2012年2月アーカイブ

東京じゃスイカ、大阪はイコカ、九州ではスゴカ、北海道はキタカ...今や全国どこへ行っても自動改札。それこそスイスイ通れちゃいます。ホント便利っす!ちょっと前まではコンサートやスポーツ観戦、遊園地なんか行くと必ず帰りの切符を買っておかないともうたいへんだったのにネ。今の子ども達はそんなこと知らないんだろうなぁ~...って、すっかりおじさん化してますが...()。わたしは『スイカならスイスイお買い物』してますし、オートチャージを利用して超便利な生活です。


という訳で、今回はスイカです。三遊亭粋歌ちゃん歌る多お姉さん一番弟子です。


20120221.jpg

今から6~7年前、OL後藤啓子さんが歌る多お姉さんに弟子入り志願で楽屋に来たとき、わたしはちょうどその場におりました。キチンとしたスーツ姿だったんで、きっと取材に来た編集者かなんかだと思ってたら、どうも様子がおかしい。取材を受けているはずの歌る多お姉さんが威張ってるし、編集者は腰が低くてビクビクしてる()。これが粋歌ちゃんでした。会社の総務部人事課でOLしてた啓子ちゃんは一生懸命前座修行に励み2009年6月、無事に二ツ目になりました。前座名の歌すみから粋歌。手ぬぐいは思いっきりスイカです。鱗の模様青海波ではなくです!粋歌談の中にスイカ、三日月もスイカ。電車はSuicaからイメージしました。で、どういう理由だがスカイツリーもどきのタワーが? これは誰が何と言おうと東京スカイツリーです。


でも、微妙()


墨田区出身の粋歌ちゃんはスカイツリーを手ぬぐいに入れたかった。しかし、二ツ目になった2009年当時、スカイツリーの完成図がなかった...まあ、調べりゃあ手には入ったと思うけど。で、こんな感じかなぁ~、ってんでこんな型になりました()。この手ぬぐいは全部切り絵。粋歌ちゃんの高校時代の同級生の飛魚(とびお)さん作です。飛魚さんは元看板屋さんで現在は主婦。看板屋時代は得意の切り絵で看板をデザインしていたそうです。なんと手ぬぐいの『三遊亭粋歌』と畳紙の文字も切り絵!持つべきものは友だねぇ~。あっ、トビウオだから青海波じゃなく

2012022102.jpg

なんだぁ!ここで納得しました()


先日、粋歌ちゃんと神奈川県の三浦海岸に仕事に行きました。仕事が終わって打ち上げ粋歌ちゃんは下戸です!に出て、横須賀でもう一軒もう一度言います。粋歌ちゃんは下戸です!行って、終電で帰る時、事件は起きた。調べた通り、横須賀中央駅から京浜急行に乗って横浜で京浜東北線の最終上野行きに乗り換えようとしたら粋歌ちゃんがいない!なんと粋歌、スイカにお金が入ってないのだ!乗り換え時間が少しあったから大丈夫だと思ってたら、粋歌ちゃん、チャージに手間取って電車が来ちゃった...。久しぶりに終電乗るのに走ったヨ!スイカのクセに全然スイスイじゃないじゃん()















kinjirusi.jpg









またまた熊本県の天草に行ってきましたぁ~。昨年は熊本空港から車で天草五橋を往復。で、今回は福岡空港から天草エアラインでひとっ飛びしました!早いねぇ~、わずか30分で天草空港に到着っす!スタッフとの食事までちょっと時間があったからホテルの周りをうろうろしておりました。TSUTAYAで立ち読みして、そろそろ帰ろうかと店を出るとガチャガチャが並んでるではあ~りませんか!とたんに身体がガチャガチャ震え...いや、ガタガタ震えだして抑えが利かなくなった時には財布に手が...。どうもガチャガチャを見つけるとやらなくちゃおさまらない性分らしい()。ん?...あらっ、小銭が無い!辺りを見回しても両替機も無し!仕方ない、どこかでなんか買おう。で、隣りのコンビニへレッツラゴン!



↓もうホント、名前の通りこのまんまっす!


