顔は四角くても、高座はまろやか?

| トラックバック(0)

わたしの著書『噺家の手ぬぐい』の前書きで、良く根多帳を書き間違える前座さんのことを書きました。

『お菊の皿』を『お菊の血』...お~怖っ。

『堀ノ内』を『堀ノ肉』...惜しいけどネ()


今回はその張本人、柳家喬の字クンの手ぬぐいです()。さん喬師匠のお弟子さんです。

当時、前座名は小きちクン。わたしは『コキきち』と呼んでました。


その由来は、ある日わたしが開演前の池袋演芸場に着物を取りに行くと楽屋が真っ暗。まだ前座が入る時間ではなかったので自分で灯りを点け、鞄に着物を詰めていると高座からゴソゴソ物音がする。誰かいるのか? 近づくと扉が開いた。前座の小きちがズボンを上げながら出てきたのだ! ...なぜ、ズボンを上げる? そりゃあ、脱いでいたから。では、なぜズボンを脱ぐ? ...しかも、態度が怪しい。もぞもぞして慌てる小きち。


「あっ、おはようございます。」おはよー、おまえこんな時間に高座で何してなんだ?「いや、あの...朝、師匠を見送りに行って早かったものですから、ちょっと寝てました。」寝てたわりには

ハッキリしている。ホントかぁ? まさかお囃子さんの匂いを嗅ぎながら◯◯てたんじゃないだろうな?「ち、違います!」


その手にはティッシュが...。それ以来、わたしはコキきちと呼んでいる。


半分フィクションです()


じゃあ、手ぬぐいに行きましょ()


kyonoji01.jpgkyonoji02.jpg





















...あれっ...二種類?...縦ヴァージョンと横ヴァージョン。どちらも角文字(角字)で『喬の字』。そういえば喬の字クン、顔が四角い。それで、角文字?『の』が『之』になってます。その脇に寄席文字で『柳家喬の字』。


橘右楽師匠のデザインです。よく印半纏などに使われる角文字を粋に手ぬぐいにしました。くぅ~っ、もったいないねぇ、コキきちクンには()


素敵です。


噺家の手ぬぐいでこの文字を使っている人は少ない。縦ヴァージョンはお客様用、横のデザインは芸人仲間に配る用。縦ヴァージンは三枚集めて暖簾に出来る。ということはお客様は喬の字クンに三回ご祝儀を渡さなくちゃあならない。考えましたねぇ()


この色はさん喬師匠のおかみさんが暖簾にするならこの色がいい、と選んでくださいました。横柄の芸人用は、さん喬師匠が、いつも使っている手ぬぐいの色。さん喬師匠は高座では、師匠である先代小さん師匠の手ぬぐいしか使わない。その手ぬぐいの色で、師匠からお借りして手ぬぐい屋さんに同じ色に染めてもらいました。やるじゃん、コキきちクン...いや、喬の字クン!素敵な色です!















小きち時代のエピソード。立机楽屋の前座の中で一番上の者を立前座と呼びます。その立前座が根多帳をつけるための机で筆を持ちながら何やら悩んでいる。どうやら『人形買い』と書きたいようだが筆が途中で止まったまま。『形』の文字の遍だけ書いてあるので、どうやらつくりがわからないようだ()。辞書をひく小きち。見つけた!ホッとしてつくりをチョンチョンチョン。このチョンチョンチョンが右から左なのか、左から右なのか、これがわからなかったらしい()


右から左だったら書きにくいだろ!そんな人形は即返品だっ()




kinjirusi0701.jpg



あめあめふれふれかあさんが

じゃのめでおむかえうれしいな

ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん


うーん、どうだったかなぁ?

雨降ったって母ちゃん迎えに来てくれた記憶ないしねぇ~()


最近は土曜日に雨が降る確率が非常に高く、楽しみにしている草野球もなかなかできないし...。こないだなんか二日連チャンゴルフでウキウキだってのに二日間雨。東京は晴れなのにゴルフをした福島だけ降った()。。しかもその雨で風邪ひいて声が出ず寄席休んじゃった()...って笑ってる場合ではない!


とにかく、雨は好きじゃないのです。石原良純の天気予報も当たらないし...。でも、毎年やってくる梅雨。だいたいが面倒くさい。邪魔だしねぇ。前にお洒落な傘を貰って、一週間後に居酒屋に忘れて以来、あまりいいモノは持たないようにしている。でも、ビニール傘はちょっとねぇ~。でも、いつ降るかわからない梅雨の時期。やっぱり折り畳み傘かねぇ。


で、買いました。折り畳みのクセに案外かさばるモノもある。まして、こないだ買ったボディバックはことのほかモノが入らない()。で、コイツ。小せぇ~!リモコンの半分。この細身がいい。長さはそれほどではないけど、痩せてる。...傘に『痩せてる』ってのも変だけど...



NEC_0931.JPG

比べるタバコがなかったのでリモコン。

半分...は大げさだけどかなり小ぶり。



NEC_0932.JPG

()。五角形です。シルバーがいかす?



骨が少ない分、細い。五本なんで五角形です。充分でしょう。いまはどこへ行っても地下があるし、わたしの家は駅から線路沿いを歩くとあまり濡れない。...じゃあ、傘要らないじゃん()



NEC_0933.JPG

直径約50センチ。小さいです。これで傘の役目を果たすのだろうか?

紺、黒、茶、ブルーetc....赤を選びました!




今年の梅雨は大雨で被害があったけど、局地的だったりして毎日降る例年よりは少ない...気がする。なんで、この傘は未だ開いてません、あしからず。


あめあめふれふれもっとふれぇ~

わたしのいいひとつれてこいぃ~






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lascaux.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/130




月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。