2012年5月アーカイブ

稽古のお礼

| コメント(1) | トラックバック(0)

噺家ってのはいい商売で、先輩に稽古をつけてもらっても一円も払いません。名人上手と言われる師匠だとしてもです。一席何十万、何百万取れる芸を後輩のために面と向かってタダで演ってくれるのです。しかも一対一で!


圓生師匠も小さん師匠も志ん朝師匠も談志師匠も......いや、談志師匠は別かな()


自分も先輩から稽古してもらってきたからそうする。これが我々の世界では当たり前なのです。でもお金を取らない代わりに稽古をつけてもらう時には、お礼の品物を持っていきます。高価な品物ではなくていいのです。相手が喜びそうな物。稽古していただく師匠のお弟子さんにリサーチしてみたり、楽屋での会話から欲しそうなものを察する...難しいけどセンスです。ゴルフをやる方だったらその師匠が使っているメーカーのゴルフボールを一緒にプレーする時に何気なく調べてみたりだとかネ。


以前、ある後輩から稽古を頼まれたわたしは「吉岡美穂の写真集を持ってきたら稽古してやる!」と言って催促したことがあるけど...()

最近、稽古してあげた前座からもらって嬉しかったものは、わたしが普段高座に上がる前に必ずする点媚薬。ちゃんと判っていて同じメーカーのものをいくつかまとめてもらいました。

偉いぞ、けい木!ちなみにけい木くんは木久扇師匠のお弟子さんです。


で、ある二ツ目の話。弟弟子に稽古を頼まれた時「じゃあお礼にコン○○○持ってきてヨ。オレさぁ、モテモテだからいくつあっても足りないんだよ!」...そう、彼はモテ男。○○○ームをバンバン使う。でも、稽古のお礼に○○ド○○はねぇ、どうかと思いますヨ!ちなみにコンドミニアムじゃありません()




20120521_04.jpg


今回の手ぬぐいは林家たけ平くんです。初めて手ぬぐいを作るのは二ツ目昇進の時。たいがいは師匠か一門の兄弟子に手ぬぐい屋さんを紹介してもらう。それで手ぬぐい屋さんに相談して柄や色を決める。もちろん自分でデザインするのも有り。


でも、今回手ぬぐいを紹介する林家たけ平くんは違う。いきなり、手ぬぐい屋さんに飛び込んじゃった。......えーとねぇ、さっきの手ぬぐい屋さんとこの手ぬぐい屋さんは同じようだけどちょっと違う。前者の手ぬぐ

い屋さんは染め物屋さん。後者は手ぬぐいを売っているお店。そこが知り合いならまあそれもありだけど、たけ平くんは違った。知り合いでもなんでもない()。まあ、たけ平くんは正蔵師匠の一番弟子。だから、気軽に相談できる兄弟子がいなかった?


浅草の『染めの安房』さん。この間このブログで紹介した歌橘っちと同じお店です。でも、歌橘っちは若旦那とお知り合い。たけ平くんはただの飛び込みの客()。よって素人と同じ条件。なかなかいないよ、何もわからず手ぬぐい屋さんで手ぬぐいを作る噺家は()。たけ平くんは""を入れてデザインしてください...これだけ言って願いした手ぬぐいがコチラ。


二ツ目になって初めて作ったものです。











そして、それからも二年に一度柄を替えて染めの安房さんで新調しているそう。偉いねぇ、二ツ目でひんぱんに柄まで替えてるのいないヨ!だけ平くんくらい?

わたしも浅草演芸ホールの出番がある時はちょくちょく染めの安房さんに顔をだす。その時、お店に飾ってあったのがコレ。



20120521_01.jpg
















20120521_02.jpg



うーん、さすが手ぬぐい屋さん。素晴らしい!いいデザインです。


竹林とその間を通る一本道。だいたい竹ってすくすくと真っ直ぐ伸びる、たいへん縁起の良いもの。とてもおめでたい手ぬぐいになりました。これぞプロの仕事です!


20120521_03.jpg



また、畳紙の『壽』はたけ平くんのおばあちゃん石原久子さん書、『林家たけ平』の文字はおじいちゃん石原忠夫さんによるもの。


...なんで?...「おじいちゃんとおばあちゃんが亡くなった後でも残るかなぁ、と思って。」...いい孫を持って幸せだぁ()。。!



ちなみに、○○ドームの話と今回の手ぬぐいのたけ平くんとは一切関係ごさいません!

