2012年11月21日アーカイブ

ポカポカの三代目!!

| トラックバック(0)

現在、東西の落語界にはたくさんの二世(三世)の噺家がおります。金原亭馬生師匠、古今亭志ん朝師匠のスーパー兄弟も三平クン、木久蔵クンも同じ二世噺家です(笑)。

もちろん大看板の師匠の御子息で継いでいない方の方が多いだろうけど、わたしがその立場だったらどうかなぁ?自分の親が名人だったらプレッシャーだしねぇ~。木久蔵クンも以前「ボクも親がちゃんとした落語家だったらやってないですよぉ~。」と口を半開きでヨダレを垂らしながら言ってたっけ(笑)。ある意味正解かもネ。噂で聞いたところによると志ん朝師匠の一人息子さんは「おじいちゃんが志ん生で親父が志ん朝でしょ、継いだらたいへんじゃないですかぁ~。」と言ったとか。これもすごい!わたしにはわからないけどそれはそれはすごい重圧なんだろうねぇ~。


今回、紹介する新二ツ目の入船亭小辰クンは酒屋さんの三代目。まあ、継いでないから三代目じゃないけど、まだわからない。嫌でも酒屋さんにならなきゃいけない時が来るかも...(笑)。圓朝まつりの時、文左衛門から「オイ、おまえん家酒屋だろ。安く酒仕入れさせてくれよ。カクヤスより安くなっ!」と脅されてたっけ。楽屋には悪い先輩がたくさんいるから親の商売は秘密にしたほうがいいかもネ(笑)。実家は大塚の『升民』っていう酒屋さん。

レジで「噺家の手ぬぐいブログ見ました!」と言ってみてください。

小辰クンのお父さんが「あ~、そうですか。」と返してくれるそうです(笑)。



小辰クンの師匠は扇辰さん。一番弟子です。扇辰さんの奥さんは作詞家の覚和歌子さん。あのズブリ...じゃないジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌、呼んでいるぅ~なんとかって歌『いつも何度でも』を書いた方です。すごいよぉ~、印税(笑)!そういえば扇辰さんが前座の時、テレビをあげたんだよなぁ~。何か買ってくれよ(笑)。


まあ、それはそれとしてお弟子さんの小辰クン。前座時代はそつのない前座さんでした。しくじる事も特になく、淡々と働いてた...ように見えた。こういう奴には必ず裏がある。ちょっと聞いてみよ。


まずは同期の一蔵クン。「とにかく酒癖が悪いッス!よく同期の三人で呑むんですけど、大事なコトは小辰が帰ってから話します。」...へぇ~、なんか意外。

これまた同期の市弥クンにも聞いてみた。「そうですねぇ~、酒癖が悪いですね。あと大のせ(大食い)ですね。」...やっぱり酒癖悪いんだ(笑)。小辰クンと一緒に前座時代を過ごしたウチの妹弟子ぴっかりちゃんに聞いたところ、師匠からパンが有るから食べてから仕事に行きなさいと言われて、出かけたら寄席に師匠から電話があ

って

「パンはどうした?」

「食べました。」

「残りは?」

...えっ?」

「だから残りのパンは何処にある?」

...何処って、何処にもありません。」

...全部食べたのか?」

「ハイ。」

...。もう、いい怒)!!」


菓子パンが10、師匠とおかみさんの分まで食べちゃった笑)。よく食えるねぇ~。この話を師匠の扇辰さんが高座でしているそうで、その時の菓子パンの数は16個?!少し増えてる笑)。市弥クンに聞いたところは13個!...いったいいくつ?本人曰わく8だそうです笑)。でも、多い方が面白いから16個に決定!!




kotatsu000.jpg

こんな小辰クンですが、手ぬぐいは素敵です。いい、スゴくいい!お洒落です。尻尾だよ、尻尾と雲だけ。顔がない!これが素晴らしい!なかなか出来ないデザインです。


辰)の尻尾ってイメージだと蛇みたいに尻つぼみなだけかと思ってたけど、鰭が付いてんだね。勉強になりました。カッコいい手ぬぐいに脱毛...いや脱帽です。


これは扇辰さんの会のチラシのデザインをしてくれている、

とつかりょうこさんの作。文字も畳紙も彼女のデザイン。素敵ッス!小辰クンがイメージしたモノをとつかさんが形にしました。熨斗のタツノオトシゴも小辰クンの案。やるじゃん、升民三代目笑)


この手ぬぐいを見たお客さんから「縁起の良い登り龍ですね」とか「雲を登って行く龍の尻尾に無限の可能性を感じます!」

kotatsu001.jpg

か言われるらしいんだけど、本人はそんなコト全く考えてなかったんだったて。でも、その方が説得力があるのでそういうことにしときましょ笑)


で、いまスカパー!で『寄席チャンネル』という番組が始まって新二ツ目の手ぬぐいプレゼントをしているらしいんだけど、この手ぬぐいが一番人気!いや、手ぬぐいは見せてないのかな?わからないけど、視聴者からは小辰クンの評判がいい!「初めて観たときこの前座は絶対伸びる、と思った。」とか、「師匠譲りの素晴らしい落語です。」などなど。まあ、悪く言うと手ぬぐい貰えないしネ(笑)。いっぱいヨイショして手ぬぐい貰っちゃえぃ!!


とにかくポカポカ暖かい落語を演ってください。『こたつ』だからネ。でも、夏場は暑苦しい名前だな(笑)!







kotatsu00.jpg




















kinjirusi1011.jpg

『第二回 噺家の手ぬぐい大賞』のお知らせ


今年もあとわずかひと月とちょっとです。ご愛顧ありがとうございました。御礼申し上げます。


いよいよ『第二回 噺家の手ぬぐい大賞』の季節となりました。とはいえ第一回は皆さまの投票もなく...募集してないんでこないんだけど(笑)、独断と偏見で春風亭ぴっかりちゃんの受賞となりました。まあ、その場しのぎの思いつきの企画でわたしのデザインした手ぬぐいの受賞でさぞかし腹立たしい思いをした芸人もいたはずです。


...いねぇよ、そんなヤツ。だいいち知らねえ~し!たぶん、こんな感じだと思いますが...(笑)。で、今年はちゃんとやりますヨ。...と、アサダ二世先生チック。

12月上席のこのブログで今年一年で紹介した手ぬぐいを一挙公開します!2012年版玉の輔の某ブランドにパクられた手ぬぐい(ウソ)から今回の小辰クンまで全て見せます。


きっとあんまり投票がないから投票してくれた方には何名様かに何かあげます!それも次回発表です。お楽しみにぃ~!




NEC_0638.jpg

突然の受賞に舌なめずりして喜ぶ春風亭ぴっかりちゃん。

(昨年の受賞式より)


p001.jpg




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。