NEC_0686.JPG

そこで見つけたのが今回の玉金、このまんま焼きそばぁ~!「いま話題の...」みたいな謳い文句と珍しいさと小腹がすいてたのとで、両替はこいつですることに決定です!「このまんまでも温めてもOK!」とは書いてあったけど、コンビニなんでレンジでチンしてもらう。崩した100円玉で、

TSUTAYAに戻り、マラドーナのガチャガ

NEC_0689.JPG

チャをする。全六種類。ひとつ持っているだけなんで確率は5/6。まず同じモノは出ないだろう...って、出るんだなあ、これが()。。悔し涙を流しながらホテルに帰る。このまんま焼きそばのやけ食いだぁ~!と思ってもやけ食いするほどはないけどネ()。ホントこのまんま食べる。ちょっと濃いめのソース味に具は無し、付き物の紅生姜も無い。ビニールパックの封を切って割り箸を突っ込んで食べるのだ。うーん、なかなかの美味ではないか!箸が進む好みの味だ!箸が進むったってたかが焼きそばワンパック、あっという間になくなっちゃった。おやつだね、こりゃあ。でも、美味しくいただきました。東京にもあればいいのにねぇ、ってんで調べました。コレはイケダパンさんの『このまんま焼きそば』。天草ではなく、鹿児島県姶良(あいら)市の会社のもので、他にも『このまんま塩焼きそば』『このまんま黒焼きそば』やカレー味も...。黒焼きそばはイカ墨と黒酢入りソースをブレンドしてるらしい...どんな味?!もっと調べると北海道美唄市にも同じような焼きそばがあるらしい。『角屋のやきそば』、コレも食したいすねぇ~。肝心の東京にもあるのかどうかは判らず仕舞い。



←思わず笑っちゃいます。こんなの有り?!




でもこの『このまんま焼きそば』のネーミング、お隣宮崎のそのまんま東元県知事から取ったのは誰も疑う余地なしです()。東さん、こんなところにも貢献してましたぁ~!


そういえばヤキソバンやってたあの人って誰だっけ?黒田アーサーじゃないし...()。あっ、マイケル富岡だ!

...って、変な〆のまま、また次回!


NEC_0695.JPG



どうしてこうなるの?

300円もだしたのにぃ!!

ちなみにエガちゃんのは200円()










そしていよいよ本日より主任です!
みなさん来てね〜


201202final.jpgのサムネール画像

しょうしょうお待ちください!

| トラックバック(0)

今回は芸術協会の噺家です。しかも、二ツ目。


SWAのリーダーで笑点でお馴染み春風亭昇太兄さんの一番弟子、春風亭昇々しょうしょうくんです。昇太兄さんのお弟子さんと言えば二番弟子の昇吉くんが史上初の東京大学出身高学歴エリート噺家。この間もテレビ朝日『Qさま』に出てた。昇々くんも関西の名門関西学院大学出身なのに霞むねぇ~、やっぱ東大卒にはかなわない。でも、噺家は学歴じゃあないからネ!実力、実力...うーん、でも東大卒はすごいッス、今回は昇々じゃなくて昇吉くんにするかぁ()。手ぬぐいが手元にないので仕方ない、やっぱ昇々にしよう!


昇々くんは去年の四月に二ツ目になったばかり。前座時代、わたしと一緒にNHK BS放送の『お好み寄席』で大喜利をやってました。噺家にしては可愛い顔立ちでまあ、わたしの前座時代にはとうていかなわないけどネ!、今年九月に文治を襲名する平治さんは携帯の待ち受けにするくらい


そんな昇々くんの手ぬぐいの柄はひょんなことがきっかけで、このデザインになりました。前座時代、居酒屋で生意気にもお酒を呑んでいた昇々くん。たまたま前の席に座っていたお客さんと仲良くなった。デザイナーの松村阿里あさとさん。噺家の前座だということを話すと「よーし、わかった。お前が二ツ目になったらオレが手ぬぐいのデザインしてやるからな!」こんな偉そうに言ったかどうか、定かではありませんが...)。二ツ目が決まった昇々くん、図々しくも名刺の電話番号に連絡した。村松さんも、喜んで引き受けてくれた。良かったねぇ、村松さんがいい人で()


20120211.jpg


普通だったら

...えっ、誰?噺家の昇々...知らねーヨ、そんなヤツ!」ガシャン!!

