2011年9月 1日アーカイブ

真っ直ぐじゃなくて何が悪い?!

| トラックバック(0)

 ...いや、別に悪いなんて言ってませんけど(笑)。


まずは、わたしの足の報告から。


術後全く問題ありません、絶好調です! 一週間は松葉杖とのことでしたが、退院後、一度も使うことなく...ホントはダメなんだけど、出歩いておりました。手術してくれた先生も、自分で縫ったわたしの足を見て「わー、綺麗!きれいキレイ綺麗!!キレイを連呼、自画自賛しておりました

因みに先生は若い...若っぽい、綺麗な...綺麗っぽい女医さんです!


さて、手ぬぐいです。...そういえば前回は手ぬぐい無し、たいへん失礼いたしました。ペロリ...いや、ペコリ。


まずはねぇ、わたしが二ツ目時代の手ぬぐい。この模様はよろけ縞といいます。縞模様が直線でなくヨロヨロとよろけているからよろけ縞。別に解説要らねぇ~、って感じですが


20110901_02.jpg


初めて作ったものは同じ柄ですが、『しゅんぷうていあさいち』平仮名の直筆でした。で、これは二度目の版下で自分でゴムを彫った『あさ市』とメイドイン自分の落款『asaichi』。落款わかりにくぅ~!

この手ぬぐいはふつうのよろけ縞とはちょっと違っていて、縞じゃない部分に色が入っている...わかります? 要するにふつうのよろけ縞は白地に色の縞模様。だから遠目だと全体が白っぽく見える。わたしはコレをあえて逆にして、色を入れて白く縞模様を抜いてある。よって、色が引き立つ。...わかってくださいましたか?...わからない?!


毎年色を変えて、二、三色づつ作っていたので二ツ目の間に二十種類くらいになりました。でも、好みは変わらないので色を決めて染め上がってみると、あらら同じ?てな具合で前に染めた色を忘れてる

縞模様の手ぬぐいは黒紋付色紋付など、無地の着物にはとても合わせやすい。わたしのこの手ぬぐいもたくさんの先輩、後輩の噺家が使ってくれてました。


しかし、わたしも真打昇進時にこの柄を変えてよろけ縞とはサヨナラをします。これに目をつけていた男がおりました...かなり細い目だけど桃月庵白酒ドンです!そういえば、白酒ドンはよくこの手ぬぐいを使っていて、楽屋でよく目撃! というのも最近かなりコレステロールの溜まった身体のため高座で大量の汗をかいちゃあ手ぬぐいで拭き、かいちゃあ拭き、またまたかいちゃあ拭き...の連続。大量の白酒汁の染み込んだわたしの手ぬぐいが楽屋に肌襦袢といっしょに干されてた。気に入って使ってくれてありがと。キミの汗を吸って手ぬぐいも本望だろう!


で、ある時「兄さん、今度この柄使ってもいいですか?」と白酒ドン。「いいよ、もう使ってないし...。でもホントはなんだろ、オレの真似したいんだろ?」。白酒「...ううん、別に。沢尻エリカか!


20110901_01.jpg


このブログを書くにあたって改めて話を聞きました。「手ぬぐい屋さんに兄さんのよろけ縞を持って行ったら、細過ぎて型を彫るのがなかなか難しいらしくて、同じようには仕上がらなかったんですヨ。」...あっそ、見た目全くわかんない...というか、同じに見える。良かった、良かった。

もちろんお正月にお客さまや前座に配るんですが、自分が高座で使いたくてこのよろけ縞にしたんだって! まあ、わたしもそうだけどサ! いいよね、シマシマ。『桃月庵白酒』の文字は雲助師匠によるもの、渋いっす! そういえば雲助一門てお弟子さんみんな亭号が違う。桃月庵白酒を筆頭に隅田川馬石。蜃気楼龍玉なんて言いにくい!なんで? これも聞いてみた。雲助師匠曰わく、真打になるというのは新たに一門を構えるわけだから暖簾分けみたいなもの。...らしいです、ハイ。


話の仕舞に白酒「早く兄さんの芸に追いつけるように、このみだれ縞にしましたヨ。ケケケ大笑。」...って、バカにしてんじゃねぇか、チクショウ。。!だいたいみだれ縞じゃなくてよろけ縞だって言ってんだろ!根性までよろけやがってぇ~!



悔しいので、よろけ縞をもうひとつ。これは落語協会の手ぬぐい。


20110901_03.jpg


いつの間にかよろけ縞、使ってました...わたしに何の断りもなく。これはねぇ、縞が細いのよ、わかる?...よーく見てみて。...ねっ、縞が細いでしょ?...わかんな~い、って...ほら、わか...らない...ねぇ、これは。わかんないヨ、同じにしか見えない。。同じだ、こりゃあ! でもホントはちょっと縞が細いのです。って、どうでもいいかぁ、そんなこと!...あれ?! 三本並べたらみんなそっくり、同じように見えてくる...いや、同じ?...同じじゃん!...う~。。

以上、よろけ縞大会でした~。


でもホントはちょっと......うーん、しつこい!!



