2012年7月アーカイブ

玉の輔沖縄旅行記

| トラックバック(0)

七月下席号『噺家の手ぬぐい』はお休みします()


休みったって、全く休みってわけじゃなくて手ぬぐいが休み。

今回は『玉の輔沖縄旅行記withはなしか』

まあ、沖縄日記と言ってもわずか24時間と少しの滞在なわけで...()

ゆいレールと言うモノレールと徒歩の旅です。



九州地方が記録的豪雨でたいへんだった七月中旬、相棒の『はなしか』と沖縄へ仕事で行きました。前日、前々日と二日間で十四時間飲酒していたわたしはくたくたの状態。やっとのことで布団から這い出し羽田空港へ。飛行時間の二時間半はもちろん熟睡。なんとか生き返る()



ホテル到着。まずはシーサーと記念撮影。

001.jpg









002.jpgのサムネール画像

















普通のお宅にもシーサーがっ!!



『ことりっぷ』という旅本を買っていたのでそれだけを頼りに那覇の旅開始。



000.jpg

まずはゆいレールのホームを探す。沖縄は三度目だけど観光した記憶なし。しかも、十年以上昔の話。ひさびさの那覇空港は広い。ちょっと海外っぽいし...ったって海外旅行の経験もほとんどないんだけど()







初ゆいレールです。

日本最西端なんだってサ!





006.JPG

空港のコンビニにFC琉球のグッズ発見。とりあえずステッカーを購入する。ゆいレールの改札で一日券をゲット。



この大きさ(24CM×18CM)500円は安い!

元日本代表の我那覇も在籍。地元愛ッス!



600円で乗り放題。すごいのは24時間使えること。つまり、明日の同じ時間まで使用可能。やるな~沖縄。ゆいレールに揺られてホテルのある県庁前駅で降りる。ぐわ~っ、暑っ!!しかも、蒸す!なにこれ、頭の中の沖縄と違うじゃん!沖縄ってカラッとしてんじゃあないの!?


ムレムレで徒歩三分。ホテル到着。時間が早くてチェックイン出来ず、荷物だけ預けてホテル内のレストランで沖縄到着祝いのオリオンビールではなしかと乾杯!沖縄の人はおおらかなのか、隣りのテーブルで沖縄っぽいおばぁと沖縄っぽいおじぃが堂々と金勘定している。


大声で693,000円あるから...。」つい見てしまう。確かにあった()。かりゆしウェアで勘定しているのでちょっとあやしい。

大金を目にしたあと、ゆいレールで首里に行く。目標は首里城と首里そば。県庁前から二十分足らずで到着。ことりっぷ片手に真のトラベラーだぜ~ぃ!でも、周りも旅行者ばかり。東京人が東京タワーに行かないくらい、沖縄人も首里城には行かない(たぶん)


道路に『←首里そば』の文字。地図によるとここらへんのはずなんだけど首里そばが無い!ちょうど郵便屋さんが通ったので聞いてみる。「&H$%#"=|~+>('&%!.........。」...わからない()。けど、通り過ぎているようだ。戻る。




ソーキそばとジューシー。ジューシーなんて初めて知った!

ソーキって豚のあばら肉のことで圓窓師匠の伜ではないのです。

圓窓師匠のご子息は三遊亭窓輝さん。


003.jpg

あったぁ~、首里そばののれん!三時近いのですいていたけどお昼時は並ぶらしい。ラッキー!ソーキそばとジューシーを注文。ジューシーとは全然ジューシーでなく、炊き込み御飯のこと...らしい。空腹も手伝って美味しくいただく。食しているとおばさんがのれんを外した。ことりっぷによると売り切れ次第閉店。わたしが最後の一杯をいただいたのだ。本日二度目のラッキー!汗びっしょりでごちそうさまをして、目的の首里城へ。城壁沿いを汗ダラダラで歩くこと約10分。





004.JPG

テレビで観たことのある赤い門発見、守礼門だぁ!沖縄の民族衣装を纏ったお姉さんもいる!はなしかと記念撮影してもらおう、...と思ったらどうやらお金を取るらしいのでやめる()800円払って首里城見学。やたら赤い()。沖縄っぽい。





首里城正殿withはなしか。

1992年に復元されたんだって。



うわぁ~!

