2013年8月 1日アーカイブ

金魚

| トラックバック(0)
わたしは御徒町に住んでいます。

目の前は山手線と京浜東線という日本で一、二を争うような本数が走っている電車の線路です。。朝のラッシュ時は上り列車、下り列車、内回り、外回りで一時間に100本以上の電車が行き交います。はっきり言ってうるさいです。しかし、慣れというのは面白いもんで、今ではあまりその音も気にならなくなりました。リアルタイムで観る『あまちゃん』も大丈夫。聞き取りにくいセリフは読唇術で解読できます(笑)。

その線路の高架下に最近わたしの行きつけの呑み屋があります。

JR御徒町駅上野寄りの改札を降りてすぐの本格焼酎の店『金魚』。わたし以外にもたくさんの芸人が通う店です。一人で呑みに出掛けることの少ないわたしがちょっと立ち寄れる数少ないお店のひとつです。お酒や料理はもちろんのこと、お目当てはおばちゃんです!!金魚のおばちゃん、ママさんこと歌田さんは芸人仲間でも大人気。ママさんがいるからみんな通う。サービスもしてくれるし、一人でふらっと寄っても話相手になってくれるとてもステキなお店です。

NEC_2714.JPG
この人が、金魚のおばちゃん、ママさんこと歌田さん。
長い夏休みを取るんだって。

NEC_2715.JPG
あゆみさんは元従業員。この日はたまたま人手不足のため、
臨時でお手伝いしてました。
この娘に逢いたくてもたぶんいません(笑)。


そんなママさんから手ぬぐいのデザインを頼まれました。お正月に渡した玉の輔手ぬぐいを気に入ってくれたママさん。ちょっとしたきっかけで話がはずみ『金魚』手ぬぐいを作ることに...。いつもサービス受けっぱなしのわたしとしてはそんなことでしたらお安いご用と、二つ返事で了解。早速いくつかデザインしてママさんに選んでもらいます。

制作者としてはぼかしの柄もいいかなぁと思ってましたが、ママさんとお店の女の子が相談した結果、ちょっと大きめの金魚小紋になりました。うーん、コイツもいいねぇ〜。

七月中に手に渡るようにすぐ注文。

で、出来上がりがコチラ。

kingyo002.jpg
うーん、かわいいなぁ〜!金魚、金魚、金魚、金魚、金魚、金魚...です!!真ん中にお店のロゴマークを入れました。

失敗だったのは『五明樓』の落款。「玉の輔さんがデザインしたのがわかるように名前入れておいてよ」とママさんに言われていたので入れたんだけど、ちょっと大きすぎたネ。なんだか自分の手ぬぐいみたいになっちゃった。(笑)。もうちょい小さい方が良かったですなぁ〜。

販売すればいいと思ってたんだけど、そこは気前よいママさん。お得意さんに配るんだって。でも、あっという間になくなって、そうしたら販売するかもしれない。

kingyo000.jpg


ねっ、皆さんも欲しいでしょ?金魚だからって「フン!」なんて言わないでネ!! 

NEC_2712.JPG
この看板を見つけたらお立ち寄りください。


kinjirusi0411.jpg
熱海に行ったので帰りにはなしかクンを連れて鎌倉の大仏さんに逢ってきました。

NEC_2726.JPG
熱海といえば貫一・お宮。ドMとドSです(笑)。


三、四年前にも行ったのですが、冬場の平日だったのでガラガラ。しかし、今回は行楽シーズンのしかも日曜日。たくさんの観光客で大賑わい。汗だくでの大仏見学です。

NEC_2739.JPG
でかっ!!パンチパーマが決まってます。
クルクルは右巻きで656個、
正式には『らほつ』って言うんだって。

横須賀線に乗っていざキャバクラ...じゃなくて鎌倉。そこから江ノ電で長谷駅。大仏さんに逢う前にガイドブックで下調べしていた駄菓子や鎌倉長谷寺店へ。ここで鎌倉土産を買う。

鎌倉と言えば大仏と江ノ電。この店には二大モチーフのお土産がたくさん。チョロQ張りの江ノ電...ではなく、大仏(笑)。大仏がプルバックで動くおもちゃ。笑っちゃうでしょ?買わなかったけどネ。

そして、買ったお土産はコチラ!

NEC_2760.JPG
高徳院で購入したわずか4.5cmの大仏さま。300円です。

NEC_2758.JPG
大仏ミニテープセット。三本セットで200円はお得?

NEC_2757.JPG
大仏キーホルダーは105円。
安いから買ってみたけど...ちょっとどうよ(笑)。

NEC_2756.JPG
鎌倉大仏飴。良縁厄除...って、何じゃこりゃ?

NEC_2754.JPG
カマクラシガレット。ブッダはココア味、江ノ電は抹茶味です。

NEC_2753.JPG
グミは鎌倉芯名物?何とめくるとおみくじ付!


ねっ、楽しいでしょ?

長谷寺を見学して、大仏さんとご対面。前回同様に大仏さんの胎内見学。

P111027300.jpg

そう、鎌倉大仏は身体の中になんと20円で入れる。20円っていう値段がスゴいなぁ〜。誰がこの金額にしたんだろ?安いから観光客のほとんどが入る。そして、すぐ出てくる。だってさぁ、真夏にあの中はキツいヨ!!すぐ出ても20円だからもったいなくない(笑)。

そして、もうひとつの目的地の『てぬぐいカフェ 一花屋』さんへ。この店は先日わたしが出演した『美の壺』で紹介されたお座敷喫茶。もともとは茶室だった古民家をそのまんまカフェに。昭和レトロな素敵なお店です。いたるところに手ぬぐいを使っていて、もちろん販売もしています。オリジナルの手ぬぐいを買って帰りました。

NEC_2747.JPG
一花屋さん。入口がステキ。

NEC_2744.JPG
カップも仏様。はなしかクンとアイスチャイをいただきました。


『nugoo 拭う鎌倉』さんでも大仏手ぬぐいをgetしました。この手ぬぐい屋さんも楽しいので是非とも行ってちょうだい。

NEC_2761.JPG
猫科手ぬぐい(一花屋)と大仏手ぬぐい(nugoo)。
今度使おうっと!!


鎌倉大仏のゆるキャラっているのかなぁ?作ればいいのにネ。だけど、夏場のイベントの着ぐるみの中はハンパない(笑)。...バイトしてたわけじゃないけど、想像を絶する暑さらしい。胎内どころじゃない。はなしかクンも着ぐるみ作って、仕事のない二ツ目にバイトさせようか?いや、きっと暇な真打が入りたがる...(笑)。

以上「玉の輔の鎌倉散歩 大仏の胎内は蒸し暑いぜぃ!!」の巻、でした。




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。