2013年5月アーカイブ

東京ではこの五月、お祭りの季節です。神田祭も前回は震災のため中止だったんで四年ぶりに行われました。神田祭って、二年に一度なんだってネ。ちーとも、知らなかった。ウチから目と鼻の先なのに...。

18、19日には三社祭が行われました。


hanashika_sanja.jpg
はなしか君、初めての三社祭見物。


祭好きの噺家もたくさんおりますが、わたしはと言うとあまり興味がある方じゃない(笑)。お祭りの季節が来ると何日も前からそわそわして寝られないとか、ましてや御神輿担いでワッショイワッショイやる人間じゃありません。ああ、今年も三社祭やってるねぇ、ってくらいのもんです。

お祭りというと揃いの半纏を着てダボシャツに雪駄履き、そして手ぬぐいで捻り鉢巻き!!

というわけで今回はお祭りの手ぬぐいです。噺家の手ぬぐいじゃないものを紹介したことはあるけど、お祭りの手ぬぐいはこのブログ初!!

この25、26日で行われる上野五條天神禮大祭。上野公園の中にある五條天神社、医薬祖神です。五條天神社は江戸三大天神のひとつで主神に大己貴命(おおなむじのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)二柱の薬祖神を、相殿に菅原道真公をお祀りしています。紹介するのは元黒門町会の手ぬぐい。鈴本演芸場の若旦那鈴木敦さんはここの青年部員。事務所に置いてあったのをもらってきました。粟穗の紋と『元黒』の落款。

motokuro01.jpg
motokuro02.jpg
ガングロじゃないヨ(笑)、もとくろ。粟穂の紋は大神輿の前後に付いている紋です。そして、『元黒門町』と『五條天神社』の駒札は江戸文字研究会会員で鈴本演芸場がプログラムの印刷を頼んでいる勝美堂印刷さんの永瀬博久さんによるもの。

お祭りの手ぬぐいって渋いネ。コレ巻いてワッショイワッショイやるんだぁ?祭好きにはたまんないネっ!!

三年に一度大神輿の渡御があって、次回は2014年だって。

ちなみに落語協会のお祭り『圓朝まつり』は会場の都合により行われません。あしからず。

NEC_2548.JPG
はなしかクンとお参りしてきました。


kinjirusi0411.jpg
  富士山 

作詞 厳谷小波 (文部省唱歌)
 
あたまを雲の上に出し
四方の山を見下ろして
かみなりさまを下に聞く
富士は日本一の山



富士山さん、世界遺産おめでとうございます!

NEC_2411.JPG
飛行機から見た富士山。
この日は快晴!!すごいでしょ?


日本人って、ホント富士山が好きだもんネ。「もう冗談じゃないヨ、ふざけんな富士ぃ〜っ!!お前なんかでぇきれぇだぁ〜!バカやろう〜!」なんて方は聞いたことない(はず)。もちろんわたしも好き。以前、手ぬぐいの柄を富士山にしたことあるし、富士山の落款も作りました。そういえば、富士山ジーンズも持ってたっけ(笑)。

NEC_2559.JPG
富士山グッズたち。さがせばまだまだあるけど...。
奥はゴルフボール。

NEC_2560.JPG
富士山落款?いちおう富士です(笑)。


tama_2010_01.jpg
2010年に作った手ぬぐい。



で、今回は『FUJI CHOCO(富士猪口)』。

NEC_2561.JPG
薄い青の富士。桐箱の金富士も良し!

これは雑貨屋さんFLOYDの波佐見磁器。頂き物です!ひっくり返すとほらネっ、富士山です。かわいいでしょ?富士猪口ってくらいだからまあ、お猪口なんだけど小鉢として使うと料理が引き立ちます。


NEC_2557.JPG
二役に使用中!!手前は玉の輔手作りなめ茸。


また、桐の箱が素敵。富士山マークが入ってます。イカすネ!!わたしのいただいたモノはは青い富士山がふたぁつでしたが、赤富士もあるそうです。こっちもいいネ。

NEC_2543.JPG
桐箱の裏には
『満ちてひき ひいては満ちて 飲み干して 
富士に見立てた 無類の杯』と逆さ富士。
こんな裏書き、知らなかった(笑)。

このFLOYDさん、東京駅前に出来た元の郵政省、KITTEの三階にもあります。いろんな雑貨、小物類もかわいいんで見に行ってくださいネ。

せっかくだから富士山に登ってみたいとは思わないことはないこともないけど、たいへんそうだよネ。その代わりこのお猪口で3,776杯、クゥ〜っといかせていただきます(笑)!