こんないい孫が、そんなコト言ったりするわけないし、ましてド変態だったりすることなんてあるわけないヨ(大笑)



【追伸】たけ平くん、新しい手ぬぐいを染めたら教えてちょうだいネ。またこのブログで紹介するからサ!そのお礼はコン○○○でいい()









林家たけ平さんのオフィシャルサイトはこちら!




kinjirusi0521.jpg









噺家は...いや、噺家だけでなく男性の着物の下着は肌襦袢にステテコ

肌襦袢は着物屋さんに行けばすぐ買えるし、ステテコだって売っています。着物屋さんにあるステテコはテロテロした素材の長襦袢の下に着ると滑りやすくなっているモノ。また、ステテコはここ二、三年若者の間でも流行っていて、お洒落なモノがデパートや量販店でも見ることができます。長襦袢の下に猿股を粋に穿いている師匠もおります。一席の後踊る方は見せパンならぬ見せテコ...赤い猿股で客席を沸かせます()。また、我々世界は高齢化社会なんで股引(ももひき)をズボンの下に穿いていて、そのまま穿き替えずに高座に上がる師匠方も多い。

わたしの場合、以前は三越製のステテコを穿いておりました。着物用のモノではなかったのですが、意外と安価でモノもしっかりしていてさすが三越!って感じでした。でも、まあ見せるモノでもないし、そこらへんで適当に買うなんてこともしばしば。そんなとき、何気なく読んだ本に出てたのが、今回ご紹介するステテコ!


京都のお土産屋さん、みたいな本...思いっきり観光客が読む本です()

それで見つけたのが京都縮織の山城さんのステテコ


京都縮織とは、桃山時代から伝わる日本の伝統的な製法。ちょうど関西方面に仕事だったんでちょいとついでに、って感じで行ってまいりました。このお店はこじんまりしていて、一見入りずらい。でも勇気をふりしぼって入店。中もこじんまり()。山城さんはいろんな柄のお洒落ステテコを揃えていますが、お目当てはカラーステテコ。このカラーステテコ、なんと1,500円!安さ爆発で大人気のため、本で見た色のモノは売り切れ。わたしはレンガ色っぽいモノが欲しかったのですが...。買ったのは少し地味目な薄いグレーを二枚、微妙に色違い。穿いてみるとふんわりサラサラしていてストレッチ性もあって穿き心地抜群!楽屋でも「そのステテコどこで買ったの?」と、大人気...ったって二人に聞かれただけだけど()。でも、とても良い!今度、日本橋三越に期間限定で出店するらしいので、もちろん行くドエス...女王様とお呼びっ!...いや、行くどすえ!...by京都弁。


NEC_1026.JPG
この丈の長さが絶妙!

NEC_0522.jpg
穿いて自分撮りっす!ちょっと腹が出てきた。


NEC_0498.jpg
タグ。『京都縮織』の文字と紋。
京都縮織にふりがなで『やましろ』。

NEC_0497.jpg
山城さんには、シャツなんかも売っています!


やましろさんのホームページはこちらです。

奴さんだよ!

| トラックバック(0)


二、三年前の話です。上野松坂屋の地下食料品売り場でのこと。

大好きな天一の揚げ玉を買いに地下へ下りるとお弁当屋さんと客のおばちゃんが大きな声でしゃべっている。この二人、知り合いらしい。


「今日さぁ、寄席行ったのヨ、アブアブの前のほら、...末廣亭。」

......鈴本です!でも、どうやら鈴本演芸場に行ったようだ。

出演していたわたしとしては耳がダンボになる。


「玉の輔ってホント、いい男ねぇ~。玉さまに貢いじゃおうかしら。」

...なんて話は全くなくなにやら不思議な会話だ。


「久しぶりに見たわよぉ~、カエル。」

...カエル?...久しぶりに見た?...鈴本でカエル。

田舎の田んぼじゃないんだからゲロゲロ鳴いているわけない。

...ゲロゲ~ロ?...球児・好児先生?いや、球児・好児先生は鈴本の定席には出ない。

耳を澄まして続きを聞く。


「カエル太っちゃってさぁ、...でも、いま会長なんだってサ!」

カエルの会長?...カエル(かゑる)って、、馬風師匠じゃん!

当時、落語協会会長は鈴々舎馬風師匠。でも馬風襲名が1975年だよ(笑)。

"かゑる"はもう30年以上前の名前。このおばちゃんの頭の中で馬風師匠はかゑるのまま(笑)。


でも、圓歌師匠もネタにしてるけど地方に行くと「待ってました、歌奴!」

圓歌師匠が歌奴で売れたのは50年も前。


でも、歌奴なんだねぇ~、昔の人にとっては。我々の世代の歌奴と言えば先代の歌奴師匠。この師匠も面白かった。お客さんに受けるのはもちろんのこと、高座で楽屋に向かってネタをやる(笑)。お客さんはなんだかわからないけど、楽屋はバカ受け!楽しい師匠でした。亡くなって何年になるのかなぁ?