暑さでアイスもあっという間に溶ける()


005.JPG

歴史に感心したふりをしつつ()、城をあとにする。さっきと違うルートで帰ろう!

街なかの道を選択。暑いので

買う気はないけどコンビニで涼む。あ~、極楽極楽。ローソンを出たところにブルーシールを発見!一番沖縄っぽいブルーウェーブというパイナップル入りのアイスを食べる。何故かマンゴーが売っていた。アイスで体も落ち着いたはずだけど、ものの三分も歩くと汗が噴き出してくる。





008.JPG

運転手さんもかりゆしウェアです。



今度はスーパーで涼むことにしよう!

すっかり体が冷えたので、首里駅へ。予定では、牧志駅から国際通りを歩いて買い物&食事と考えていたのだが、連日の暴飲とこの暑さであっさり変更。いったんホテルに帰って一休みしよう。



ゆいレールでホテルに帰る。ぐしょぐしょの体にシャワーは最高だぜぃ~っ!!一時間ほど寝る。元気を取り戻したので買い物&食事に出発。もう七時を過ぎたので昼間のような暑さはない。作戦成功!!


国際通りはずーっと賑やか。

お土産屋さんも夜中まで閉めない?


007.JPG


一度ゆいレールで牧志駅まで行って国際通りをホテル方面に戻ることにしよう!国際通りは八時近いのに賑やかだ。お土産屋も閉める気配なし。まだまだこれからの様子。まずは一軒のお土産屋に入る。まだ買わない。隣りも入る。その隣りにも入ってみる。そのまた隣りも...


みんな同じものを売っていた()。お洒落な店もたくさんある。楽しい!いろいろ買う。またまた買う。どんどん買う。止まらない()














ラフテイも食べとかないとね()


013.JPG


買い物はここらにして、食事にしよう!やっぱり、沖縄に来たのだから沖縄っぽいものを食べよう、とそういう店に入る。ソーキそばとジューシーは食べた。あとはラフテイとジーマミー豆腐、沖縄焼きそば。ミミガーとかはちょっと苦手なんで注文しない()。本日二度目のオリオンビールと泡盛。さすが沖縄、泡盛まみれだぜぃ~っ!!良い心地でホテルで熟睡。



波照間島の幻の泡盛『泡波』。

グラス一杯1,890円!この瓶は4,500ml。いくら?

012.JPG












二日目。チェックアウト前にテレビを点けると高校野球の準決勝をやってた。しかも、二局で!!だいたいチャンネル数が少ないのに二局()。どんだけ沖縄人は高校野球が好きなんだか!出てくる選手出てくる選手みんな大城・玉城・金城・大城・玉城・金城・大城・玉城......と城づくしで永遠に続く()。サッカーのワールドカップで旧ユーゴスラビアの選手がみんな◯◯ビッチだったのを思い出しました()。そうこうするうちにホテルのチェックアウトの時間がきて迎えに来てくれました。


022.JPG

ゆいレールの各駅でアイスコーヒーが100円。

この暑さじゃあ飲んじゃうよね。35=サンゴ(珊瑚)です。

35コーヒーは沖縄の風化した珊瑚を使ってコーヒーを焙煎。

地球環境を考えているコーヒー屋さんです!



少し早かったので仕事までは時間がある。会場から歩いて繁華街に行く。

国際通りだ。実は昨日迷って買わなかったTシャツが気になっていたので、やはり買おう!汗まみれで歩くこと20分。開店が12時なのでぶらぶらする。



010.JPG

はなしかの友達発見!グッズは発見できず。

あったら欲しいねぇ。



011.JPG

なぜかジョーが灰になってました。

お土産屋さんに意味もなく()

アニメキャラのオブジェを飾っているところが多かった?




014.JPG

T-SHIRT-YA.COM国際通り店さんで購入した

ヤンバルクイナポロシャツ。翌日さっそく着ました!



019.JPG

MAXで買ったTシャツと風呂敷。

手前に小さく見えているのは御守り。沖縄の塩が入ってるんだって。

小袋もお洒落ッス!






015.JPG

豚の顔がまんま売っていました()

ラチガーっていうんだって。

『お好みに切ってそのままお召し上がり頂けます。』...って、残酷?!