または

「噺家の昇々?...呑み屋で前に座ってた?...ああ、で、何?...手ぬぐいのデザイン?...あれ、本気にしてたの?!シャレだよシャレ!社交辞令って言葉知らないの?」ガシャン!!


ってのがオチ。村松さんがホントいい人で、良かった良かった。


で、このデザインは五瓜ニ唐花柳昇一門の紋と斜線と斜線の間にスイカにバナナ...スイカじゃないしバナナでもない。これはなんだってサ。母校関西学院のシンボルマークが三日月。昇々くん希望で月を入れてもらいました。だからこれは満月三日月


斜線は山の斜面で紋は太陽を表しているんだとか。なるほどぉ~、お日さまが昇っていくところをイメージしてあるのネ。めでたいめでたい!昇々くんの人気もどんどんどんどん昇ってってネ。縁起のいい手ぬぐいになりました。でも、人と人との出逢いなんてどこにころがってるかわかんないねぇ。良かったネ、いい人と巡り会えて。


昇々くんは昇太兄さんのお弟子さんなんで新作をメインに落語をやってます。『お面接』『あご先生』が得意ネタらしい()...らしいというのは、本人は得意だと言い張ってるけど、ホントはさほど面白くない...というのではなく、実はわたし、昇々くんの噺を聞いたことがない!だから、らしい...ということしか書けない()


今度、必ず聞きますので、少々しょうしょうお待ちください!





kinjirusi.jpg


長崎に行ってきましたぁ~!

長崎と言えば...ちゃんぽん、皿うどん......ちゃんぽん、皿うどん...エトセトラです()。仕事の前日に長崎に入ったので、ちゃんぽんと皿うどんを食べましたぁ~!翌朝は午前中からちょっぴり長崎観光です。長崎ってチンチン電車がやたら走ってて、どんどん来る。なかなか便利な乗り物です。しかも、どこから乗ってどこで降りても一律120てのが良いです!


まずはグラバー園


NEC_0667.JPG



グラバーさんはこんな素敵なお庭でちゃんぽんを食べていたのネ!










チンチン電車で終点の駅まで行って、斜めに登っていくエレベーターに乗っかってグラバー園の一番上に到着。天気が良かったので眺めは最高。改めて長崎の景色に感動します。またこの公園のきれいなこと。よく知らなかったけどグラバーさんの仲間のリンガーさんて方の家もあった。

...待てよ、長崎でリンガーさんてことはひょっとして長崎ちゃんぽんで有名なあのリンガーハットと関係があるのかしら? 説明にそんなこと書いてない。しかし、人間考えることはいっしょ。近くにいた団体さんがガイドのお姉ちゃんに聞いている。


「ねぇねぇガイドさん、このリンガーさんてあのリンガーハットと関係あんの?」

「はい、リンガーハットはこのリンガーさんが由来なんですよ。」

「へぇ~、でどんな由来があるの?」

「え~と...うーん...前は覚えてたんですよねぇ~()。」

...忘れてんじゃん!調べたヨ!


NEC_0672.JPG


空港のオブジェもやはりちゃんぽん()









長崎で幕末から明治にかけて活躍したイギリス人実業家フレデリック・リンガーさんの名前と明るく響きのよいハットを組み合わせできたんだってさ。で、ハットは帽子じゃなくて『HUT』、小さな家です。ふーん、なるほどぉ~!


NEC_0673.JPG



ごめんなさい、忘れてましたぁ~!

長崎カステラのベンチっす!



次はオランダ坂です。

坂の下にちょっと怪しげなカメラ小僧推定年齢2025を発見!どう見てもオタクです。坂の上には活水女子大というお嬢さん学校。ついでに当日は入試日、セーラー服の女子高生ミニスカートで坂を登っていく。しかしカメラ小僧、この大チャンスにもシャッターを切ろうとしない。


...そうか、オレが鼻血をたらしながら「この変態オタク野郎!お前が撮らないならこのオレ様が瞼のシャッター押して念写してやるぜぃ!」って目で睨んでやったから、怖くて写真を撮れないのだな!コイツを横目に坂を登って途中の洋館の喫茶店に入ろうかと立ち止まるとうしろから


