2012年6月アーカイブ

カセンの着物

| コメント(3) | トラックバック(0)

【化繊かせん)=化学繊維。化学的に合成してできる繊維。



...そのまんまじゃん()!でも、辞書にこう書いてありました。


噺家の着物はもちろん絹物、正絹です...なんてこともなくて、化繊の着物を着たりもします。

「なんだよ、芸人のくせに化繊かよ!」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、いいんですヨ洗える着物も!熱演するとやはり汗はかくし、結構照明って暑いんですヨ。こういう時、洗えると便利ですし、どうしても着物で出席しなければならないパーティーの時は汚れを気にしなくていい!


実際わたしは、あるパーティーでお酒をこぼされたことがあって、正絹の着物を着てたから即洗い張り()。。洗い張りってバカにならないからねぇ~。化繊の着物なら洗濯機にポイッと放り込んでパンパンパンって乾かせば元通り。正絹くらいテロンテロンの肌触り。


わたしは神楽坂の『きもの英はなぶささんのものを着てます。モノもいいし、色紋付なんかは好みの色に染めてもらってます。以前、染めた反物が微妙に指定した色と違って出来上がってきた。「すいません、すぐに染め直しします!」とのこと。しかし、これがいい色なんだぁ~!結局、そのまんま羽織をこしらえた。この羽織の評判の良いこと()。楽屋やお客様にも褒められっ放し!コレだから楽しいネ、着物も手ぬぐいも。それでもって、英の女社長さんもキレイだしね。


で、今回の噺家の手ぬぐいは化繊クン...歌扇クン!

いやぁ~、歌扇クンまで長かったねぇ、フリが()三遊亭歌扇クン、圓歌師匠のお弟子さんです。二ツ目になって三年。内弟子だった彼は二ツ目になってからも一年間、師匠のお宅で御礼奉公。偉いっす。内弟子仲間のわたしとしては感動モノです、ハイ。まだまだ若手ですが、かなり老けてます()。歌扇っていったいいくつなんだろう?と、東京かわら版増刊号の寄席芸人写真名鑑で調べてみる。本名のあとに書いてある【生年月日】の欄を見ると、7月29日。...ん??生年月日の月日だけで生年がない!アイドルじゃあるまいし、なんだい、不詳って。ちなみにうちの妹弟子、春風亭ぴっかりちゃんは生年月日の欄がない。...何様だ()!とにかく歌扇クンは年齢不詳です。でも、かなりの年であることは間違いナシ。

なにしろ、圓歌師匠に入門する以前、なんと横山やすしさんの弟子だったのです。やすしさんが選挙に出馬するまで弟子だったそうなんで、まあそれなりの年齢でしょう()


kasen.jpg


そんな歌扇クンの手ぬぐいは名前にちなんで扇、扇子です。手ぬぐい屋さんがデザインしてくれたそうですが、青海波が扇子に見えるようなものになっています。色も渋めで細かい小紋の手ぬぐいらしい手ぬぐいです。『四代目 三遊亭歌扇』。へえ~、四代目なんだぁ?現歌扇クンが入門前にいた歌扇はは二ツ目になってから辞めた。その前にも二人、歌扇がいたわけで、よくよく聞いてみると全員真打にならずに辞めてしまったそう。「縁起が良くない名前なんで兄弟子たちはみんな反対したんですが、師匠が気に入った芸名なんで...。」...じゃあ仕方ないネ()。歌扇史上初の真打を目指しましょう!


で、歌扇の着物は化繊?





kinjirusi0621.jpg










ま た ま た や っ て し ま い ま し た !


adidasゴルフシューズ特注です!



今年はクラブも買い揃えたし、練習にも行くようになったし、真剣にゴルフをやろうかなぁ...そんなわたしに足りないもの。足りなくはないんだけど()形から入るわたしとしてはゴルフシューズを新調したい!


徒歩5分圏内にゴルフショップが点在するところに住むわたしは、ほぼ毎日ちょこっと顔を出し、店員さんに嫌な顔をされながらパター練習()。そのついでにシューズを見る。地方に行く新幹線、飛行機の中ではゴルフ雑誌を買い、新商品(シューズ)を物色

そこで見つけたのがadidasの特注ゴルフシューズ、miadidas

自分だけの一足が欲しい!