で、今回は今の歌奴師匠。2008年に出来た歌奴。四代目の歌奴。大分出身の歌奴。

お寿司屋さんの伜の歌奴。逢う度に少しづつ太っている歌奴。かきつっち(歌橘)と同期の歌奴です。

どういうわけだか、圓歌一門は三人まとめて入ってくる()。まとめて入ってくるわけじゃないんだけどほぼ同時に三人前座がいる。我々の頃は歌ち栗(故歌雀)、歌ちどき(歌武蔵)、歌ちわり(多歌介)の三人の兄さん。その10年後に歌いち(歌橘)、歌きち(歌奴)、歌ご(鬼丸)。ねっ、三人づつでしょ?だから、何だよ...って話なんだけどさ()



というわけで歌奴さんの手ぬぐいです。


2012051100.jpg


白い正方形がずらーっと並んでる。コレはです、冷や奴。誰がなんと言おうと冷や奴、豆腐です。わかりやすくていい!これは当人のデザイン。自分でイメージした柄を知り合いのパソコンが得意の方に手伝ってもらって仕上げました。とにかく高座で使っていて邪魔にならないもの。確かに畳んだままだと、正方形は格子のような柄だしねぇ、邪魔にならない。...で、この正方形の間にあるみたいなモノは何?!


歌「飾りで星を入れたんです。」

玉「...星?」

歌「でも、ちょっと邪魔なんで取ろうと思ったんですけど、消えないんです、パソコンの画面から()。。」


パソコン得意の人に手伝ってもらったんじゃないの()!?


手ぬぐいの左側には『四代目 三遊亭歌奴』と誰が見ても冷や奴と箸

...豆腐の上のゴミみたいなモノは?「ネギす、ネギ!」...はぁ~、ネギなんだぁ。ゴミが乗ってるわけないし...わたしは生姜と鰹節派です。


さてさて、ここで宣伝。歌奴さん、五月中席上野鈴本演芸場昼の部主任です。詳しくは公式ウェブサイト『あら、歌奴だわ!』をご覧ください。割引もあります!


http://tokyo.talentnavi.biz/utayako/1734  ←ブログはこちら。


皆さん上野で奴をつまみに一杯いかが?



NEC_0961.jpg


もひとつ宣伝。寄席のお土産、落語協会公認キャラクター『はなしか』の手ぬぐいに新色ができました!


初夏らしい空色?...水色?...とにかく薄い青とはなしか色の茶系の二色です。間もなく寄席で販売開始、よろしくねぇ~!



















kinjirusi0511.jpg



どうも迷彩が好きみたいです。


パトリックのカモフラージュ柄スニーカーを買っちゃいました。ちょっと派手です()。なかなかいいでしょ、このテカリ具合!池袋演芸場の手前にあるスニーカーショップで購入っす!池袋駅から寄席に向かう途中、毎日店頭に飾ってあるこのカモフラ柄スニーカーを発見。去年、パトリックのカモフラ柄ゴルフシューズが発売されたのを雑誌で見て「コイツ、欲しい!」と思って、有楽町エストネーションで物色。うーん、このスニーカータイプがあればなぁ!...そんなことを考えていたら新発売です!早速、購入!このスッとしたボディがかっちょいいっす!


家の中を見回したら、結構ありました、カモフラージュ柄()



NEC_0955.jpg

①パトリックのスニーカーってなかなか割引しないんだよネ。

このスニーカーは定価で買ったけどパトリックにしては格安でした。

素材が革じゃなくてエナメルだから?




NEC_0988.jpg

②一昨年買ったPENGUIN  by  MUNSINGWEARの迷彩ペンギン。

おじさんゴルフウエアの勇も最近は若者向けにお洒落です!

もちろんわたしは若者っす()




NEC_0989.jpg

③CALLAWAYのゴルフキャップもカモフラ。

コレかぶってベストスコア更新だぁ(予定)



NEC_0990.jpg

④傘の柄カバーです。

着せ替えカバーでこれからの梅雨も気分一新。

お店で間違えられなくていい。




NEC_0992.jpg

⑤老舗アメカジショップ、バックドロップのカモフラジージャン。

ずいぶん古いモノですが、数年前に安価で購入。

右胸の文字はプリントby玉の輔。




NEC_0991.jpg

⑥左ポケットの人形はソニープラザで買った迷彩犬。




NEC_0993.jpg

⑦愛用のオロビアンコのカモフラボディバッグ。

これからコレを掲げてお出かけします。

『今夜はボディバッグ』by 小沢健二?