025.JPG

スーパーには当たり前の顔してゴーヤー炒めセットです。さすが沖縄()



017.JPG

首里城では有料だったけど

国際通りの紅型お姉ちゃんはタダ()

良かったネ、はなしか!







スギちゃんも勝手に使われてます。

絶対、無許可だぜぃ~っ、ワイルドだろぉ~!


009.JPG

お土産屋はどこも『国際通りで一番安い店です』の看板だらけ()。そうこうするうちにお目当てのMAX開店。入って物色しているとお姉さんが「よくみえますよねぇ?」と声をかけてきた。「いやぁ、よくってことはないけど...昨日来ました。」「やっぱり!覚えてますよ。」「...。」昨日来た時は、男性の店員さんひとりで、このお姉さんはいなかった(苦笑)。まあ、愛想がいいのでいいかっ()。もう一軒、気に入った店でオブジェを買う。実は、昨日も買った()














020.JPG

MAX 沖縄』で検索したら、

「沖縄出身の四人組音楽グループ。ナナ、レイナ...。」だって()





016.JPG

Bijou Boxさんは可愛いものだらけ。みんな手作りなんで品切れ必至!

ひとつひとつ愛情を込めて作ってます。店内撮影禁止のため、外観撮影。





018.JPG

どうよ、可愛いでしょ?解説付きです。

真ん中の琉美ちゃんは沖縄舞踊の名人です。

くくる(左上)は沖縄方言で『心』の意味。

心がきれいな人にしか見えないんだって。


良かった、見えたヨ()



026.JPG

もちろんシーサーくんも購入。たいがいペアで売ってました。

よく見ると二人共顔が違うのね!

右側のシーサーくんはなぜ口を開いてるの?

...で、調べました。『阿吽』なんだってサ。右側が『阿』、左が『吽』。

声に出した時の口の型です。納得。



この店(Bijou Box)は、みんな可愛い!時間もきたのでまた、汗を垂らしながら会場へ。楽屋にシャワーがあるのを確認していたわたしはそんな汗を気にしない。スッキリしたあとはお弁当を食べる。......沖縄色、一切無し!エビフライに焼鮭。白身魚揚げ物に柴漬け()。でも、帰りに主催者さんから戴いたお土産は思いっきり南国。


024.JPG

このマンゴーが二箱!ありがてぇ~、けど重かった()



マンゴーをなんと二箱!ありがとうございます。美味しくいただきましたっ!ホント美味しかったぁ~!



あっという間の沖縄の旅。ホント暑かった。そしてムシムシ。あちらの方に聞いたらこの二、三日だけ蒸しただけで、ふだんはカラッとしてるみたい。うーん、残念!



そして今回旅した感想。かりゆしウェアの人をたくさん見たけど、なんかイメージが違う?いわゆるアロハシャツなんだけどラフに見えない。真面目そうに見える。それは、ボトムがスラックスだから。ジーンズにアロハの人はいない感じ。...いても旅行者。皆さん、ピシッと折り目の付いたズボンをはいてビジネスバックを持ってきちっとしてる。これこそかりゆしウェアです!一枚買おうと思ったけどチンピラっぽくなるので今回はやめておきました()


ありがとう、沖縄!ありがとう、ことりっぷ()


023.JPG

コンパクトで旅行者にはとっても良い!大きな旅行本はちょっとネ()

内容もわかりやすいし、可愛い。女の子向けかねぇ~。


021.JPG

沖縄の空がわたしを見送ってくれました!わぉ、沖縄の雲は低い!


『林家三平』を救った男

| コメント(1) | トラックバック(0)


lg_tsubo.gif

7月15日23:00~NHK Eテレ『美の壺・選』で

「手ぬぐい」が再放送されます!

コレで何度目の再放送でしょ? とにかく観てください。


http://www.nhk.or.jp/tsubo/




 

*   *   *   *   *



路上で車座になってビールを酌み交わす若者たち。いや、若者ではないような、...とにかく世間で言うところの『若者たち』とは違う。こいつらの会話が聞こえてくる。


「あのさあ、来年の干支ってなんだっけ?」

...来年ですか?なんでしたっけねぇ。」

「えっ、来年の干支ってもう決まったんですか?」

......。なんだよ、もう決まったんですか?...って?干支だよ、干支。」

「だから、もう決まったんですか、って聞いてるんです。」


一同絶句。


「あのさぁ、干支って決めるもんじゃなくて決まってるの、順番で!

