歌も女はカモメ

| トラックバック(0)
さてさて、今回も新二目手ぬぐいです。前回すでにまめ平クンを紹介いたしましたが、二ツ目昇進は六月中席、この芝居からです。まめ平クン、多ぼう改め歌も女さん、そして扇ちゃんおめでとさんです。頑張ってネ!!

二番手は三遊亭歌も女さん、カモメと読みます。前座名は多ぼうちゃん、圓歌師匠のお弟子さんです。もともとは歌る多お姉さんの一門でしたが、圓歌師匠のところで内弟子をしていた関係で圓歌門下に移門しました。

NEC_2564.jpg
落語協会宣材写真撮影のため、化粧に励む歌も女さん。
ちょっとイってます!


『多ぼう』の名前を付けたのは歌る多お姉さん。『歌る多』の一文字を取って多ぼうです。忙しそうで芸人的にとてもナイスな名前です。でも、本名はなんと谷口ヒマ、『日麻』と書きます(笑)。スゴいよネ、このネーミング。あんまり忙しいのもなんだし、ヒマなのもねぇ、ちょうど間がいいネ。

この歌も女さん、超不思議ちゃん。入門当日に歌る多お姉さんのマンションの階段を掃除中、滑って舌を切る。噺をする前にスベっちゃった(笑)

わたしが実際に見たエピソードを幾つか紹介。浅草演芸ホールの楽屋は手前に座ると二階への階段が見通せる。二階は色物さんの楽屋。お茶を出して降りてきた多ぼうちゃん、ニコニコ顔で軽くスキップを踏みながら鼻歌(笑)。楽屋で鼻歌まじりでスキップ踏む前座はふつういない。

池袋演芸場の楽屋に電話した時のこと。電話に出た多ぼうちゃん「池袋演芸場、前座多ぼうです。」「玉の輔だけど...」と名乗ったとたん「ムフフっ!」...笑った。「...ん、いま笑ったろ?」「笑ってません、ムフフっ...」真打からの電話で、名前を聞いてにやける前座もいない。

でも、多ぼうちゃんは字は上手。キチンとした根多帳をつける。それもそのはず、多ぼうちゃんのお父さんは書道家なんだって。さすがです。しかし、字は上手いけどよく間違える(笑)。根多の付け間違えやひとり抜かして書いちゃったり...。まあ、これくらいはかわいいほう。

池袋演芸場の根多帳の話。初日には『○月○席 初日』と書く。しかし、ある芝居の初日に『○月○席 千穐楽』...えっ、千穐楽?!「すいません、前の日を見てしまったものですから...」。そりゃたしかに初日の前日は楽日(千穐楽)だけどさぁ(笑)。こんな前座いません!

まだまだたくさんあるけどこれくらいにしておきますか(笑)


kakome.jpgじゃ、手ぬぐいです。まめ平クン同様にわかりやすくカモメです。名前がカモメなのに手ぬぐいの柄がネコじゃおかしいもんね......えっ、ネコにしたの??...じぇじぇじぇ〜!!...何それ、どういうこと?

実は歌も女さん、大のネコ好き!もちろん手ぬぐいは『ネコ』と決めていた。張り切ってデザインしたモノを圓歌師匠に見せると「破門だぁ〜、歌も女なんだからカモメにしろぉ〜」と大小言(笑)。師匠の指示でこのデザインになりました。真ん中に大きく『三遊亭歌も女』。海をイメージする青海波、そして卵から孵った雛がカモメに成長していく姿を手ぬぐいの中に...。コレは圓歌師匠の考案。そういえば圓歌師匠の手ぬぐいも『出世止め』と呼ばれる『圓歌』の文字がどんどん大きくなる柄。歌も女さんも大きくなってネ!













kamometatou.jpgそれから畳紙。味わい深いこの文字は書道家のお父さんによるもの。いいですねぇ〜。素敵っ!

