2011年6月アーカイブ

噺家には見習い、前座、二ツ目、真打と身分制度が残っています。

ちなみに上方にはそのような呼び方はありません。


前座の仕事は高座返し、太鼓、お茶出し、師匠方の着物の着付け、などなどいろいろ大変です。楽屋で働く三、四名の前座の中で一番上の者を立前座(たてぜんざ)と呼びます。立前座は立机(たてづくえ)と呼ばれる(まあ、楽屋用語だと思いますが...。)机の前に座って根多帖をつけたりと楽屋の切り盛りが主な仕事です。後が来ていない時には前に上がる師匠に長めにお願いするとか、詰まっていると短めにしてもらうなど、立前座の力の見せ所です。


数年前の話になりますが、浅草演芸ホールでの出来事。


わたしの後に上がる師匠がまだ楽屋入りしていませんでした。このような時には根多帖を見せながら「お後よろしくお願いします。〇〇師匠がまだ入られていませんが、連絡がありましたので普通でお願いします。」などと言うのが正しい立前座。しかし、その日の立前座は違った。わたしの前に根多帖を広げながらこう言った。


「お後ぉ~......(しばらく沈黙)...お後...どうしましょうか?」だって!


...お 前 が 決 め て く れ ぇ ~ っ !



さて今回の手ぬぐいはその時の立前座、林家たこ平クンです(笑)。

ちょうど『噺家の手ぬぐい』が発売される時に二ツ目に昇進したのでギリギリ間に合わなかった。うーん、残念!...波田陽区最近見ない...(涙)。。ということは、たこ平クンが二ツ目になったのが2007年5月だから、『お後どうしましょうか?事件』から四年はたったってことかぁ~。早いねぇ、月日の流れるのは...しみじみ。


でも、正蔵師匠のセンスはすごいネ、見るからに"たこ平"だもん。

「たこです!」って感じ(笑)。でもネ、たこ八郎さんみたいだからたこ平じゃないんだって。大阪出身なんでタコ焼きの「タコ」と、凧揚げの「凧」

"あがる"って縁起がいいからネ、それでたこ平なんだってサ。


20110621-01.jpg

で、手ぬぐいは鮹唐草。たこ平の名前に合った柄。なかなか良いです。二ツ目になって手ぬぐいを渡された時「あっ、鮹唐草じゃん!」と言ったら「ハイ、鮹唐草です!」と満面の笑みを浮かべて即答したんで、たこ平クン自身が決めたのかと思いきや、正蔵師匠が選んでくれたそう。

当人は鮹唐草なんて知らなかった(笑)。でも、鮹唐草のひとつだけ、鮹の赤を入れてアクセントをつけたのは、たこ平クンのアイデアなんだってサ!


畳んだ時にちょうど良いところにこの赤がくる!

これまた自信満々にしゃべってました(笑)。


この前、久しぶりにたこ平クンの高座を聴きました。たこ平クン、ちょっと"あがってた"みたいだったけど、タコだけにツボにはまるとすごいんです!



#003

kinjirusi.jpgのサムネール画像



子供の頃、近所に焼鳥屋さんがあって、確か一本20円か30円くらいだったと思うんだけど、それが美味しくて「大人になったら焼鳥20本も30本も並べて端から食ってやるゾ~!」って真剣に考えてたんだけど...、そんな思い出みなさんにもあるでしょ?


まあ、大人になるとやらないけどネ(笑)。で、今回は大人買い?大人買いしてみました。


20110621_kin_otonagai.jpg

THE大人買いっす!


『シリーズ生きる第一夜土下座』ストラップ

企画原案・デザイン・原型制作ザリガニワークスです。


20110621_kin_kutsuato.jpg

『平社員C』スーツの背中に踏まれた足跡が...(涙)。。



20110621_kin_shiridashi.jpg

←こんなのも!『超土下座パーティー』...なんか食いだおれ太郎みたい?




20110621_kin_kuidaoretaro.jpgのサムネール画像

ねっ、似てるでしょ!?