「えっ、そうなんですか?ちっとも知らなかった!」


一同二度目の絶句。


「じゃあおまえはいままで生きてきた三十数年間、誰かが毎年抽選かなんかで決めるもんだと思ってたの?」

...そうじゃないですけど、アレって郵便局が決めるんじゃないんですか?!」

...。」


...わたしも絶句()



この会話は瀧川鯉昇一門の路上打ち上げでのもの。

ちょっとスゴすぎます!この団体()を束ねているのが瀧川鯉朝さん。まあ、束ねているったって、缶ビールを買いあたえるだけだけど()

鯉朝さんは元々は春風亭柳昇師匠のお弟子さんでしたが、師匠が亡くなって現師匠、瀧川鯉昇師匠のもとへ。この鯉朝さん、とてもヘンです()落語も顔も型もヘンです(大笑)...あと、行動も


でも、不思議と人懐っこいヘンなヤツです。一度、見てみてください。



手ぬぐいはなんと『フクちゃん』、横山隆一先生です。なんで、鯉朝の手ぬぐいに?!


20120711001.jpg


20110711T.jpg















左は真打昇進時のたとう紙。




実は横山先生と鯉朝さんは同郷、高知県出身。真打に昇進する時に、是非横山先生の絵を...とお願いしたところ「一度呑みに来なさい。」とご自宅に招いてくださった!わたしなら鯉朝は招き入れたくないけどね()。快くこの絵を描いてプレゼントしてくれました。

また、横山先生はお宅に遊びにきた方々に壁にサインをもらっているそうで、鯉朝さんにもサインを頼んだそう。しかし、壁には著名人のサインがびっしり!鯉朝さんの書くスペースが無い。



「先生、隙間がなくて書けないんですけど...。」

「じゃあ、そこの薄くなったところの上でいいから書いてって。」

「わかりました。」と鯉朝さん。


先生がそういうんだからまあいいか、...でも一応確認、いったい誰だろう?と、そのサインを見て驚いた!『林家三平』。ひぇ~っ!!良かった、確認して()


...あっ、この『林家三平』はお父さんの三平師匠。いっ平の三平じゃありません!もちろん鯉朝さん、このサインの上からは書けず隣の柱に書いて帰りましたとさ。ちなみに、二代目の三平クンは二ツ目時代にフクちゃんの手ぬぐいでしたが...


この横山先生のお宅の壁は現在高知県にある横山隆一記念館に飾ってあります。この壁には鯉朝さんが救った()『林家三平』のサインのほか、『林家正蔵』『林家いっ平』のサインが仲良く並んでいるそうです。良かったなぁ鯉朝、良いことしたなぁ()


しかしこの記念館に、横山先生のお宅の柱に書いた『瀧川鯉朝』のサインがあるかは定かではない!




kinjirusi0711.jpg


『ケンミンショウ』って番組知ってます?色黒と出っ歯の人が司会して、各県の微妙な一地域の習わしをいかにも県民がみんなやってるように錯覚させるあの番組。胡散臭いけどついつい観ちゃう()。そこで以前取り上げた愛知県豊橋市のカレーうどん。普通カレーうどんといえばカレーの汁の中にうどんが入っているもの。


でも豊橋のカレーうどんはちょいと違う!カレーうどんを食べると下からごはんが出てきてこんにちは。カレーライスになっちゃう!これは、大食いの女性がカレーうどんにごはんを注文したいんだけど、「カレーうどんとあとごはん。」というのが恥ずかしい。じゃあ最初っから入れちゃえ、ってことらしい。...まあ、こじつけ?でも、番組的には良い()。で、できたのが『豊橋カレーうどん』。


一粒で二度美味しい的発想で楽しそうなんで、自分で作ってみました。あつあつごはんの上に『肉のハナマサ』の冷凍うどん。うどんは茹でたあとアツアツのところにメンツユを薄めずに和える。これをのっけて、そのまた上にまたまた『肉のハナマサ』レトルトカレー()。あれば生卵を黄身だけのけて完成!なかなかイケる。めんどくさい昼ご飯、よくやる定番メニューになりました。


二、三ヶ月前に豊橋で降りた時に『豊橋カレーうどん』ののぼりがあちらこちらにあるのを発見!しかし、時間がなく食せなかった。で、今回食べてまいりました、ホンモノの『豊橋カレーうどん』。

各店舗で違いはあるものの基本的には同じ。


町中にカレーうどんののぼり。

豊橋市をあげてカレーうどんに力入れてまっせ!