つい先だって(ちょっと前だけど...)発表された平成24年度芸術選奨・大衆芸能部門
柳家さん喬師匠が文部科学大臣賞、
古今亭菊之丞さんが文部科学大臣新人賞を受賞されました。
いまさらながらですが、おめでとうございます。

また、菊之丞さんはご結婚おめでとさん。こちらは仲間が集まって藤井彩子アナウンサーも交えてお祝いをしました。この写真はココでは紹介できないけど、鈴本演芸場のはなしか写真展に二人のデレデレツーショットが...。興味ある方は5月20日までだよん。

受賞発表のあとすぐに結婚を報告。悔しいわたしは菊之丞さんのトリの末廣亭の芝居で「菊之丞なんか別れちゃえばいいのにぃ〜!」と言ってやりました(笑)。結構笑いも起きたけど、なぜか男性のお客さんのほうがやんややんやの拍手でした。

結婚の話は置いといて、芸術選奨です。自らの意志で参加した公演が評価される芸術祭賞とは違って、一連の活動が認められる芸術選奨を去年の権太楼師匠やさん喬師匠が受賞されたのは素晴らしいことで、我々寄席芸人としてとてもうれしい出来事です。

過去には六代目三遊亭圓生師匠八代目林家正蔵師匠古今亭志ん朝師匠、そして現落語協会会長柳家小三治師匠が受賞。ウチの師匠も新人賞をもらってます。わたしも受賞式について行ったのを良く覚えています。

nisuitatou00.jpgで、手ぬぐいはこの芸術選奨にまつわるもの。先日片付けをしていたら『林家正蔵芸術選奨受賞記念 二水会』という手ぬぐいが出てまいりました。前にこのブログで紹介した宇都宮の清水一朗さんからいただいものです。

二水会は正蔵師匠が毎月第二水曜日に日本橋たいめいけんで行っていた独演会のこと。第二水曜日なんで二水会です。コレは昭和50年度の第26回芸術選奨を受賞した時の記念手ぬぐい。古いものなんでかなり灼けちゃってるけど...(涙)。。藍色から青へのぼかしの中に丸に光琳蔦中陰。この紋は岡本家の紋です。つまり正蔵師匠の実家の家紋。丸は取ったものの我々の代まで一門のほとんどがこの紋を付けています。下には正蔵師匠を筆頭に当時の直弟子がズラリ。

nisuikai000.jpg

春風亭柳朝もちろん先代。わたしの大師匠・故人
林家正楽(先代。二楽さんのお父さん、紙切り、故人)
橘家文蔵(文左衛門さんの師匠。故人
林家枝二現春風亭栄枝師匠。百栄さんの師匠
林家木久蔵ご存知ラーメンの師匠。現林家木久扇師匠
はやし家林蔵故人

正楽師匠を除いたここまでか当時の真打。

林家照蔵現八光亭春輔師匠
林家九蔵現三遊亭好楽師匠
林家上蔵現桂藤兵衛師匠

このお三方が二ツ目です。好楽師匠は元はウチの一門で、正蔵師匠が亡くなった後、先代圓楽師匠のところへ行きました。
そして

林家よし蔵(現林家時蔵師匠
林家繁蔵現林家正雀師匠

が前座。なんと正雀師匠も芸術選奨新人賞を受賞してます。

良く考えてみると、正蔵芸術選奨)、小朝・正雀芸術選奨新人賞と一門で三人の受賞者。スゴいぞぉ、ウチの一門!!

あれっ、手ぬぐいには『芸術選奨受賞記念』って、染めてない!これじゃ、なんの手ぬぐいだかわかんない



kinjirusi0311.jpg
くまモンを筆頭としてここんとこ、ゆるキャラが大人気です。

一昨年、このコーナーで熊本県の宮本さんからのおすすめでくまモンを紹介したけど、まさかこんなんなるとは思わなかったヨ(笑)。

確かにかわいいゆるキャラも多いけど「なんじゃこりゃ〜?」ってのもたくさんいる。やっぱ、はなしかクンが一番だね!

NEC_2431.jpg
ちょうど東京タワーでは鯉のぼりがパタパタパタパタ。
333メートルにちなんで333匹。すごい!

だけど残念ながらはなしかクン、四つ脚なんで着ぐるみにならない(笑)。ゆるキャラコンテストに出たくても参加できないのです。出りゃあ、絶対優勝なんだけどなぁ!