「おじさーん! 退いてくださーい!」


...おじさん?まさかオレじゃないよな。するとまた


「おじさーん、坂の写真を撮りたいんで、邪魔でーす。どいてくれませんかぁ~!」


...オレ?辺りを見回すと、やはり誰もいない。...おじさんってやっぱりオレだ!このカメラ小僧、純粋にオランダ坂だけの写真を撮ろうと女子高生のいなくなるのを待ってたのかぁ~。変態はこのオレ()...人生で初めておじさんと叫ばれた瞬間であった()。。。。



NEC_0682.JPG

で、今回の玉金は史恵?文恵?文枝?富美枝?...いや、踏み絵です。長崎といえば、天草四郎時貞。学校で習いました。島原の乱のリーダー、この時わずか16歳。16歳ですよ、野田総理!グラバー園の正面にあるあまりキレイでないお土産屋さんで手に入れました。買おうかどうしようか迷った挙げ句、やはり『宗論』で何度となくキリスト教信者の方にお叱りを受けているわたくしとしては買わないわけにはいかない!奮発して大きい踏み絵を購入、1,000円でした。


これからは肝に銘じて『宗論』演ります。踏み絵の詳しくは説明書きをどうぞ。でもコレ、踏み絵なのに飾れるように紐通す穴有り()




踏み絵です。

たぶん『ロザリオの聖母像』。










NEC_0683.JPG














NEC_0670.jpg

ちょうどデッカイ中華料理屋さんで龍踊じゃおどりやってた。

毎週日曜日にやってんのかなぁ~?





201202final.jpg


こちらもよろしく〜

食パンでお腹もパンパン?

| コメント(1) | トラックバック(0)
ikkin01.jpg

一斤です。食パンです!


ちょっとかわいいッス!いいねぇ~、好きです。この手ぬぐいは柳家一琴さん。一琴さんとは前座仲間、一緒に楽屋働きをしました。入門当時はそこそこ痩せてました。それもそのはず、小三治師匠に弟子入りをお願いに行った竹田桂吾少年本名、ぶよぶよに太っていた


「痩せてからもう一度来なさい。」


...入門を断られる理由が体型。。しかし、桂吾少年は負けなかった。毎日毎日ダイエット、ダイエット...来る日も来る日も減量、減量...。噺家になるんだか、試合前のボクサーなのかわかんない


しかしその甲斐あって少年は痩せた。


56キロ...なんと40キロ減


痩せたんじゃあ仕方ない、小三治師匠だってそう言っちゃったんだから。入門を許された柳家桂助クン一琴さんの前座名リバウンド、リバウンド、リバウンド......付いたあだ名が『リバウンド王桜木花道!』。みるみるうちに元の体型に。


で、その後痩せたり太ったり痩せたり太ったり太ったり太ったり、そしてまた太ったりしながら現在に至る。









ikkin_00.jpg











↑以前の手ぬぐい。




確か前の手ぬぐいは『一琴いっきん』なんで琴の柄だったような...


玉 いつから食パン?

琴「今年から、この柄にしました。デザインは落語カフェの青木さんの先輩です。」

玉 ...?!青木さんの先輩って誰よ?!

琴「だから青木さんの先輩で寄席文字を習っている方がいて、その人のデザインらしいんですけど...。」


連絡先がわからないそうなんで、直接青木さんに聞いてみよう!

...落語カフェ(http://rakugocafe.exblog.jp/とは、神田神保町にある落語を中心とした会をやっている小屋でそこのオーナーが青木さん。しかし、わたしは青木さんとは面識ないし、落語カフェ自体にも行ったことがない。でもずうずうしく電話して、いろいろ聞いちゃいました。青木さんの國學院高校の落語研究会、いわゆる落研の先輩で松寿しょうじゅ)悦二さんと奥様のデザイン。松寿さんは橘右橘師匠の寄席文字教室の生徒さん。『誰でもいいから噺家の手ぬぐいをデザインしてみよう!』って授業があって、見事優秀賞に選ばれたのが松寿さんによる柳家一琴手ぬぐい。で、せっかくだから手ぬぐいにしちゃおう、ってことになって、それに乗っかった一斤...いや、一琴さん。でも、素晴らしいねぇ~、このデザイン、そしてこの企画。他にどんな手ぬぐいのデザインがあったのか見てみたいです、ハイ。