NEC_1202.jpg


5kajou.jpg


へぇ~、うどんとごはんの間にとろろがはさまってるんだぁ!

ここは玉の輔式豊橋カレーうどんby肉のハナマサと違うところ。わたしが立ち寄った豊橋駅の駅ビルのみかわの郷カルミア店はオリジナリティの溢れた豊橋カレーうどん!。ネギ、豚バラ肉、ウズラの卵に自家製食べるラー油とプチトマトが入ってる!オー、イタリアン?!


ウズラとプチトマト。紅白でおめでたい!

NEC_1200.jpg


...ん?五箇条の福神漬けは入ってない()。まっ、いいか!それより隣の人が頼んだ時もらってた紙エプロンはなぜだかわたしにはくれない()小心者のわたし「紙エプロン持って来い!」とは言えない。ハネないように啜る。うーん、イタリア~ン!なかなか美味しい。


わからない人のために...

こういうことです。

NEC_1204.jpg


ずるずるイク。ずるずるずるずるイクとでてきました、とろろ。でもうどんがまだ残っているので几帳面なわたしは全部食べてからカレーライスにいく。さて、いよいよカレーライスインとろろ。ぐちゃぐちゃに混ぜる。そして、パクリ!うーん、トレビアーン!本来とろろはうどんとごはんが混ざらないために入れたもんだと思うけど、コレが良い、コレで良い!『コレが良い、コレで良い』...相田みつを的な美味しさで◎。


一応、小皿がついていたので使って食べました。

カレーとろろごはん()

NEC_1201.jpg


今度、うちでもとろろ入れてみよーっと!でも、ハナマサに山芋売ってたかなぁ()

ここで宣伝。ハナマサの冷凍讃岐うどんがたいへん美味しくなりました!


ちなみにわたしはハナマサの回し者ではありません()



パンフレットには豊橋カレーうどんが食べられるお店がズラリ!

各店舗でそれぞれ違うみたいネ。

NEC_1205.jpg



*  *  *  *  *



今年も【圓朝まつり】の季節がやってまいりましたぁ~!


落語協会恒例の圓朝まつりが 85() に開催されます。

今年は場所がちょっと変わって谷中全生庵のすぐ近所、初音の森で行われます。

詳しくは落語協会ホームページをご覧ください。


わたくしのお店『ハルベル堂』では、

芸人ブロマイド一枚100円、

そしてお宝くじ付き2012年玉の輔手ぬぐいが1,000円!


また、落語協会公認キャラクターはなしかのお店では、

圓朝まつり限定商品も販売予定。


みんなで遊びにきてください!


顔は四角くても、高座はまろやか?

| トラックバック(0)

わたしの著書『噺家の手ぬぐい』の前書きで、良く根多帳を書き間違える前座さんのことを書きました。

『お菊の皿』を『お菊の血』...お~怖っ。

『堀ノ内』を『堀ノ肉』...惜しいけどネ()


今回はその張本人、柳家喬の字クンの手ぬぐいです()。さん喬師匠のお弟子さんです。

当時、前座名は小きちクン。わたしは『コキきち』と呼んでました。


その由来は、ある日わたしが開演前の池袋演芸場に着物を取りに行くと楽屋が真っ暗。まだ前座が入る時間ではなかったので自分で灯りを点け、鞄に着物を詰めていると高座からゴソゴソ物音がする。誰かいるのか? 近づくと扉が開いた。前座の小きちがズボンを上げながら出てきたのだ! ...なぜ、ズボンを上げる? そりゃあ、脱いでいたから。では、なぜズボンを脱ぐ? ...しかも、態度が怪しい。もぞもぞして慌てる小きち。


「あっ、おはようございます。」おはよー、おまえこんな時間に高座で何してなんだ?「いや、あの...朝、師匠を見送りに行って早かったものですから、ちょっと寝てました。」寝てたわりには

ハッキリしている。ホントかぁ? まさかお囃子さんの匂いを嗅ぎながら◯◯てたんじゃないだろうな?「ち、違います!」


その手にはティッシュが...。それ以来、わたしはコキきちと呼んでいる。


半分フィクションです()