20110621_kin_egashira.jpg

       こんなことして遊んでます(笑)。特別出演:江頭2:50


ガチャガチャで『続 土下座』ストラップを見つけてなかな

か楽しかったんで、ガチャガチャガチャガチャして...。調べたらいろいろあったんでネット通販ていうの?あれで大人買いしてみました。ガチャガチャといっしょで大人買いしたからって全種類揃うわけでもなく...(涙)。。ストラップの紐が

ちょうどお尻から生えてる?のでそれをはずしてうちのトイレに飾ってます、ハイ。

110619_235555.jpg

うちのトイレの本棚『スラムダンク全31巻』の前に土下座の面々が...


土下座画像を募集しているので黒紋付袴姿の土下座を商品化してもらって並べたら、なんか真打の披露口上みたくていいかもネ(笑)。 

8月には新シリーズ、渚の土下座が発売予定、もちろんもう予約入れたけどサ。


ザリガニワークスさんのサイトはこちら。土下座のサイトもあります!

http://www.zariganiworks.co.jp/

http://www.zariganiworks.co.jp/ikiru/dogeza/index.html




******* 緊急告知 *******


チャリティ講座のご案内

朝日カルチャーセンターにて、玉の輔師匠のチャリティ講座

「手ぬぐい噺と落語」が行われます。

「がんばろう日本。」手ぬぐいの新色も販売いたします!

ふるってご参加くださいネ。





日 時:2011年7月22日(金)19:00〜20:00

受講料:1,000円(会員、一般とも)

場 所:新宿住友ビル7階75号室


......お申し込み

は......

新宿住友ビル4階受付

またはお電話(03-3344-2041・プロジェクト事業本部)

またはhttp://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=127415&userflg=0

まで。


  

そして近づいて参りました、7月上席。

こちらのチラシをプリントしてお持ちください。

7/2は玉の輔はお休みですので、ご注意ください。


玉の輔チラシ201107_05.jpg



ちょうど一年くらい前かなぁ、上野の中央通り、鈴本演芸場の反対側の歩道を歩いていると

「兄さ~ん!」と声をかけられた。

...誰、あのハゲ?(ゴメン)...あっ志雲......やっぱり、志雲だ。

そうだ、思い出した!以前生志さんの真打昇進パーティーの時、久しぶりに会って...わおっ!って驚いたんだっけ。...ハゲたなぁ、志雲。もとより老け顔だしな(笑)。またこの男、古いことをよ~く知ってる。野球なんか特に詳しい。展覧試合をはじめ、赤バット、青バット、沢村栄治観てきたかのように語る(笑)。関西弁だし...。こいつホントはいくつなんだ?...


志雲さんとは17~8年前、NHK『小朝が参りました』という番組で日本全国を渡り歩いた仲間。

場所は忘れたけど地方へ行った時、夕方からの収録で昼間は暇。ボールを買ってきて、野球をして遊んでいた時のこと。

フライを追いかけていたたい平さんと志雲が顔面から激突!...ぎゃー、大量出血!そのまま病院で手術。元々腫れぼったい顔の志雲の顔がさらに...。ふたりとも酷い顔で本番に臨みました。プロデューサーには野球で怪我したってばれずに済んだんで、めでたしめでたし(笑)。

