツ姿。ちょっとまぬけなゴルゴ13...TIMのゴルゴ松本似かな(笑)。そういえばたい平さんもゴルゴ松本に似てる。こないだテレビ番組を観てたらたい平さんが出てた。「あっ、たい平......ん...違うヨ、ゴルゴ松本かぁ?...ん、それも違うぞ?」よく見たらただの素人さん(笑)。けっこう似た顔がいるもんだね。

こちらのゴルゴ志ん好は噂によるとかなり乱暴者らしい。古典落語『堀の内』に「金坊、おとっつあんといっしょにお湯行っといで」「嫌だい。だっておとっつあん逆さまにお湯入れるんだもん」という台詞があります。これが志ん好一家では「おとっつあんといっしょに出かけておいで」「嫌だい。だっておとっつあんすぐ首絞めるんだもん」...ちょっとこりゃあDVじゃねぇかぁ!?こんな志ん公さんに去年二人目のお子さんが生まれたらしい。披露目中に新聞沙汰は勘弁してネ(笑)。※この話はノンフィクションです!!

志ん公さん他、真打披露興行の情報は落語協会ホームページをご覧ください。



20130721kinjirusi.jpg
「ものは器で食わせる」。

古典落語『時そば』のフレーズです。

器がステキだと美味しそうに見える。確かにそうだねぇ。食器って大事。見た目で味が決まってくる。コレは食べ物だけじゃあない、お酒もそう。特に生ビールなんか居酒屋で生ぬるそうなジョッキで運ばれてくるとガッカリする。キンキンに冷えてるジョッキだとよだれが出る。やっぱ見た目だね。

ウチでもビール用グラスを冷凍庫に入れてある。伊勢丹で確か7〜8,000円で購入した錫のグラス。コレをずぅーっと愛用してたのですが先日ちょっとステキなガラスのコップを買いました。コイツが良い!そんなに薄手ではないけど透明感があって冷やしてビールを注ぐと...ぷふぁ〜っ、たまりません。その名も『THE  GLASS』ちょうど良い大きさと当たりの良い飲み口。耐熱ガラスなんで電子レンジもOKなんだってサ。三種類ある中でも真ん中のサイズ、TALLを購入。350mlでビールにはぴったり。確か1,200(+税)だったかな?最高のコスパです。

NEC_3295.JPG
どう?ステキでしょ〜!言うことなしです!!


焼酎を呑むのはコレ。やはり伊勢丹で買いました。灰色にヒビの模様に一目惚れ。大好きな一刻者をロックでグビーっ。わたしはロッカー、矢沢永吉です(笑)。

NEC_3297.JPG
高そうな器に見えるけど、案外安かった!
ヒビの入り具合がグッドです!!


そして、コレ。なんとバカラです。しかも名前入り。いただき物です。御徒町駅高架下『金魚』のママさんからの誕生日プレゼント。去年手ぬぐいをデザインしたあのお店です。誕生日は一月なんだけどいただいたのは二月(笑)。

NEC_3296.JPG
この写真を撮影中に発見したことがありました。
このアルファベットはBaccaratと同じ書体なんだねぇ〜。


「玉の輔さん、楽しみにしててよ。バカラでグラスに名前を入れてもらってるから、もう少し待っててネ。TAKESHIって入れたから」「...?...ママ、オレTAKASHIだよ(笑)」「ええ〜っ!!」こんなやり取りがあったけどなんとか間に合ってTAKASHIで届きました。日本酒はコレでうぃ〜っ!!

どれもステキな仲間です!!




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。