2012年9月アーカイブ

ゆるゆるのキャラ

| コメント(2) | トラックバック(0)


なんかねぇ~、ぷくぷくでねぇ~、ぷにゅぷにゅしててねぇ、ぬいぐるみみたいだけどぎゅっと抱きしめたくなるとか、そんな気持ちは全く起きないけど(笑)、ゆるゆるのキャラで、いまどき珍しい癒し系噺家です。

今回紹介するのは、前回の文菊クンと同じく九月下席より真打に昇進する古今亭朝太改め志ん陽クン

志ん陽クンも抜擢での昇進で、だいたい十人くらい抜きました(笑)。一之輔、文菊みたいに二十何人じゃあないので、まあだいたいで...ネ。志ん陽クンはいつもニコニコニコニコしていて、こいつ何も考えてないんじゃないの??...って感じだけど、ホントのところは...たぶん考えてないようで、脳天気なのが彼の良いところ!

噺を聴くとなんかいい心持ちにしてくれる数少ない噺家です。でも、苦労人で(...当人はどう思ってるかわからないけど)、最初に入門したのが志ん朝師匠。前座の時に師匠を亡くしました。志ん朝師匠最後のお弟子さんです。その後、引き取ってくれたのが志ん五師匠。その志ん五師匠も一昨年亡くなりました。で、現在は志ん橋門下です。志ん橋師匠の下、もともとの明るい芸が認められて、この度の抜擢と相なりました。

文菊クンとの二人での御披露目は毎日二人が口上に上がり、高座も両名が勤めます。

ひとりが主任(トリ)、もうひとりは口上のすぐあとに上がります。

落語協会の披露興行では珍しいことで、是非観に行ってあげてください。

今回の昇進で一番嬉しかったのは披露パーティーのサンバカーニバルです!


NEC_1397.JPG

サンバのお姉ちゃんと踊り狂う志ん丸クン()



NEC_1391.JPG

はなしかクンは少し赤面?豊満な胸を隠してます(笑)


って、またかよっ(笑)!前回紹介した上野精養軒での御披露目の席のサンバのお姉ちゃん達を調達(笑)したのは、志ん陽クンのおかみさんでTCNキャスターのたばちゃんこと田畑めぐみさん。ナイスです! 朝太のヤツ、あんな顔していつの間にかそんな可愛い娘といっしょになりやがって、くそ~です(笑)!

でも、手ぬぐいは志ん陽クンのキャラクターとは真逆で渋めです!

shinyo001.jpg

鬼蔦の紋に龍。これは、山本遊幾さんの作。山本さんは加賀友禅の作家さんですが、従来の友禅染めの枠を超えて、独自の緻密な彩密友禅を制作するアーチストで志ん陽クンと相談の上、このデザインになりました。

でも、なぜ龍??...今年は辰年。

辰年の真打ということで龍です。龍に玉は付き物で、玉には『陽』を入れてもらいました。



shinyo00.jpg

そして、『古今亭志ん陽』の文字は書道家でもある志ん五師匠のおかみさんに書いていただきました。志ん五師匠も、もちろん志ん朝師匠もきっと喜んでいるはずです。わたしは師匠を亡くしたことがないのでわかりませんが、ある意味三人の師匠がいてあなたは幸せ者なのかもよ!!

五十日間、頑張ってちょうだい!


でも、ひとつ心配なのは痛風(笑)。志ん陽クンは痛風持ちで、八月の浅草演芸ホール恒例の住吉踊りも痛風が出て、二日間休みました。あんな体型で踊りが上手い彼は、住吉の若手のエース!エースが痛風ってのはねぇ

まあ、踊りはサンバのお姉ちゃん達に任せて、噺に専念してくだされ!


そして、また何年後かに『志ん朝』を襲名して御披露目のパーティーでサンバカーニバル

よろしくお願いします!バンザ~イ!