そんな志雲の頭に一年ぶり二度目のビックリ


たま「おー、志雲、どうしたのこんなとこで?」

うん「えぇ、ちょっと打ち合わせで...。あっ、ちょうどいいとこで、兄さんに会った。

    わたし、真打になりました立川雲水です。」

と手ぬぐいを渡されちゃった(笑)。

たま「...えっ、雲水って、じゃあもう志雲じゃないの?...いつ?」

うん「去年の暮れです。」

たま「あっ、そう。真打になったんだ。おめでと。わかった。お祝い贈るね。」


翌日、仕方がないのでお祝いを贈る。なんであの道を通ってしまったんだろう、と反省(笑)。

すぐに雲水さんから御礼の手紙。わぉ、達筆!...しかも、わたしを褒める褒める。祝儀あげた甲斐あったな(笑)。


さてさて、今回も手ぬぐいまで長~い!さっそく...じゃないネ(笑)、いきましょう。


20110611_01.jpg

なかなか渋い、うーん、いい!青地に雲と水を表す渦...雲・水。

わかりやすいっす!雲も渦も手ぬぐいに合うねぇ、THE手ぬぐい(笑)。

意外とありそうでない?ぼかしも入っていて素敵です。これは2009年12月真打昇進の時、日本橋の手ぬぐい屋さん戸田屋商店さんのデザインで雲と水をイメージして作ってもらったそうです。『立川雲水』の文字は雲水さんからの注文であえて寄席文字にはせずにこの柄に合う篆書体(てんしょたい)に。なんかレトロでいい。...レトロといえば雲水さんの住んでるアパートが昭和レトロなんだそうで、なんとCMにも出た。缶コーヒーのBOSSのCMでトミー・リー・ジョーンズが刑事役で聞き込みに廻る太陽にほえろ!バージョンのヤツ。雲水さん当人も出演!でも自分では観たことないって...(涙)。。

あとねぇ、さっきハゲって書いたけどハゲじゃないんだって!スキンヘッドにしてただけで...って怖いヨ!元々人相がいいわけじゃないんだし...。ちなみにいま現在は髪も短髪にして髭面...って、何を目指して、何処へ向かってるんだぁ~?

普通に出来ないの!!ますます歳がわかんないぞっ!



【緊急告知...というか忘れてました!】

7月6日(水)またまたC.C.レモンホールで
『東日本大震災チャリティー落語会 落語の力!!』
が行われます。そこで『がんばろう日本。』手ぬぐい販売しマウス!
新色三種類、たくさんご用意させていただきましたぁ~。
来て観て買ってくださいませ。詳しくはコチラ。

日時:2011年7月6日(水)

昼の部:開演 午後2時 開場 午後1時半    
夜の部:開演 午後6時半 開場 午後6時【完売】

会場 渋谷 C.C レモンホール
入場料 全席指定 各3,800円(税込)

昼の部出演者 
[出演]コージー冨田 / 林家正蔵 / 春風亭小朝 / テリー伊藤 / 林家たい平 / 笑福亭鶴瓶 / 春風亭昇太

夜の部出演者【完売】
[出演]三遊亭王楽 / ナイツ / 桂歌丸 / 三遊亭小遊三 / 渡辺正行 / 立川談春 / 立川志の輔

◇------------------------------------------------------◇

【6月10日(金)午前10時より一斉発売】

●チケットぴあ(24H受付)Pコード(413‐177)0570‐02‐9999
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1123199
チケットぴあ店頭・セブンイレブン・サークルKサンクスで
予約したチケットの引き取り・直接購入ができます。


●ローソンチケット(24H受付)Lコード(39891)0570‐084‐003
http://l-tike.com/pc/d1/AA01G03F1.do?rsvFlg=0&txtEvtCd=39891&txtVenueCd=34722&srcID=AA02G08

ローソンで予約したチケットの引き取り・直接購入ができます。

●e+(イープラス)
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002055755P0030002P0006
★チケットぴあ・ローソンチケット・e+(イープラス)でお買い求めの場合は
ご利用できない場合がございます。


●関連リンク





**玉の金印 #002**

kinjirusi.jpg

続いてます玉金二回目です。第一回のこのコーナーで紹介した『ふんばるまん』のお店の方から早速コメントが来たりとうれしいっす!ありがとうございます。また行きます!