この食パンは奥様がパン粉...いや、ハンコを彫って旦那さんが 寄席文字を書いたという、まさしく共同作業。ふーん、仲がよろしいこと。食パン食パン食パン食パン食パン食パン...食パンまみれの中にドーンと寄席文字で『柳家一琴』。端っこの食パンの『YANAGIYA』もかわいいッス!これだけ素敵に出来上がったんだから、一琴の手ぬぐいにしておくのはもったいない!いっそのこと『柳家一琴』を取っ払って食パンの小紋にしてパン屋さんの手ぬぐいにしよう


ちなみに國學院落研のOB会長は歌手のさだまさしさん。もひとつちなみに松寿さんは学校の先生、高校教師。『高校教師』という響きに反応してしまうのは、わたしだけ?

なんか妙な気持ちになってアソコがムクムクっとしてきたぁ~。あっ、食パンだけにイースト菌で膨らんだ。お後がよろしいようで...


一琴さんのブログはこちら↓からどうぞ!

http://d.hatena.ne.jp/ikkiny/




☆玉の輔情報☆


2月下席鈴本演芸場昼席、玉の輔が主任を勤めます!

このチラシをプリントしてお持ちください。

どなたさまでも2200円にてご入場できます。

プリントはこちらをクリックして下さい。


201202final.jpg



kinjirusi.jpg


限定品とかオリジナルに弱いのはわたしだけじゃあなくて、皆さんもそういう言葉に釣られて買わなくてもいい物をつい買ってしまったということがあると思います。わたしの場合、前号のこのコーナーで紹介したオノフ片山晋呉2011年後期限定モデルのキャディバッグがまさしくソレです。


NEC_0680.jpg



←みんなユニクロ()。&はチェーンステッチ、もちろんわたしが刺繍しました!



でも、みんなと同じよりちょっとだけ違うのがいいでしょ? だって電車でたまたま隣りに座った人とペアルックだったなんて最悪です!しかも、ユニクロ。ユニクロが悪いわけじゃないんですヨ、わたしもずいぶ

んお世話になってるし...。セーターやTシャツはワッペン付けたり、刺繍したり加工して着てます。ほとんどがユニクロこないだ、ブランド品と間違えられた。人と違ったモノにしたくてちょこっといじります。そのちょこっとがまったく違うモノに変身!それが面白い。




NEC_0679.JPG












patagoniaのキャリーバッグ。→

ホントはinnovatorのバッグです。

シールをドライヤーで溶かしながら貼りました!








  ↓『五明樓玉の輔』は金色の刺繍です!


NEC_0678.JPG


でも、まったくのオリジナル自分だけってのも好き、大好きです!ナイキにはそういうモノがたくさんあって、愛用してます!野球のグローブがそうです。軟式グラブにしてはかなり高いモノになりましたが、楽しい、楽しい!グローブの型からパーツの色が好きに選べる。まあ、オリジナルだからスポーツ店に並んでるようなカラーは避けたい。ちょっと派手にしてぇ~、好きな色にしたらこんなになった。ベースが白いんで四年使ったら真っ黒け



  ↓一番最初に作ったNIKE iD。

   刺繍の『AKB906』は高橋みなみの大ファンだから大ウソ

  

NEC_0674.JPG


スニーカーもナイキのNIKE iDっていうオリジナルが作れる超楽しいヤツで去年二足作りました。いっぺんに二足ではなく、一足作って、あまりに面白くて翌月にもう一足。これも型、パーツのカラーがやりたい放題。これまた楽しい、楽しい!原宿ナイキショップのパソ

NEC_0681.JPG

コンで作るので出来上がりが画面で見られる。これなら手元に届いた時、あちゃーやっちまったぁ...という心配もな

しネ!こちらも刺繍で好きな文字を刺繍できる。しかも両足別の文字を入れられる。どう、楽しそうでしょ?でも、自分仕様だと色が偏っちゃって、あちゃーやっちまったぁ!ってことも。でも、楽しっ、また作ろうかなぁ~!







 ↑二足目...なんか色気が似てしまった()

  ...ン?もしかしてこんな感じで一足にして履くってのは、有り?!





リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。