じゃあ、手ぬぐいに行きましょ()


kyonoji01.jpgkyonoji02.jpg





















...あれっ...二種類?...縦ヴァージョンと横ヴァージョン。どちらも角文字(角字)で『喬の字』。そういえば喬の字クン、顔が四角い。それで、角文字?『の』が『之』になってます。その脇に寄席文字で『柳家喬の字』。


橘右楽師匠のデザインです。よく印半纏などに使われる角文字を粋に手ぬぐいにしました。くぅ~っ、もったいないねぇ、コキきちクンには()


素敵です。


噺家の手ぬぐいでこの文字を使っている人は少ない。縦ヴァージョンはお客様用、横のデザインは芸人仲間に配る用。縦ヴァージンは三枚集めて暖簾に出来る。ということはお客様は喬の字クンに三回ご祝儀を渡さなくちゃあならない。考えましたねぇ()


この色はさん喬師匠のおかみさんが暖簾にするならこの色がいい、と選んでくださいました。横柄の芸人用は、さん喬師匠が、いつも使っている手ぬぐいの色。さん喬師匠は高座では、師匠である先代小さん師匠の手ぬぐいしか使わない。その手ぬぐいの色で、師匠からお借りして手ぬぐい屋さんに同じ色に染めてもらいました。やるじゃん、コキきちクン...いや、喬の字クン!素敵な色です!















小きち時代のエピソード。立机楽屋の前座の中で一番上の者を立前座と呼びます。その立前座が根多帳をつけるための机で筆を持ちながら何やら悩んでいる。どうやら『人形買い』と書きたいようだが筆が途中で止まったまま。『形』の文字の遍だけ書いてあるので、どうやらつくりがわからないようだ()。辞書をひく小きち。見つけた!ホッとしてつくりをチョンチョンチョン。このチョンチョンチョンが右から左なのか、左から右なのか、これがわからなかったらしい()


右から左だったら書きにくいだろ!そんな人形は即返品だっ()




kinjirusi0701.jpg



あめあめふれふれかあさんが

じゃのめでおむかえうれしいな

ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん


うーん、どうだったかなぁ?

雨降ったって母ちゃん迎えに来てくれた記憶ないしねぇ~()


最近は土曜日に雨が降る確率が非常に高く、楽しみにしている草野球もなかなかできないし...。こないだなんか二日連チャンゴルフでウキウキだってのに二日間雨。東京は晴れなのにゴルフをした福島だけ降った()。。しかもその雨で風邪ひいて声が出ず寄席休んじゃった()...って笑ってる場合ではない!


とにかく、雨は好きじゃないのです。石原良純の天気予報も当たらないし...。でも、毎年やってくる梅雨。だいたいが面倒くさい。邪魔だしねぇ。前にお洒落な傘を貰って、一週間後に居酒屋に忘れて以来、あまりいいモノは持たないようにしている。でも、ビニール傘はちょっとねぇ~。でも、いつ降るかわからない梅雨の時期。やっぱり折り畳み傘かねぇ。


で、買いました。折り畳みのクセに案外かさばるモノもある。まして、こないだ買ったボディバックはことのほかモノが入らない()。で、コイツ。小せぇ~!リモコンの半分。この細身がいい。長さはそれほどではないけど、痩せてる。...傘に『痩せてる』ってのも変だけど...



NEC_0931.JPG

比べるタバコがなかったのでリモコン。

半分...は大げさだけどかなり小ぶり。



NEC_0932.JPG

()。五角形です。シルバーがいかす?



骨が少ない分、細い。五本なんで五角形です。充分でしょう。いまはどこへ行っても地下があるし、わたしの家は駅から線路沿いを歩くとあまり濡れない。...じゃあ、傘要らないじゃん()



NEC_0933.JPG

直径約50センチ。小さいです。これで傘の役目を果たすのだろうか?

紺、黒、茶、ブルーetc....赤を選びました!




今年の梅雨は大雨で被害があったけど、局地的だったりして毎日降る例年よりは少ない...気がする。なんで、この傘は未だ開いてません、あしからず。


あめあめふれふれもっとふれぇ~

わたしのいいひとつれてこいぃ~









リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。