うーん、あるねぇ~()


カモフラージュ(=カムフラージュ)とは、周囲の風景に溶け込むことにより敵の目を欺き対象を発見されないようにする方法。


...コレを調べてたら柏原芳恵の『カムフラージュ』が出てきました()。歌詞がすごいです!


あなたの心のどこかにはいつでも誰かが暮らしてる

わたしはあなたの偽物両思い


うーん、深い。作詞は中島みゆきです!


コチラもおめでたです②!

| コメント(2) | トラックバック(0)

いよいよ落語芸術協会の新真打のお披露目がこの五月上席からはじまります。

芸協さんって、ゴールデンウィークから披露興行やるんだよね。たくさんお客さんも入るし、新真打の五人もやる気が出ます!ガンバってちょうだいです。


今回は前回ご紹介できなかった三人の新真打の手ぬぐいです。


まずは、春風亭柳好師匠門下春風亭柳太改め春風亭柳城師匠。元は小柳枝師匠のお弟子さんでしたが、現在は柳好さんのお弟子さん。わたしと柳好さんとはずい分長い付き合いですが、...ふーん、そうなんだ、柳好に弟子がいるんだぁ~、へぇ~。...みたいな感じです。よくわからない表現ですが、そんな感じなんです()


で、お弟子さんの柳城さんの手ぬぐいです。山下清画伯です。『日本平よりの富士』。

ryujou.jpg


いいですねぇ~、山下清画伯。切り絵が有名だけどこちらは点描のもの。ちょうどこのブログを書くちょいと前にテレビ東京の『なんでも鑑定団』で山下清画伯の点描の画が出てたんだけど、あの方は端っこから描くんだって...って意味わかります?たいがい我々...いや画家の偉い先生だって全体の構図を決めてから描きはじめるでしょ。しかし山下清画伯は、隅っこからてん・てん・てん・てん......するんだって!さすが天才です。柳城さんは大の山下清ファン、真打昇進を機にこの手ぬぐいにしました。そういえば柳城さん、山下清画伯にちょっと似てます。



続きましては、瀧川鯉昇師匠門下瀧川鯉橋師匠。手ぬぐいは、なかなか洒落たデザイン。


rikyo.jpg

こういうのわたしは大好きです。上が霰(あられ)のようなそうでないような模様が並んでいて、下半分は縦縞。...ん、これ何でしょう?これは川と橋をイメージしたデザイン。確かに言われてみれば、川と橋のようなそうでないような。でも、わかりますヨ、川と橋でしょ!当人がそう言ってるんだからこれは川と橋です()!去年の暮れに新しく作った手ぬぐいで、本人と奥様と二人のデザイン。いいねぇ、絵心のある奥様がいて!わたしなんか絵心どころかカミサンがいない()。。

これを作るにあたって、夫婦喧嘩が発生!しかも、五回!

でも喧嘩のあとは優しくするんだろうねぇ~。


...オレの手ぬぐいのこっていろいろすまねぇな、ごちゃごちゃ言っちまって。」

「何を言ってるんだい、おまえさん。真打といったら一生に一度のこったろ。

   だからさ、ちゃんとしたものをこしらえたかったんだよ。」

...泣かせるじゃねぇか。おみつ(仮名)!」

「おまえさん!」

「おみつぅ~、ブチュー。」

「あーダメだよ、まだ明るいじゃないかさ。」

「明るくたっていいじゃねぇか。ブチュー。」

「あー、あー、ダメぇ~。」


......みたいなことがあったと思うよ、きっと()

とにかく、ご馳走さまでした。これからも仲良くネ!