20110901_05.JPG

で、たまたま...ホントたまたま、縁というのか出会いというのか、秋葉原と御徒町の高架下にあるAKI-OKA ARTISAN日本百貨店さんという和物雑貨屋さん...まあ、このお店にはちょいちょい行くのですが、そこで手ぬぐいの催しをしておりまして、こんな本見つけました。


『よろけ縞的』! しおたまこさんというイラストレーターさんが描いた絵本。クーさんて方と『イラストと手ぬぐい 二人展』をやってて残念ながら8/30までそこで偶然目に止まったのがよろけ縞の手ぬぐい。


20110901_04.jpg

う~っ、よろけてる! よろけまくりです。もちろんお買い上げ~。他の手ぬぐいも可愛かったぁ~。なお、二人の手ぬぐい展は巡回してるらしいですぞ。






←これが、しおたまこさんのよろけ縞。これだったらわたしの言いたい縞が白いのと地色が白いのが解るでしょ?















kinjirusi.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像玉金コーナーを始めるきっかけになったのが鳥取えェもん蔵で買ったふんばるまん。あまりのカッコ良さにどうしても紹介したくなっちゃった...。あれから何故だか鳥取に縁があって、二回行きました。三カ月半で三回...行き過ぎ?! 今ではこんな感じ!


NEC_0136.jpg
いつの間にか鳥取大好きに...(笑)。ハイ、大好きですヨ!



























NEC_0288.JPG

そして我が家のふんばるまんクンは四人に!最近はこんなカッコさせてます。なんかブレークダンスみたい?



カッコいいねぇ~、ふんばるまんクン!でも、地震があると一番最初に倒れる(笑)。我が家の地震探知機なのです、ハイ!



NEC_0232.JPG

鳥取といえばやっぱり砂丘。で、行って来た~!うーん、思っていた感じとは違って緑とか水があった!

来年、世界初の砂の博物館できるそうでおめでとうございます!そういえば以前、鳥取駅前に砂像があったっけ!機会があったら行ってみよーっと。





鳥取空港で買った『砂コーヒー』。

うーん、何でも砂にするのは...。







さて今回の玉金は、鬼太郎です!NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の向井理クンは水木しげる先生とは似ても似つかないけど...(笑)。鳥取は鬼太郎グッズ溢れ出てます!何処へ行っても鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男にねこ娘...

まるで鬼太郎グッズの金太郎飴やぁ~!...彦摩呂風...うまくない?...いいの、彦摩呂だってうまくないんだから(笑)!まあ、とにかく鬼

太郎だらけです。でも、水木先生ってすごいネ!鬼太郎と仲間たちって、キャラクターがすごくオシャレでグッズになりやすい。誰でも収まりがいいっす!たくさん沢山買っちゃった(笑)。


NEC_0290.JPG



NEC_0292.JPG指人形はオールスター勢ぞろい!あっ、一反もめんは入らないのネ?!










鬼太郎手ぬぐいも二本買ってきましたぁ~!かまわぬさんとのコラボ、さすが!












NEC_0296.JPG

NEC_0298.jpg

「何があったんじゃ、鬼太郎!」...注意書きの※やさしく押してね!ってのがいいねぇ~(笑)。







「父さん、起きて下さい~!」






NEC_0291.JPG


どういう理由だか『妖怪神社』というネーミングのいちごミルク風味の飴。おまけは目玉おやじのキーホルダーっす!








NEC_0142.jpg



目玉おやじのヘアクリップ。頭に着けるとあなたも鬼太郎に!(モデル春風亭ぽっぽ)










鳥取駅の鬼太郎商店にまだまだあります!あっ、えェもん蔵にも置いてあるヨ!









あとJ2にガイナーレ鳥取があって、今シーズンはちょっと成績がかんばしくないけど、魅力沢山!なんたって野人岡野雅行がいる。あの初めて日本をワールドカップに連れて行った(??)あの野人岡野です!まあ、ホントよく外して、最後は決める(笑)!

さすが野人。野人伝説はとにかくすごい!大学時代、アップシューズのまま陸上部に勝った。いや、陸上部なんか目じゃない!なんと野良犬より速かった!野人、カックいい~!Jリーグに入っても伝説は続く。野人のスルーパスを味方が感じられずボールは転々ととんでもない方向に...。そのパスを受けたのは野人本人だった!なんと自分でパスを出して自分で受ける。いないよ、そんな選手って!恐るべし野人のスプリント力!


何でもあるぞ鳥取!...の巻。でしたぁ~!









月別 アーカイブ

リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。