早速、調べる。どうやら新橋のテーラーメイド・アディダスで購入できるらしい。とりあえず行ってみよう!入口は一階、店舗は階段を昇った二階。昇ってすぐのところがシューズコーナー、既成品が並んでいるその横に『世界限定一足』の文字。世界限定一足...いいねぇ、この響き!店員のお姉さんに尋ねる。ナイキの特注スニーカーと同じでパソコンの画面上でいじくれるらしい。その日は視察、買う気はないけどいろいろいじくってもらう...お姉さんにいじくってもらう...ちょっとやらしい表現だけどやらしくはない()


NEC_1139.jpg


←このパソコン画面上でmiadidas作成。ディスプレイされているのはいろんなmiadidasくんたち。




どこをどうできるのか?

だいたいの感じを知りたくていろいろいじくってもらう()。お姉さんもわたしの言う通りにいじくってくれる。なんとなく様子がわかったのでとりあえずその日は帰る。いろいろいじくってくれたお姉さんはイかない...いや、買わないわたしにがっかり...待ってて、また来るから!









↓パソコンができないアナログ人間のわたし。。


NEC_1055.jpg



パソコンをいじれないわたしは家へ帰って紙に色鉛筆でシュミレーション()。これを頭に焼き付けていざ出陣!しかし机上の空論、色鉛筆とパソコン画面はやはり違う。考えていた色が使えなかったりする。パソコンでもう一度やり直し。まあ、これは楽しいので辛くはない!画面上でいじくりまくる()POWERBAND 3.0というシューズを基本にして地の色を白か黒か選ぶ。そこに側面、三本ライン、底、内側のカラー。左右に文字も入れることができ、その下には国旗かどういうわけだかNBAのチームのマークも入れられる。ヒモも選べる。こりゃあ、楽しい!ひと通り完成すると、足の型を測定して合ったモノを履いてみる。わたしの足は25.5センチでちょっと細身なんで既成のものより幅が狭いシューズに決定。


で、待つこと約二週間。あっという間にカスタマイズシューズの完成です!





ジャジャーン!どーよ


NEC_1144.jpg

NEC_1145.jpg

↑名前も入ります!踵かかとに国旗、

NBAのチームのマークを入れることができますが、わたしのは無し。

でも、なぜNBA??ゴルフシューズだよねぇ



NEC_1163.jpg

↑靴底をスカイブルーにしたので

紐を替えてみました。


NEC_1164.jpg

↑こんな小物たちと合わせます。

この下品なベルトはゴルフ雑誌の懸賞で当たった。

なんと定価21,000円!



どうよ、ピンク。女の子みたいでしょ?なかなかないね、こういう男物は。

いいねぇ~、世界限定一足は。

こうでなくちゃ!どこにも売ってない...売ってても買わないような()、これが良いのです。


早くゴルフ行きたいなぁ~!

次回は75日、まだ梅雨明けしてないだろうなぁ。


雨降ってたら?......もちろん履きません()




*  *  *



そして・・・・



本日、6月21日から30日、

池袋演芸場昼の部、玉の輔師匠が主任です!

落語協会のメルマガでもインタビューされてましたね〜


下記よりチラシをダウンロードして木戸で出してくださいネ。

(注:23日は玉の輔師匠お休みです)


これをクリック

FLYER201206.pdf


tama201206.jpgのサムネール画像



やられたぁ~!

| トラックバック(0)

いやぁ、わたしとしたことが...気がつきませんでした。

やられました、天晴れです()


今号のブログを書こうと思って、どれにしようかと手ぬぐいの沢山たくさん入った袋から出して物色していた時のこと。『噺家の手ぬぐい』(20075月刊以降二ツ目になった噺家の手ぬぐいで紹介していなかったモノはないかしら?...と探していたらありました、『初音家左吉』


左吉クンは初音家左橋師匠の一番弟子で噺家になる前は理学療法士をしていたという変わり種。髪型はリーゼントで全く噺家に見えない()

落語協会のホームページの自己PRも


「只今バリバリ売り出し中。俺の中ではスタンダード『初音家左吉』。今年もぶっ飛ばして行くよ。ヨロシク。あっそうだ。理学療法士免許有り。いて座。うーん、こんなもんだ。以上。」


...上から目線()。なんだよ、スタンダード『初音家左吉』って?!意味わかんねぇ()左吉の『吉』矢沢永吉だと高座では言ってますが、こじつけです、たぶん()。だって永ちゃんが、「あっ、そうだ。理学療法士免許有り。」なんて言わないもん!