でも最近、我がはなしかクンにライバル出現!!
このわたしが「もしかしたら、はなしかよりかわいいかも?」と思ったのが、タワオ。東京タワーの新キャラクターです。

NEC_2435.jpg
増上寺のお庭から見た東京タワー。
スカイツリーもいいけど、やっぱりこのシルエットはステキ!!


先日、『はなしか写真展』のために東京タワーに撮影に行った時のコト。入り口でタワオのポスターを発見!!以前からいる東京タワーのキャラクターのノッポンと記念撮影をしてグッズ売り場へ直行。

NEC_2514.jpg
ちょうど出てきたノッポンと記念すべきツーショット。



ありました。タワオグッズ。かわいい〜!調べたところによるとmodern pets(モダンペット)などなど人気キャラクターを手がけているデザインチームplay set products(プレイセットプロダクツ)が作ったキャラクターなんだって!そりゃ〜、かわいいわけだ。

NEC_2424.jpg
ぬいぐるみを買いたかったけど、ビミョーな大きながねぇ(笑)。
もう少し小さいとベストです。でも、買っちゃおうかなぁ〜。


タワオの他、展望台にちなんだ『てん坊』、クマの『イルミン』もいい。ノッポン兄弟もあわせて五匹ともども、プレイセットプロダクツのデザイン。くそぉ〜、はなしかも負けちゃいらんないぞぉ〜!

悔しいから、グッズ買って帰ろっ(笑)

NEC_2510.jpg
結局、クリアファイルとポストカード二枚を買いました。
はなしかポストカードは鈴本演芸場で割引販売中です(笑)。


NEC_2508.jpg
実はウチにもいたモダンペットくん。
コレ好きなんだよネ。プレイセットプロダクツさん最高!!

じぇじぇじぇ〜っ!!

| トラックバック(0)
NHK朝の連ドラ『あまちゃん』が絶好調です!!

さすが宮藤官九郎、面白い!

四月上席は鈴本演芸場の一時上がりの出番。楽屋の座る位置はみなそれぞれ決まっていて、だいたい同じとこに座る。しかし、わたしの出番の後に上がる先輩の指定席。わたしの方が先に楽屋入りするのだけど、そこは噺家の暗黙のルールで後輩は隣の六畳のテレビのある部屋へ。

たまたまNHKが映っていて、12:45から新しく始まった連ドラ『あまちゃん』が軽快な音楽に乗って始まった。第一話ではないけど、スタートしたばかり。ヒロインはあんまり華のあるようには見えないけど(笑)、清潔感のある好感の持てる女の子。ちょっと前座の木りんクンに似てるのが気になるけど...。

読売新聞のテレビ欄で全体のあらすじを読んだけど、リズミカルで面白い。それから毎日楽屋であまちゃん生活。しかし、この出番は10日まで。よし、録画だっ!!4月11日から予約して『あまちゃん』観てます。

舞台は東北、岩手県北三陸町。まだ震災前ってことになってる。これからどうなるのかわからないけど、ロケ地の岩手県久慈市は観光客であふれてるそうです。すごいネ!

わたしが『がんばろう日本!』の手ぬぐいを作って早二年がたちました。それからも園芸家柳生真吾さんとコラボした復興支援の手ぬぐいもデザインしました。


そしてまた東北支援の手ぬぐい、頼まれちゃいました!

じぇじぇじぇ〜です!!


clover.jpg

以前、チラシの写真でお世話になった吉祥寺のバーカオスのバーテンダー中原香織さん。クローバープロジェクトという活動をしていて、そこで手ぬぐいを作りたい!是非お願い...わっかりましたぁ〜、ってんでデザイン開始。なんとなく聞いたイメージで柄も古典的な感じに...。

で、格子にすることにしました。縦三本が三つで九(く)、横は六本(ろ)と八本(ばー)。語呂合わせでくろーばー...クローバーです。右端に四つ葉のクローバーを入れました。色も落ち着いた二色。
渋く出来上がりました。

このの手ぬぐい、コチラのサイトから購入可能です!!...が、数量限定です。お早めに。

https://www.facebook.com/Kurobapurojekuto

皆さん、ヨロシクです!!


