2012年1月 1日アーカイブ

壽 今年もガンバります!

| コメント(1) | トラックバック(0)
2012_000.jpg

新年明けましておめでとうございます。

謹賀新年、恭賀新年、賀正、御慶、初春、迎春、A HAPPY NEW YEAR!...とにかく本年も玉の輔、そして『噺家の手ぬぐい』をどうぞよろしくお願いいたします。


さてさて、2012年一発目はもちろんわたくし五明樓玉の輔の手ぬぐいです!




2012_0101.jpg

今年の柄はちょっと見、あのブランドのように見えますが完全オリジナルです。あのブランドを少しだけ、参考にさせてもらいましたが、たまたま似てしまった...。アチラはGとGを逆さまにしたマークですが、こっちはGとOで五明樓のGO(です。

脇の縞はわたしの大好きな赤と緑にしたら、何故かこんな感じに...

偶然って恐ろしいですねぇ()



す、す、すいませんでした! 完全オリジナルではなく、不完全オリジナルです! 少しだけ参考にさせてもらったどころか、コレを世の中の人たちがパクリと言うのならパクリです()。でも、コレはコレ。手ぬぐいです! だから良しとしましょう! ...と自分で自分を納得させるしかないので、罪悪感などまったく感じない...ようにひとりうなずく玉の輔であった。


先日、こんな話を耳にしました。「最近の噺家の手ぬぐいって昔ながらの小紋とか高座で使いやすいモノが少なくなったねぇ~。」...うーん、そうかもしれない。100%そうかもね、...シブガキ隊みたいなことは思わないけど、確かにそれはあるかもしれない。


『噺家の手ぬぐい』を参考にして手ぬぐいを作る新しい二ツ目や柄を変えようとする噺家が、手ぬぐいを広げた一枚の画として捉えるようになった? だから地味な小紋を良しとしない風潮がある? これはわたしの責任ではないかと! ...うーん、この意見に賛成、悪いのはわたし玉の輔です()!小紋の手ぬぐいって、やっぱりいいもんね!






 ...ちょっぴり反省しながら、新年を迎える2012年です。まあ、コレはこれとして今年も明るく脳天気に生きようっと()! 


とにかく今年もよろしくです!




kinjirusi.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像



新年一発目です!おめでたく参りましょう。


だるまです。ちょっと調べました。「目無しだるまは、願をかけて向かって右の目に墨を入れ、満願成就のあかつきにもう一方の目を開眼させるという習わしに基づいています。」......えっ、向かって右?...あらら()。今回はだるまです。


だるまといえば高崎が有名ですが、その高崎・今井だるま店さんのDESIGNER'  DARUMAとDESIGNER'  NEKOです。どういいでしょ!


20120101tama001.jpg

黒だるまと白猫。白だるまや黒猫もありました。猫の胸には『幸』。

『幸』に隠された「+-=-+」という記号で『-と思うことも気づけば+な学び』と表現。

...うーん、いいネ!



少し前の話ですが、日本橋三越本店に今井だるま店さんが出店している広告が入っていて、ジャパンだるま2012というなでしこジャパンを応援するだるまを買う目的でいざ三越本店へ。そこで出会ったのがこのデザイナーズだるま。ジャパンだるま2012そっちのけで()こちらを購入!なでしこだるまも相当可愛かったんだけどネ。だるまと招き猫。日本人ならではの縁起物、ステキっす!


このふたり()を飾って新年を迎えます!




20120101tama002.jpg

『cadere』とは転ぶ、『rialzarsi』は起き上がる。

達磨大師の教えである七転び八起きを×7、×8でデザイン。

くう~っ!by川平慈英
















20120101tama004.jpg

20120101tama003.jpg


















この何やら難しいイタリア語は『幸せに気づくこと』というメッセージ...だそうです。




20120101tama005.jpg


玉の輔家のお正月飾り。

樽酒、福助クン、鎌倉の大仏、何故か吉田松陰先生、沖縄の魔除けシーサー、ビクターのニッパー、ビリケンさん、亀さんにカエルクンなどなどが皆さんをお出迎えします。善光寺のピカピカ牛の下には年末ジャンボ宝くじ。まだ当選発表してません。(撮影12月28日)



20120101tama006.jpg


冬の土下座。鏡餅バージョンも飾りつけぇ~!




月別 アーカイブ

バックナンバー

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。