今回は、こんなエセ永ちゃんの手ぬぐいです。

『手ぬぐい噺家』のわたし御徒町近辺を歩いている時、通行人からいきなり指をさされて「おっ、落語家......手ぬぐいの!」と言われたこと有り。は、後輩から手ぬぐいを渡されると必ず広げて確認。左吉クンの手ぬぐいも二ツ目昇進時もらったモノを確認した記憶有り。


NEC_1124.jpg


確かちょっと太い縞だったような気が...。畳紙から出して見る。さすが手ぬぐい噺家玉の輔、記憶通りの縞模様!どれどれ...と全体を広げてみる。


sakichi00.jpg


......ん?...これ、もしかして?!わたしは手ぬぐいの右に周り、左に周り、上行って、下行って見る。...あっ、やられた!気がつかなかった!やはり、そういうコトか!!



手ぬぐいを床に広げて右左でも可)に寝そべって見ると『初音家左吉』の文字が浮かんでくるではあ~りませんか!


NEC_1123.jpg


ちっとも気がつきませんでした。ごめんなさい、ペコリ。このデザインは左吉クン当人。「パソコンでただ伸ばしただけです。」とあっさり。

落款は?「確か自分で彫りました。」これまた、あっさり。へぇ~矢沢がコツコツ石を彫るんだぁ()。意外な一面を知ったわたしでした。


意外ついでにもうひとつ。ホームページのプロフィールに2007年銀色有効章2010年金色有効章...とある。なによコレ?...コレは献血するともらえるものらしく、70回で銀色、100回で金色なんだってサ。そんなに献血してたら血が無くなっちゃうゾ!


ということで今回は酒癖の超悪い左吉クンの手ぬぐいでしたぁ~!


kinjirusi0611.jpg


最近ハマっているテレビ番組は『コドモ警察』。TBSの深夜番組で主演は鈴木福クン。エリート刑事が悪の組織レッドヴィーナスの罠にはまって特殊ガスで子供の姿にされてしまっているという有り得ない設定の刑事ドラマ()。『太陽にほえろ!』のパクリでボス気取りの鈴木福クンが愛人吉瀬美智子と舌っ足らずで交わすやり取りに思わず顔をほぐしてしまいます。是非観てちょうだい!...なんだけど、もうすぐ最終回()。。残念ッス!


もうひとつオススメ番組は『バカソウル』。吉本興業が音楽と笑いを融合させて若手芸人が真面目にライブパフォーマンスする『ダイナマイトバカソウル』をテレビ向けに編集したテレビ東京の深夜番組。コレは理屈抜きに面白いのでチャンネルをひねって...ひねらないネ、今は()。とにかく観てみてネ。


今回の玉金はバカソウルの中でもイチオシの豊満乃風!

NEC_1125.jpg

NEC_1126.jpg



湘南乃風ではない、豊満乃風です。コチラもパクリ!パクリ好きだなぁ、オレ()。リーダーはデブ旦那ことダイノジ大地洋輔。何年か前にエアギターの世界大会で優勝したあの人です。豊満な四人の若手芸人が汗をかきかきかきタオルを振り回し真剣にデブを歌う姿は感動モノ!しかも、上手い!楽しい!『豊満の誓い』『豊満の祭り』などなど入ったアルバム『豊満伝説』はノリノリで思わず口ずさんでしまってます()。中でもBeach Love featNAOMIは、カッコイい!NAOMIはコチラもおデブ女芸人渡辺直美。歌上手いね!


豊満乃風を聴いて湘南乃風とケツメイシの区別のつかないわたしも、そんな音楽に興味を持ち始めた今日この頃でした。


そうだ、今度歌武蔵兄さんに歌ってもらおっ(笑)!




:::手ぬぐいブログ管理人よりしつこく!お知らせです〜:::




6/8日の「上野経済新聞」のヘッドラインニュイースにはなしか君が紹介されました!

玉の輔師匠も登場しています。http://ueno.keizai.biz/headline/1097/



でもって・・・


6月21日から30日、

池袋演芸場昼の部、玉の輔師匠が主任です!

今回のチラシははなしか君!地方を飛び回ったり、焼き鳥を食べたり、

何かと忙しい彼もちゃんと師匠を応援しにくるみたいです。ほんとか?


