『第三回 噺家の手ぬぐい選手権』と松陰先生

| トラックバック(0)
早いもので師走。『師走』の語源は諸説あって詳しいことはわからないんだって?一説に師僧(=師匠の僧侶)が馳せる月だから「しはせ→しわす」なったという説があります。

そんな師走直前に山口県萩市の松下村塾に行きました。確か三回目です。はなしかクンは初めてなので連れて行ってあげました。

1201_hanashika.jpg
松下村塾で記念撮影。
ここでみんな悩んで大きくなったんだね。


実はわたくし、恥ずかしながらこの松下村塾というのは松下幸之助が作ったものだと信じておりました(笑)。こんな勘違いって、誰にでもあるよネ!!
...一斉に「あるわけねぇだろ!!」と突っ込みが入りそうですが...。

松下村塾には高杉晋作や伊藤博文、山形有朋などなどたくさんの歴史の教科書に出てきたお偉いさんが学びました。すごいぜ、松陰先生!!

そんな日本を支えてきた人物たちの師、松陰先生も忙しく馳せた12月。今年も終わりだねぇ〜...しみじみ。

僧僧...いや...そうそう、再来年の大河ドラマは『吉田松陰の妹』なんだって。井上真央ちゃんが演じます。ちなみにこの文頭の僧僧は師走の一説の師僧の僧とかかってるんだけどネ(笑)。

ここまで手ぬぐいとはまったく関係ない情報でした(笑)。

さてさて、前回からはじまりました『第三回 噺家の手ぬぐい選手権』。投票状況もよろしく、順調に集計しております。こないだ書き忘れたけど『いいね』のほかにコメントを添えて投票していただくとポイントアップ。一言なんでもくださいネ。

で、ひとつ問題がおきました。『いいね』を何本も押している方がいるようです(笑)。そりゃあねぇ、「いいんだから良いじゃねぇか!!」と言われりゃあ仕方ないのですが、とりあえずルールなんでそこんとこよろしく(なぜかYAZAWA)。

今回のエントリー手ぬぐいは10本。どういうわけだか10本のうち『TAMANOSUKE  DESIGN』がなんと四本!四割です。イチローだって達成していない打率です(笑)。すごいネ...と、自画自賛。



【No.12 クローバー】

012clover.jpg

いきなりTAMANOSUKE  DESIGNです。吉祥寺のバー、カオスのバーテンダー中原香織さんからの依頼で東北復興支援手ぬぐいを作りました。クローバープロジェクトというボランティア団体なんでを九本・六本・八本の格子で『ク・ロー・バー』。さすが玉の輔!


【No.13 八代目林家正蔵】

013nisuikai.jpg
先代正蔵師匠、わたしの師匠のそのまた大師匠の芸術選奨受賞記念の手ぬぐい。昭和50年当時の正蔵一門がずらーっと並んでます。林家九蔵は現在の三遊亭好楽師匠。先代圓楽一門の前はうちの一門だったのです。


【No.14 元黒門町】

014motokuro.jpg
噺家のモノではありません。上野元黒門町会のもの。鈴本演芸場の若旦那鈴木敦さんはここの青年部員。粟穂の紋に『元黒』の落款。このモノグラムが人気なんだって。毎年五月に行われる上野五條天神禮大祭ではこれを捻り鉢巻きにしてワッショイワッショイ...くぅ〜っ、粋だねぇ〜!

【No.15 林家まめ平】
015mamehei.jpg
これから三本は新二ツ目手ぬぐい。まずはまめ平クン。こういうのいいでしょ?超わかりやすくて(笑)。誰が見てもどこから見ても豆マメまめ豆まめマメ...。人間はマメではなくズボラ??


【No.16 三遊亭歌も女】

016kakome.jpg

訳あって半年たたずに名前が変わりました。歌も女(かもめ)改め日るねちゃんです。かもめだからカモメだったんだけどねぇ〜。せっかく改名したんだから柄を変えて大好きなネコにすれば?来年のお正月には手ぬぐいが変わってるかなぁ?そしたら、二年連続のエントリーですヨ。


【No.17 林家扇】

017sen.jpg

色白の扇(せん)ちゃんは北海道の恵庭出身。手ぬぐいも肌の色に合わせて...ってわけじゃないけど白地に木久扇師匠の画です。落語の登場人物がズラ〜リ。オールスターキャストの真ん中は扇子を持つ町娘の扇ちゃん。ちょっと可愛い過ぎるけどネ。


【No.18 新真打】

018shinshinnuchi.jpg

今年の落語協会の新真打は五人。もちろん個人個人でも作るけどコレは合同でこしらえたモノ。ドカーンと大きめに鬼蔦(龍馬)、丸に三つ柏(喬四郎)、三つ組橘(つくし・天どん)、中陰鬼蔦(金朝)と落語協会のマーク。コイツもわたしの仕事です。なかなか評判良かったヨ...たぶん(笑)。


【No.19 東京ガールズ】

019tokiogirls.jpg

ポップでいいでしょ?花びら柄がレトロでいてモダン、コレ好きです。東京ガールズの画像をGoogleで検索すると小糸さん・小夏さんに混じって東京ガールズコレクションのピチピチモデルさんたちが出てくる。『小糸・小夏』『ピチピチモデル』『小糸・小夏』『ピチピチモデル』『小糸・小夏』『ピチピチモデル』...これの繰り返し。ちなみに東京ガールズコレクションを検索しても東京ガールズの画像は出てまいりません!!



【No.20 草刈正雄】

020kusakari2013.jpg

NHK『美の壺』で作った草刈正雄さんの手ぬぐい。もちろんわたしのデザインです。横の縞が四本と五本、合わせて九本なんで『く』、縦が三本で『さ』、『刈』の寄席文字に地の色が青で『真っ青=まさお=正雄』。『草刈格子』と名付けました。うーん、素晴らしい!草刈さんも気に入ってくれたらしく自ら手ぬぐい屋さんに追加のご注文。


【No.21 金魚】

021kingyo002.jpg

またまた、しつこいくらいにTAMANOSUKE  DESIGN。鈴本帰りの芸人、もちろんわたしも通う御徒町の本格焼酎の店『金魚』。芸人にも大人気のママさんから頼まれてこしらえました。売り物ではありません、常連のお客さんに配ってます。欲しい方は常連客になればもらえるかも?ママさんに要望で入れた『五明樓』の落款が大き過ぎでした(笑)。



以上の十本が今回のエントリー。アナタはどれが好き?

投票は前回同様にフェイスブックからお願いネ。毎回毎回一本づつ投票できます。応募者の中から厳正なる抽選のような感じで(笑)、2014年玉の輔手ぬぐいをプレゼント!!どしどしご応募待ってます。

『いいね』はひとつですヨ、いいね?(笑)

iin.jpg





「噺家の手ぬぐい」で検索されても出てきます。
(投票していただく場合、facebookアカウントが必要になります)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/184




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。