そして、トリは笑福亭鶴光師匠門下笑福亭里光師匠。里光さんは上方落語家初の真打です!...えっ、何ソレ?!実は上方落語には真打制度が存在しないのであります。真打どころか二ツ目もなければ前座もない。だいたいです()。里光さんは関西出身ですが鶴光師匠の東京で取ったお弟子さんで落語芸術協会で修行してそのまんま二ツ目になりました。で、この度真打昇進。というわけで上方落語家初の真打昇進なのです。ということは里光さんの師匠の鶴光師匠も真打じゃない()。すでに師匠を超えた()里光さんの手ぬぐいは、大好きなシャーロック・ホームズと愛犬の二匹のミニチュアダックスフント。イラストレーターの宮島幸次さんのデザインです。好きものを丸投げしてお願いしたそうです。左にらふぁえるWATSON、右側にがぶりえるHOMES、真ん中に里光さん。丸投げを丸のまんま返してきました()。でも好きものに囲まれて幸せそうな()里光さんが浮かびます!愛犬の名前は"らふぁえる""がぶりえる"なんでしょう、きっと!これが"ポチ""ハチ"だったら怒るヨ()


riko.jpg


さあ、いよいよです!張り切って行きましょう!皆さんも披露興行に足を運んでくださいネ。以上、落語芸術協会の新真打五人(前回含めて)の手ぬぐいでしたぁ~!



真打昇進襲名披露興行

新宿末廣亭 夜の部 5月1日~10日

浅草演芸ホール 昼の部 5月11日~20日

池袋演芸場 6月11日~20日

国立演芸場 7月2日~10日

お江戸上野広小路亭 7月1日~5日

お江戸日本橋亭 6月21.22.25.26.27


落語芸術協会ホームページより

柳太改メ 春風亭柳城 真打昇進披露公演の出演日程とコメント


瀧川鯉橋 真打昇進披露公演の出演日程とコメント


笑福亭里光 真打昇進披露公演の出演日程とコメント






kinjirusi0501.jpg








知ってます、『宇宙兄弟』って?

小栗旬主演で55()から全国ロードショーされる映画です。41日から読売テレビ・日テレ系でアニメ化もされてます。映画化、アニメ化されるこの『宇宙兄弟』、2008年からモーニングに連載中の小山宙哉先生のマンガです。わたしは今、ハマってます!


NEC_0957.jpg





何故か表紙がピカピカのコーティングです。さすが宇宙っす(意味不明)














NEC_0959.jpg











主人公の南波六太役は小栗旬よりもイメージ的には大泉洋かなぁ?




























41日からアニメ化されるんで三月の下旬、山手線を全面広告で埋め尽くした『宇宙兄弟』。以前、このマンガが面白いっていう噂を聞いたんで、読みたいなぁとは思ってました。でも、なかなかきっかけがなくそのまんまになってた。先日、たまたま手にした『宇宙兄弟』の試し読みの冊子。「へぇ~、なかなか楽しそうだねぇ~。」ってんで一巻と二巻を購入。


...面白い!すんごく面白い!笑える、泣ける!翌朝、本屋さんへ直行()。六巻まで買う。またまた笑って泣いて、そのまた翌日、十巻まで。次の日「どうせ買うんじゃん!」で、売られている十七巻まで一気に読破!あ~、面白かった。早く十八巻出ないかなぁ~!


週刊誌でマンガを買う習慣がないんで、もっぱら単行本派です。高校生の頃はジャンプだのマガジンだの、サンデー、チャンピオン...、毎週読んでだけど。特にジャンプ!クラスに印刷屋さんの伜がいて、月曜発売のジャンプを前の週の木曜日に持ってくる!すごいでしょ?世間の人間がワクワクドキドキ月曜日の来るのを待っている横目で「キャプテン翼、その続き教えてやろうか?」くらいの感じ。でも、木曜日に読めても次の号が出るのは木曜日。一週間待つのはかわらない。その習慣がついちゃうと条件はいっしょ()。でも、小さな優越感でした。


そんなことより『宇宙兄弟』、台詞がいい!宇宙兄弟 心のノート メモしたくなる言葉たちなんて本まで出ちゃった()。わたしがいちばん好きなのは十三巻#120「一切れのケーキ」に出てくる言葉"It's a piece of cake"...「楽勝だよ!」ってコト。主人公六太がシャロンに「いざという時に役に立たないダメ人間です。」を英訳するとなんて言うの?と聞くとシャロンがこう答える。"It's piece of cake"。これを聞いた六太は「ケーキ一切れ分の価値しかないダメ人間」と勘違いする。これは嘘でホントは「楽勝だよ!」。うーん素敵です、シャロンさん。

オレの座右の銘にしよ!手帳に書きました。"It a peace of cake"...ん?間違えてる!peaceじゃなくてpieceじゃん!全然「楽勝だよ!」じゃない()


以上、小ぶり旬こと五明樓玉の輔でしたぁ~!


NEC_0960.jpg





わたしの手帳(ホンモノ)。本格的に間違えちゃってます()!修正テープが悲しい。。















リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。