下記よりチラシをダウンロードしてくださいネ。

(23日は玉の輔師匠お休みです)


FLYER201206.pdf


tama201206.jpgのサムネール画像


先日、帰宅してマンションの郵便受けを見るとなにやら大きな封筒が。

また、何か当選したのかしら?


...案外懸賞に当たったりするわたしは、応募したモノを思い出してみる。

...ゴルフシューズ...ゴルフクラブ...ゴルフバック...ゴルフばかりだけど()。とにかくこの大きさのモノが入る封筒ではない。よく見ると立派な文字で『東京都台東区○○ 五明樓玉の輔様』。玉の輔の名前で応募することはまず無いから、どうやら何か当たったわけではない。ガッカリして裏を返すと『吉本興業株式会社』...えっ、吉本興業??...何これ?

...吉本お笑い芸人のクリアファイル当選?...違う、吉本興業の左に


『桂三枝改メ六代桂文枝』の寄席文字。


もしかしたら『新婚さん、いらっしゃい!』のYES・NO枕?!...枕が入る大きさじゃない()...ん、待てよ...あっ、そうだ!最近、上方の師匠方の大名跡襲名があると三点セットが東京の真打にも送られてくる。東京の噺家は上方には送らないのに()...


太っ腹です!もうご存知でしょうが、上方落語協会会長の桂三枝師匠がご自身の六十九歳の誕生日、七月十六日に『六代桂文枝』を襲名いたします。先代文枝師匠は松鶴師匠、米朝師匠、春團治師匠と共に上方落語四天王。総領弟子の三枝師匠が継ぐことになりました。その襲名の口上書き、扇子、手ぬぐいだったのです。



で、今回は久しぶりの大看板、しかも初の上方噺家の手ぬぐいです。


bunshi001.jpg

まず驚いたのは畳紙。着物の畳紙みたい。こんな立派なの見たことないっす!紐をほどいて手ぬぐい拝見。白地に『鴨の羽色』で縞が左右の上下斜めに入っていてその間に『文枝紋』が六つ。文枝紋は初代文枝が使い始めた紋で『文枝』を名乗る噺家だけが着けることができる紋。丸く見えているこの紋は『文』の文字が四つ繋がっていて、文が四つで『ぶん・し』。紋が六つなのは六代目だから?『六代 桂文枝』の脇にどこかで見たことあるような落款。...『紫』。...あっ、書家紫舟さん!紫舟さんはNHKの大河ドラマ『龍馬伝』やわたしも何度か出演させていただいた『美の壷』のタイトル文字を書いている方。ステキです!全体的な柄は先代の桂文楽師匠のものとよく似ていて、シンプルで重々しく貫禄のある手ぬぐいです。



この中に手ぬぐいがっ!

優香写真集の紐をほどくのとはわけが違う()



bunshi01.jpg





bunshi002.jpg













口上書きも素敵っす!

紫舟さんの文字と文枝紋の台紙の下には

建築家安藤忠雄さん、小三治師匠、歌丸師匠、米朝師匠、

春團治師匠、吉本興業の社長さん、会長さんの

お祝いの言葉。






bunshi003.jpg二年くらい前の話。『三枝・小朝二人会』に出演させていただいた時、前座のぽっぽ(現ぴっかり)とふたりで三枝師匠の楽屋に挨拶に伺うと三枝師匠が『ご苦労さま。』とポチ袋をくださいました。ありがとうございました。さっそくうちの師匠に報告すると「ぽっぽはともかく、なんでキミまでもらうの?!」と呆れ顔。そりゃあ、師匠の言う通り。わたしも芸歴25年超、しかも一応落語協会の理事だしねぇ~。でも、三枝師匠には二ツ目に映ったのかしら?貫禄の無いのも時にはステキ!...そう思う今日この頃です()




kinjirusi0601.jpg



噺家はあまり下駄を履きません。表を着物で歩くことが少ないからかもしれませんが基本は雪駄です。お正月に紋付羽織袴姿で年始回りをするときもたいがいの噺家は雪駄。まあ、雨や雪なら下駄ですが...。あっ、もしかして下駄持ってないかも?...って、くらいのものです()


畳柄の型押しした鼻緒の黒い2,000円くらいで売ってる、花火大会に帯をずいぶん高い位置に締めて浴衣の前がはだけた若いアンチャンたちが使っている安物雪駄はもちろん履きません。

...履いている前座とかいるかも()。たいがいは畳かエナメル製です。値段もピンカラ兄弟...いや、ピンからキリまで。でも、見た目はあまり変わり映えしません。お正月の寄席ではほぼ全員が雪駄で楽屋入りするため、履き間違えて帰る噺家も少なくありません。事実、わたしも間違えられたことがあります()。。まあ、木久扇師匠が先代小さん師匠の黒い革靴を履いて帰ったこともありますが()


そこで誰にも間違えられないような雪駄、作りましたぁ!