古今亭志ん陽 襲名披露興行スケジュール


鈴本演芸場 夜席

2012年9月21日(金)〜30日(日)

新宿末廣亭 夜席

2012年10月1日(月)〜10日(水)


浅草演芸ホール 昼席

2012年10月11日(木)〜20日(土)


池袋演芸場 昼席

2012年10月21日(日)〜30日(火)


国立演芸場 昼席

2012年11月1日(木)〜10日(土)

※9日(金)のみ昼夜二回公演



詳細は落語協会ホームページもご覧ください。


http://rakugo-kyokai.or.jp/Articles/ShinUchi-2012-Spring/



shinshinuchi_aki1.jpg

shinshinuchi_aki1.pdf



kinjirusi0921.jpg


はなしかクン、相変わらず元気にやってます。

何なに、はなしかクンって?...なんてこと言ってる方、まさかいないでしょうね?

落語協会公認キャラクターはなしかもこの九月二十一日で誕生して半年を迎えます!

はなしかクンのグッズは各寄席にて好評販売中です。ストラップ1,000円、手ぬぐい1,000円、そしてステッカー300円です。ステッカーは花札ヴァージョンと出没注意ヴァージョンと二種類ありましたが、どちらも売り切れ!で、この度二種類のステッカーを併せた型の新しいモノが完成いたしましたぁ~!是非ともお買い求めください。また、新商品も販売します。八月の圓朝まつりで実験的に売った絵はがきが売店に並びます。はなしかクンが鈴本演芸場、末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、国立演芸場の前で思いっきりの笑顔(?)でポーズを決めている写真の絵はがきです。五枚一組500、こちらもよろしくお願いします。

ちょうど御披露目だし寄席に足を運んではなしかグッズを手に入れて、ついでに新真打の落語を聞いて...あっ、逆?とにかく皆さん、寄席にお越しください!

あと、落語協会のホームページでは『はなしか日記』好評不定期連載中!見てね~。


はなしか日記はこちら!

  ↑↑↑

  Click!


NEC_1520.JPG

コレがNEWステッカー!今回は花札、出没注意の他、座布団に何故か薔薇と団子(笑)。


NEC_1521.JPG

絵はがき五枚セット。撮影・柳家ほたる。オイほたるぅ~、ちょっとボケてねぇか(笑)?


「いろいろな思いを背負いながら、秋の披露興行にうちの師匠(現在リハビリ中の古今亭圓菊)の思いも胸に秘めて、日々の高座にぶつけていきたい。」



我が落語協会では、今春の春風亭一之輔クンに続いて抜擢で真打が誕生します。古今亭朝太改め古今亭志ん陽クンとこの上記の優等生発言の古今亭菊六改め古今亭文菊クン。ホントはねぇ~、こんないい子ちゃん発言する人間じゃあないんだよ()。まあ、とにかくおめでとうございます。921日鈴本演芸場から御披露目がいよいよスタートします。頑張ってちょうだい。


827()、披露興行に先立って落語協会主催の真打披露パーティーが上野精養軒で行われました。最近は帝国ホテルや東京会館が多かったので精養軒は久しぶり。わたし的には、家から近い。歩いて行こ。ラッキー!...な、はずが腰痛のため、とても面倒なことに。徒歩だと腰が辛い。


タクシーを拾ってスイスイは楽で良いけど、精養軒の入口で先輩方に会っちゃって、「タクシ~っ?!生意気~っ!」と思われちゃう()小心者のわたしは結局、家で静養軒!...うまいっ!!...たいしてうまかないし、ホントは御徒町から上野のひと駅だけ山手線に乗っていざ精養軒へ。このパーティーは協会主催なんで招待客のほとんどが芸人。個人のパーティーはお客さんがメインなんで、そちらが喜んでくださる余興をみせる。けっこうスゴい方々が来たりする!!でも、芸人相手の余興はそうはいかない()。これがまた面倒くさい。ちょっとやそっとのことじゃ喜んでくれない!これがたいへん。面白くないのを呼ぶと口うるさい先輩方に何を言われるかわからない(わたしを含む)。で、今回はやってくれましたぁ~っ!


