2013年4月11日アーカイブ

役に立ってます!!

| トラックバック(0)
落語協会と落語芸術協会、真打披露興行にも違いがあります。確かに芸術協会は鈴本演芸場での定席がないので仕方ないのですが...。

春、新しい真打ができると落語協会では三月下席から鈴本演芸場で披露興行がはじまって、末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場。ひと芝居空いて五月中席に国立演芸場。...わたしたちの頃は国立はなかったけどネ。

で、芸術協会はというと五月上席からの興行です。末廣亭、浅草演芸ホールと続いてひと月空きます。六月中席に池袋演芸場、またひと芝居空いて国立演芸場での興行です。ウチの協会と違うのは、この間にお江戸広小路亭(七月上席)、お江戸日本橋亭(六月上席)に一人一日づつの披露目がある。間が空いちゃうのは間延びする感じがするけど披露興行の初日がゴールデンウイークってのがいいネ。

新真打ってもちろん高座が一番なんだけどお客さんの入りが心配。コレがかなりのプレッシャーになる。ゴールデンウイークだとお客さんがたくさん来る。足を運びやすいよね〜。

ウチの協会は三月下席。初日が春分の日と重なりゃあいいけど、まったくの平日なんてこともある。コイツはちょっと厳しい(笑)。まあ、夜席だからホントに来たい方は来るけどネ。

昔からこの形態だった...わたしが入門した頃から。

ここで玉の輔は考えた。ゴールデンウイークは呼ばなくてもお客さんが来る。だから披露目は三月下席からはじめて四月下席で終わって、そのまま五月上席...つまりゴールデンウイークに突入すれば三月下席から四芝居続けて満員御礼ってことを狙ってんじゃあないかと。まあ、実際は満員御礼ってわけにはいかないけどネ(笑)。とにかく、披露興行は新真打の力でお客さんを呼ばなきゃならない。そこいくと芸術協会はやさしいネ(笑)。

どちらが良いのかは本人次第です。

やっと手ぬぐい。今回は落語芸術協会の新真打、春風亭笑好さん。小柳枝師匠のお弟子さんです。前座名は『小あら』。コアラっぽいネ。ナイスです、小柳枝師匠(笑)。『笑好』という芸名は小柳枝師匠が前座から二ツ目にかけてつけていた名前。

shoko.jpg

二ツ目に昇進した時「この柄を使ってみたら?」と言われ、小柳枝師匠の笑好時代の手ぬぐいをそっくりそのまんまありがたく使わせてもらっていた笑好さん。

その柄は『笑好』の篆刻文字が横に一列ずらーっと並んだもの。それを真打昇進を機にデザインを一新!!一列からなんと五列並べちゃいました!でも、コッチの方がいいんじゃない?使いやすい柄だしねぇ〜。わたしは篆刻文字が大好きなんでとても良い良い良いと思うけどネ。素敵です。

ホントは真打昇進にあたって柄を変えようと考えていた笑好さん、ネット検索してみると、いいなぁと思っていたモノが某大物真打が使っていることが判って断念。

「ちなみに検索しているうちに玉の輔師匠の手ぬぐいのサイトも知るようになり、もし自分の手ぬぐいがサイトにアップされて、それを見た人から『これ○○師匠の柄じゃねぇ〜か?』などと言われたらまずいなと思い(笑)今回の柄に至りました。」(本人談)だって。

役に立ってるのねぇ〜。ちなみに某大物真打って誰??...というか、大物ってどれくらいのクラスの噺家(笑)?

kinjirusi0411.jpg
先日ゴルフ帰りの車中でのこと。どういう流れだったのか忘れちゃったけどTOKYO MXテレビの『五時に夢中!』という番組が面白いって話になった。五時と言えば他局ではニュースの時間帯に中村うさぎやらマツコ・デラックスが言いたい放題やりたい放題で深夜でもマズいような下ネタがバンバン飛び出す...って盛り上がってる。そういえばチラ見したことがある。ふかわりょうの司会でなんかやってた。

それから二、三日後ちょうどその時間帯に家にいたのでチャンネルをTOKYO MXテレビに合わせてみると、その日のコメンテーターはマツコ・デラックスと投資評論家の若林史江さん。この若林史江さんが可愛い!他の番組で観たことあるけど、『五時に夢中!』の史江ちゃんはリラックスしていて素の感じがスゴくいい!足元が画面に映るたんびにドキドキドキドキ。となりのマツコが邪魔くさいけどネ(笑)。

今回の玉金はこの番組で紹介されていたDVDです。

あの岩谷テンホー先生の『みこすり半劇場』がな、な、なんとDVDアニメ化されたのです!ちょっとスゴくない?『みこすり半劇場』だよ!えっ『みこすり半劇場』を知らない?

ぶんか社刊の下ネタ四コマ漫画、わたしの人生においてバイブ...いや、バイブルのような存在です。現在も東京スポーツで連載しているので名前は知らなくても一度は目にしているはず。

その『みこすり半劇場』がリバプール社からDVDアニメとなってセブンイレブンで販売していると聞いたらいても立ってもいられない...いや、立っちゃう(笑)!とにかく大急ぎでコンビニに走る。ありました、ありました!エロ雑誌を買い慣れてるわたしとしてはレジがお姉ちゃんだろうとも恥ずかしくない!堂々として「Suicaで!」と毅然として買う(笑)。


NEC_2404.JPG
こんなパッケージで販売中。
1,500円で27分+特典映像3分はちとお高い??



直行で帰宅して早速拝見。

NEC_2405.JPG
みこすりファミリー、みこすり警察、
みこすりカップルからみこすり時代劇まで本編全44話収録!


NEC_2406.JPG
特典映像『みこすり番外編』では新たなクリエーターが
既存の四コマを元にアニメ化。萌えキャラも登場するけど、
やっぱりテンホー先生が一番です!!


うーん、やっぱり『みこすり半劇場』は素晴らしい!「ギャグ四コマ界に金字塔を打ち立てた『みこすり半劇場』が遂にアニメ化!四コマの世界観を壊すことなく、爆笑、ズッコケ、お色気を完全再現!」。このコピーに間違いナシ!!岩谷テンホー先生バンザイ!!




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。