エイ皮です、エイ皮!

スティングレー(エイ皮製品をこう呼ぶらしいです。)っす!



setta01.jpg


←菱屋カレンブロッソ東京ミッドタウン店。店員さんに名刺を渡して「ボク、噺家なんで雪駄のモデルとかやりますヨ!」とアピールしてきました()




老舗履物メーカー菱屋さんのプライベートブランド『菱屋カレンブロッソ』の別注雪駄。東京ミッドタウン店で買いました。三月上旬、某老舗デパートでこの菱屋カレンブロッソの雪駄を購入。メインの女性用雪駄に別注ができるようなんで男物は?と尋ねると年配の店員曰わく「男性の物は既製品だけです。」...って、ウソじゃん!すっかり騙されたヨ、日本橋○越本店には。仕方なく既成のものを買ったんだけどサ!その後、伊勢丹の店員さんから事実を知るわたし。くそぉ~、日本橋三○本店!で、先日、六本木のカレンブロッソ東京ミッドタウン店へ行ってまいりました。。以前、このエイ皮雪駄の存在に興味深々だったわたしは、この雪駄(カレンブロッソではZETTAと言うらしいが、店員さんに聞いたところ由来は不明?!)も特注できることをこの時に知り、買い物の虫がウズウズ。ウズウズした時には『買う!』ことにしているわたしは、店員さんが可愛かったのもあって購入決定()


別注品はと呼ばれる台になる部分の種類と色、鼻緒EVAという底を選ぶことができます。


 

setta02.jpg



ワオ~!エイだぁ~、

剥がされてる()

これで片足作ります!




もちろん天はエイ皮。色は黒・赤・ベージュ・オレンジの四色からさんざん悩んだ挙げ句、一番派手なオレンジ!店舗に在庫のあったオレンジ色のエイ皮の中から気に入ったものを選ぶんだけど染めの具合が微妙に違うのでまたまた悩む。「よし、コレだぁ!」と決めると店員さん、「もうひとつお願いします。」...もうひとつ?!...あ~、両足いるのねっ!近い色を選択。







setta03.jpg


続いて鼻緒。コレも悩む。だってたくさんあるんだもん!オレンジのエイくんの上に置いてカラーコーディネイト。アイボリーにする。





鼻緒ちゃんたちです。

目移りしてしまう~!






setta08.jpg


ここが先ツボ。色変更成功です!




親指と人差し指の間の鼻緒を留めるとこ、先ツボというらしいのだけど、そこだけ色を換えることができるのでプラス1,050円でエンジに。底は革ではなくゴム製。三色の中からココアに決定!選ぶのにずいぶん時間がかかりましたが、いいモノができそう!








で、マツコと一突き!...いや、待つことひと月。

...恐いよ、マツコと一突きなんて()

完成しましたぁ!コチラで~す!


setta06.jpg

くぅ~っ!どうです、エイ!思ってた以上の出来栄えに余は満足じゃ!




setta04.jpg

店頭に飾ってある黒ヴァージョン。

これも素敵っす!


『菱屋謹製』。謹製ってのがいいネ!


setta05.jpg







setta07.jpg













コレがスターマークです!

白く宝石のように輝く模様はスティングレーならでは。


最高です!





いいねぇ、オリジナル!

これでお正月も安心して寄席に履いて行けるっす!

実は今また、あるオリジナル製品を注文中!コレはまたの機会に紹介いたします。


あ~、最近買い物の虫がウズウズし過ぎる。

誰かオレにこのウズウズを止める薬『ウズウズ救命丸』をくれぇ~!


商品券でも可()





:::手ぬぐいブログ管理人よりお知らせです〜:::


6月21日から30日、

池袋演芸場昼の部、玉の輔師匠が主任です!

今回のチラシははなしか君!彼も師匠を応援しにくるみたいです。

皆さんも是非!


下記よりチラシをダウンロードしてくださいネ。

(23日は玉の輔師匠お休みです)


FLYER201206.pdf


tama201206.jpg





リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。