精養軒が南米ブラジルにっ!

サンバサンバサンバサンバサンバカーニバルです。


ド派手なお姉ちゃん達がはち切れんばかりのおっぱい&お尻をプリンプリン!!ピーピピーッ!...これはホイッスルね。リオのカーニバルです!みんな大喜び。スケベ丸出しで狂喜乱舞!やったネ、お二人さん。披露興行なんかやらなくてもいいくらい()大成功でしたぁ~!


で、今回は文菊クンの手ぬぐいを紹介します。


bungiku.jpg

この度、文菊クンはなんと28人抜きでの抜擢!たぶんうちの師匠の36人抜きに次いでの記録です。それは何故?文菊クンがイケメンでスマートで実家がお金持ちだから!これには小三治会長も納得です。金持ちバンザーイ!!


...ではなく()、会長は真打の基準を年功序列ではなく、自分の耳で聴いて認めた芸を理事会ではかって決めようというお考え。その眼鏡にかなったのが菊六クンの『稽古屋』。これは真打の芸だ、ってんで今回の昇進と相成りました。2009年にはNHK新人演芸大賞落語部門大賞も穫ってるしね。それに菊六クンの実家はお金持ち。母校学習院も裏口からスーイスイ。...これは関係ないし、裏口でもないたぶん...ホントだったらゴメンネ、ごめんねぇ~


でも、手ぬぐいを見れば、あれっ...もしかして裏口??と思ってしまっても仕方ない。文菊クンの似顔絵の脇に『團』。むむっ、これは『縛りの帝王』団鬼六先生?


...違う違う、あの歌舞伎役者市川團十郎丈!三遊亭玉々丈とは『丈』が違う。ホンモノです。な、な、なぜぃ?!文菊クンのお父上と團十郎丈とは、現在有名女優さんのお嬢ちゃんがイジメしてるっていう噂青山学院の同級生なんだって!その関係で文菊クン、子供の頃から可愛がってもらってるんだってサ!でもただの同級生だったら、可愛がってもらえないぜぃ?!やはり、大金持ちに違いない!今度おごってもらおう()。実は、二ツ目時代の手ぬぐいもこの似顔絵。『古今亭文菊』の文字を新たに書いてもらいました。そのまわりの小紋、『文』を合わせたモノと...ん?肛門...のわけねぇだろ()菊です、菊!とにかく、羨ましい手ぬぐいです!オレも生まれ変わったら絶対大金持ちの息子になってやるぅ~!


でも文菊クンの似顔絵、何度見ても小林まことの漫画に出てくる柔道部員に見えてしまうのはわたしだけ?


古今亭文菊 襲名披露興行スケジュール


鈴本演芸場 夜席

2012年9月21日(金)〜30日(日)

新宿末廣亭 夜席

2012年10月1日(月)〜10日(水)


浅草演芸ホール 昼席

2012年10月11日(木)〜20日(土)


池袋演芸場 昼席

2012年10月21日(日)〜30日(火)


国立演芸場 昼席

2012年11月1日(木)〜10日(土)

※9日(金)のみ昼夜二回公演



詳細は落語協会ホームページもご覧ください。


http://rakugo-kyokai.or.jp/Articles/ShinUchi-2012-Spring/



shinshinuchi_aki1.jpg

shinshinuchi_aki1.pdf








kinjirusi0911.jpg



「曇りいっさい無し!」

「水あか落としの決定版!」

「驚くほどよく落ちる。鏡ピッカピカ!」


......なんてうたい文句、うんざりするほど聞きました。でも、効きません()


驚くほどよく落ちる...って、驚かしてくださいヨ!ホント、風呂場の鏡の水あかって落ちない。いろいろ試したけどダメです。だいたい落ちて「まあ、こんなモンで勘弁してやるか?」...うーん、でも納得いかねぇなぁ、なんだかなぁ~...てな感じ。ほとんど諦め状態で、買ったのが『超強力ダイヤモンドパッド』(株式会社ヒューマンシステム)


NEC_1437.JPG

これが最強ダイヤモンドパッド様だぁだぁ~!