実はコレも最初は自分で書いちゃった。師匠に見せたら「破門だぁ〜!!お父さんに書いてもらえぇ〜!!」...で、こうなりました(笑)。歌も女さんの字もいいんだけどネ。でも、師匠は絶対だからねぇ〜。

真打に昇進したら手ぬぐいをネコにしよう!そうしたら名前も変えなくちゃねぇ〜。うーん、三遊亭ネコ圓歌...コレがいい(笑)。小圓歌姉さんの弟子みたいだけど、コレしか方法は無い?!





kinjirusi0611.jpg

やりましたぁ〜、ザックJAPAN!!五大会連続ワールドカップ出場です。

もはやワールドカップに出ることが当たり前のような昨今ですが、我々が子供の頃はワールドカップは世界の凄い選手たちがキレキレの技を披露する場所で、日本人はソレを観て感動する人種でした。

それがどうでしょう。今のサッカー少年や近頃のサッカー事情しか知らない方々は日本の出ないワールドカップを知らない。なんと素敵なことでしょう(笑)。事実、サッカー大国のフランスやオランダ、サッカーの母国イングランドでさえもワールドカップに出場できない大会があるのですから...。
まあ、ともかくホッとしました。バンザ〜イ、バンザ〜イ、バンザ〜イです!

で、行ってきました、6月4日の埼玉スタジアム。歴史的瞬間に立ち合ってきました。
正朝師匠にチケットをいただいていっしょに観戦してまいりましたぁ〜。


観戦にはやはり観戦グッズがいる。代表ユニフォームのレプリカを購入しました。

NEC_2643.jpg
10番、香川です!XSが無いのでジュニア160CMを買う。
子供用だから値段が安い(笑)。


しかし、家からユニフォーム姿で出掛けるのはちょっと恥ずかしい(笑)。普段着で京浜東北線に乗って、乗り換えの王子駅のトイレでユニフォームに着替える。ここらまで来るとユニフォーム姿でもへっちゃらサ!!南北線に乗り込むとジャパンブルーがたくさんいる。いよいよ戦闘体制!!浦和美園で降りるとスタジアムまでちょっと遠い。いつもは歩くんだけど、時間も迫っていたのでスタジアム行きのバスに乗る。あっという間、五分で到着。

スタジアムの外まで盛り上がりがわかる。

NEC_2640.JPG
スタジアムで貰ったフラッグ。
代表戦は応援グッズを何かしらくれます。


スタジアムに入ると無料でフェイスペイントしてくれるコーナーを発見。バスのおかげで早く着いたので並んでペイントしてもらう。日本サッカー協会のマーク、八咫烏(ヤタガラス)だ!かわいいお姉さんに右頬に貼ってもらう。コレも良い(笑)。試合開始前にわたしのアソコも大盛り上がり(笑)

NEC_2613.JPG
こんな感じです、ハイ。


メインスタンドの真ん中ちょうど見やすい席だ。正朝師匠とチケットをいただいた社長さんと並んでビールで喉を潤しながら試合開始を待つ。

NEC_2622.JPG
大フラッグの下の人たち、毎度ご苦労さまです。



きぃ〜みぃ〜がぁ〜よぉ〜はぁ〜

ちぃよぉ〜にぃいいやちよぉにぃ

さざれぇ〜い〜しぃのぉ〜

君が代斉唱。

よーし、ブラジルだぁ〜!!


...あっ...あ〜...よし、あ〜...

コレを繰り返し繰り返し後半も30分を過ぎる。ここで正朝師匠「こういう試合ってカウンター一発なんてことがあるんだよなぁ〜」「......。」

あっ、あ〜...。

言った通りになっちゃったじゃん!!
時計はいよいよロスタイム。もはやこれまでかぁ〜...と、その時。

NEC_2630.JPG
本田がPKを決めた瞬間のスタジアム。
静まり返った客席が一瞬にしてパラダイス状態。


あとは皆さん知っての通りです。

あ〜、良かった良かった。

渋谷での厳戒態勢のお巡りさんも良かったし、バンザ〜イです!

で、感想。本田の眼がイっちゃってるのがちょっとコワい(笑)

NEC_2638.JPG
帰りの浦和美園駅。意外にも静かです(笑)。
真ん中の黄色い人はオーストラリアサポーター。
絶体絶命のオーストラリア、頑張ってネ。
...と、余裕しゃくしゃくのわたし(笑)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/164




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。