こちらがBarカオスです。↓

玉の輔チラシ201110.jpg

以下、手ぬぐい胴巻きより、香織さんのメッセージを転載します。

 東日本大震災の被災地の皆様に音楽をお届けすることで笑顔を広めるプロジェクトです。人との出会いは大きな力につながっていきます。出会い、つながり合い、あの日のことをけして忘れないように、動き続けていきたいと思います。
 そしてみなさんのお手元にこの手ぬぐいが置かれ、日常の中で役立っていくなかで、被災地を想い、防災を心がけることにつながればと思っています。

クローバープロジェクト代表 中原香織





kinjirusi0421.jpg

bnr_100.jpg

最近、文章が長すぎる!!って評判です(笑)。わかったヨ、短くすりやぁいいんでしょ、短くすりやぁ〜。

先日、三重県熊野市に行ってまいりました。
感想は一言、「とぉ〜〜〜〜〜〜いっ!!スゴくとぉ〜いっ!!」...安達祐実の「多〜い、具が多〜〜い!!」...的な感じです(笑)。ホント遠かった。前乗り(前泊)しなきゃあならないので池袋演芸場昼席の出番終わりで行こう。

で、調べたら新幹線で名古屋まで行ってそこからたくさん電車を乗り変えなきゃなんない。あ〜、めんどくさっ!と思ってたら特急列車がある。しかしながらその電車、一日三往復しかしてない。池袋の出番は14時30分に終わるのに、特急列車の名古屋発時間はなんと19:47。東京発18時ののぞみに乗れば十分だ。名古屋の高島屋でお弁当を買う時間を考えて17時30分ののぞみを取る。自宅を17時過ぎに出れば余裕。予定通り名古屋で天むすと鹿児島黒豚カツ弁当を買って特急列車南紀号新宮行きに乗り込む。そこから延々三時間。

熊野市駅に着くともう23時ちょっと前。辺りは真っ暗。駅員さんに宿泊するホテルを訊ねると

「そこさみぎぃまがってぇすこすいぐとぉみはらすてぇまたみぎさまがるとみえっからぁ〜」

......ありがとうございます。しかし、訛りと方言で何を言ってんだかよくわからない(笑)。まあ、右に曲がるのはわかった。とにかくみぎさ曲がろ。

すこす...いや、少しいぐとぉ...いや、行くとホテルのネオンサインが見えた。駅員さんの言った『みはらすてぇ』の方言の意味は解らないけど手前で曲がってみよう。しかし、真っ暗で道があるのかないのかもわからない(笑)。砂利道だしカートはきついので引き返す。

また元の道に戻るとありました、ホテルみはらし亭!!『みはらすてぇ』は『ホテルみはらし亭』のコトだった(笑)。みはらし亭を右さ曲がってやっと到着。

フロントで熊野市のガイドマップをもらうといろいろありました、熊野あれこれ!熊野古道は知ってたけど、あとは何も知らない。自然が豊かな熊野市にはラフティングやシーカヤック、パラグライダーやダイビング、タコかご漁体験にマグロ養殖餌やり体験などなど、魅力がたくさん!!

NEC_2477.jpg
那智黒石...コレも特産品。飴かと思ってました(笑)。



トロッコ列車も走ってるらしい。そして、なんと世界遺産がある!熊野古道、国道42号線の海岸沿いにある『獅子巌』。ガイドマップに載っている夕暮れ時の獅子巌はまさしく海に向かって吠える獅子!!地図だとホテルから近い。早起きして行ってみよ!


NEC_2489.jpg
コレが観光案内の獅子巌の夕日。どうステキでしょ!!


七時に目覚ましかけたのに六時に起きちゃった(笑)。窓を開けるとお天道様がニコニコしてる。今日はいい天気だぁ〜っ!すぐに着替えて出発!地図によるとそんなに遠くはないはずだけど田舎の『すぐ』は危険(笑)。『すぐそこ』は都会で言うと『かなり遠い』(笑)。稽古しながら行こうと噺をはじめて歩きだす。

...あれっ?...えっ...あらっ...もう着いちゃった。近い、近すぎる。噺の稽古だってまだマクラだよ(笑)。獅子巌の看板が見えて真横にまわると...ウォーーーーーっ!!すげぇよ、獅子巌、まさにライオン。こんな凄いの観たことない!コイツに言葉はいりません!とにかくご覧ください。

NEC_2468.jpg
いきなり現れた獅子巌。じぇじぇじぇ〜!!


NEC_2488.jpg
アップにすると牙まである。なんかタイガーマスクみたい。


みなさんも伊勢参りして熊野古道を歩いて、是非この獅子巌を見に行ってください。感動間違いナシ!!

NEC_2478.jpg
熊野市駅前特産品館で買ったお土産。
木片に焼き印で『熊野古道』。
この木はただの材木の切れ端?だって100円だもんね〜。


じぇじぇじぇ〜、また長くなっちゃった(笑)。




リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。