こすってこすってこすりまくるぜぃ!!




うたい文句は「最強の研磨素材」「あきらめていたガンコ汚れ取り」...またまたぁ~、よく言うヨ!どうせオイラ騙されちゃうんだもんね~()。でも、騙されるにはちょいとお高い。だって20×15mmでだいたい750円。だけどこの大きさでこのお値段、騙されたくないし、ちょっと期待してしまう。早速、お風呂場へ直行!水をつけてこするだけ。


ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ...


NEC_1438.JPG

曇った鏡。思ったほどは汚くないのは、

ちょっと汚れるとダイヤモンドパッドしてるから。

これでも湯気で見えなくなっちゃうのです。




NEC_1439.JPG

見て見て見てぇ~!ピッカピカでしょ!スゴくないですか?



あらっ、落ちてる?!...ちてる!!落ちてますぅ~!ホントに落ちた!キレイキレイになっちゃった。へぇ~、凄いなぁ。うたい文句がウソじゃない()!このダイヤモンドパッド、人工ダイヤモンドを使用したプロ仕様。プロ仕様ってのがいいネ。ちょっと皆さんも騙されたと思って使ってみてみて!しつこい鱗状痕りんじょうこんも一発です。...あの鏡の水あか汚れを鱗状痕って言うんだぁ。初耳!すり減るまでくり返し使える。


NEC_1442.JPG

わかりにくいけど、すり減ったダイヤモンドパッドくん。

これだともう落ちない()。。




...実はわたし、このダイヤモンドパッドが二個目、リピーターです。ひとつ目がすり減ったのでもう一個購入。ピッカピカっす!お風呂場で散髪するわたしとしては鏡が命。...あっ、わたしもう十数年自分で髪の毛切ってます!だから、もう大助かり。床屋さんに行くことを考えればダイヤモンドパッドは安い、安い!うたい文句もたまには信じるもんだね()


よーし鏡も磨いたし、これから芸を磨こっと(ウソ)






昨年七月に『待ってました、十一代目!』としてこのブログで紹介しましたが、落語芸術協会の桂平治さんが十一代目桂文治を襲名いたします。協会は違いますが、同じ時代に前座修業していた仲間が大きな名前を継ぐのは嬉しいものです。


先日、文治さんが新宿末廣亭界隈でお練りをしました。ロンドン五輪のメダリストたちが銀座をパレードする前日です()。あちらは五十万人!で、こちらは??人。まあ、あっちは北島康介に内村航平、なでしこジャパンの面々。こっちは歌丸、鶴光、ヨネスケ...だからねぇ()。その中、文治さんは人力車に乗って新宿二丁目のファンに手を振っていたそうです()


でも、銀座パレードの五十万人はすごかったねぇ~!なんか日本じゃないみたいだった?あと、よくわからないのは五十万人って数。誰が数えるんだろ?新聞には『五十万(主催者発表)』としてある。これがよくわからない!主催者発表って言ったもん勝ちみたいなところがあるでしょ?以前、ある噺家の襲名披露のお練りをやったときは主催者発表が14万人で、警察発表はその半分以下だった()。あと半分はどこ行っちゃったの?


まあそんな話はさておき、十一代目文治さんはとても不思議なヤツで、うるさいし、下品だし、悪癖だし...でも、なぜかみんなに愛されてます()。先日、圓歌師匠が「平治っているだろ、今度文治になるヤツ。アイツ、変なヤツだよなぁ~。」だって()。違う協会の大看板の師匠にも知られているほどホント変なヤツです。どんな変なのかは、九月下席からの披露目を観に行ってくださいネ。



さて、手ぬぐいです。


bunji01.jpg

平治時代の手ぬぐい同様、先代文治師匠の描いたものです。以前のモノは蘭、今回は竹。竹は古来より縁起の良いモノとされています。常碧木で年中色が変わらず、健康、隆昌、長寿を現します。また竹の節には、その節目節目に真っ直ぐ成長するという意味があって、正にこの襲名にもってこいの縁起物。この手ぬぐい、実は兄弟子の小文治師匠が二ツ目時代に使っていたもので、その原画をそのまんま使いました。もちろん『桂文治』の文字も先代のもの。十一代目曰わく、全部うちの師匠です。...じゃあこの『平治改め十一代』の文字は?...「これも師匠の字を合成して作っちゃったんです()。」...何でもできるんだねぇ~。では、ひとつ芸のほうも先代と当代を合成して、新しいもっともっと面白い、楽しい、新・文治をよろしくお願いします!


あと、竹の葉は「枯れて落ちても二人連れ」という意味があって、夫婦の愛の象徴なんだってサ!...あっ、文治さん独り者だったねぇ~()




bunji00.jpg





















20120901_3.jpg

口上書きと扇子。画はもちろん先代のもの。

芸術協会の披露目は扇子が夫婦(めおと)。



20120901_kojo.jpg

三点セット(扇子・手ぬぐい・口上書き)といっしょに入っていた『十代目桂文治改名御披露』。ご自身の口上書きの画も自分で描いてます!落語協会・落語芸術協会両協会の理事の名前の入った珍しいもの。三平、志ん朝、柳朝の名前も...。後見は先代正蔵師匠。先々代文治師匠とは長屋のお隣さんでした。






桂平治改メ 十一代桂文治 襲名披露興行スケジュール


新宿末廣亭 夜席

2012年9月21日(金)〜30日(日)


浅草演芸ホール 昼席

2012年10月1日(月)〜10日(水)


池袋演芸場 夜席

2012年10月11日(木)〜20日(土)


国立演芸場 昼席

2012年11月11日(日)〜20日(火)

※16日(金)のみ昼夜二回公演



bunji-600.jpg






















































kinjirusi0901.jpg


最近、ちょっと身体にガタがきています()


慢性の腰痛に加えて、喉の調子も良くないのです。ふたつまとめて悪いので、高座に支障をきたしています。先日は腰の痛みで座布団に座るのもやっとの状態で、座った瞬間にピキッときて、それが顔に出てしまうくらい()


喉も最悪でしゃべっている時、咳き込んでしまいました。たぶんこの原因は酒?飲み過ぎです!ここ半年くらい調子が悪く、七月には風邪も伴って声が出ない!仕事にも支障をきたし、とうとう寄席を休んでしまいました。


そして病院嫌いのわたしが医者にかかりました。とても、適当な先生で「風邪ですね。」...だけ。「実はしゃべる商売をしているので、声が出なくて困ってるんですが...。」「風邪ですんで、吸入器して帰ってください。お大事に。」「......。」。



20120901_machine.jpg

ますます病院嫌いになりました()。二、三日で声は出るようになりましたが、喉自体あまりよろしくない。で、吸入器を購入しにヨドバシカメラへ。


ちょっとお洒落なモノが欲しかったのですが、どれもあまり代わり映えはしない()。まあ吸入器にそれを求めることもないので、唯一生理食塩水を使えるA&D超音波式温熱吸入器を買う。


帰宅して早速吸入!鼻と喉をキレイキレイする。






組み立てるとこんな感じ。いたってふつうの吸入器。でも、口鼻両用です!







20120901_salt.jpg

この匙一杯の塩で生理食塩水を作ります。




元々、鼻炎気味だし、花粉の時期にも良い。スーしてハー、スーしてハー。気持ちいい~!病みつき...というほどではないけど一日二回やったりしてます。なんか鼻の通りも良くなって、以前はわからなかった香り、匂いまで感じる。良くも悪くも臭ってしまう()

まあ商売柄、良いことなんで吸入人生始めます。


20120901_tamaface.jpg

イっちゃってます()。ミタさんが見てますヨ!




では、これから腰に針を打ちに行ってきます。痛たたぁ~!






リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。