長野に行ってまいりました。善光寺の大本願で落語演りました。大本願というのは......えーとねぇ...わかんない!でも大本願ってくらいですから大本願なんでしょう(笑)。仕事が早めに終わったんで、お参りして、牛さん撫で撫でして...。


『牛に引かれて善光寺参り』でも、牛...小さいっす(涙)。。

110601_130747.jpg

うーん、牛...小さいっす!もう三度目の善光寺参りですが、

毎回「牛...小せぇ~!」と心の中で叫んでから撫で撫でします。牛さんはみんなから撫で撫で撫で撫でされるので黒い身体のところどころがピカピカ金色に光ってます。



以前参道のお土産屋さんで買ったミニ牛。出掛ける前に必ず撫で撫でします。

110604_230402.jpg








牛さんのご利益をもらって大門前の根元八幡屋礒五郎さんへ。毎回行きます、三回目。知ってる、礒五郎さん?礒五郎さんは七味唐からし屋さん。唐辛子じゃない、唐からしネ。

有名です。うちの近所の吉池にも売ってる超有名ブランド!見れば、あ~アレね!と納得してくれるはず。

110601_132524.jpg


この大門町店がオっシャレ~!新しいからキレイだし、なんか唐からし屋さんとは思えない...

他に唐からし屋さん知らないけど...(笑)。いつ行ってもお客さんがたくさんです。いろんな種類の唐からしはもちろん、七味唐からしの入ったオリーブオイルや胡麻辣油、ぽん酢などなど、他にもプチ缶ストラップやトートバッグなんかもオシャレです。前に行った時には栽培できる唐からしの缶を買いました。...まだ育ててないけど(笑)。


110606_145849.jpg

根元八幡屋礒五郎大門町店。店頭にはでっかい唐からしが二本ぶら下がってます!




←プリッキーヌというタイ原産の唐辛子。七味缶と背くらべっす!











で、今回の玉金はコチラ、ピルケース入り唐からしのセット...

『どこでも七味』...大山のぶよ風!...正式名称です。

shichimi.jpg


きゃー、いいでしょ、すんごく。このサイズがいい。だってホンモノの袋の縮小サイズの唐からしクンたちが六種類、五袋づつ。大きさはというとコレ。隣のゴルフボールと比べると一目瞭然!...余談だけど、このゴルフボールも富士山マークでカワイイでしょ?...ね、こんなに小さい。一回使い切りサイズです。でも、かわゆくて使えないよ~(涙)。。この『どこでも七味』¥630、安い!安すぎるぅ~。お土産にいかが?...あっ、八幡屋さんの回し者じゃないですヨ、わたしは(笑)。


この日はコレとゆず入七味20gを買って帰りました。でもねぇ、ホントに一番素敵なのは八幡屋礒五郎さんの紙袋なんです。どうです、このセンス!抜群でしょ?唐からし屋さんとは思えない...唐からし屋さんには失礼な発言連発!?


110604_230106.jpg

...とにかく大好きです。いつもこの紙袋を手にして思うこと...このデザインで手ぬぐい作りましょうヨ、ねっ!







こだまでしょうか? いいえ、誰でも。




20110601_furikomi.jpg
はーい、第二回の玉金義援金、振込みしてまいりましたぁ~。

今回は650,000円っす!

前回の1,550,000円(チャリティー落語会を含む)と合わせると、なんと2,000,000円超え!
2,200,000円...うーん、すごいゾ、手ぬぐい!

まだまだガンバります!

あとね、びっくりな話。

鈴本まで飛行機で新しい『がんばろう日本。』手ぬぐいを買いに来た方がいたんだって!...ありがとうございます。そして、すいません。ブログでの販売をしなかったばっかりに。
ゴメンなさい&感謝です。なんか考えます。








では、手ぬぐい。三遊亭遊雀さんです。遊雀さんは今は芸術協会の人間ですが、落語協会時代はいっしょに前座をやった仲間です。入門したばかりの頃はよく白鳥さんに騙されては奢らされたりと、酷い目にあってました(笑)。

前座時代に落語協会の二階...今の落語協会の建物ではなく狭かったのでお客さんが十人入ればいっぱいの頃、前座しか出演しない勉強会を始めました。前座ばかりだし、宣伝も行き届いてないんでお客さんが来ない(涙)。。やっと入ってくれた夫婦ものの二人。他に来る気配もないので仕方なく開演すると、やたら良く笑う旦那さん。いわゆるゲラ(笑)。また、笑い声がやたらとでかくガハガハとバカ笑いする。自分が名人になったのかと錯覚するくらい。その豪快な笑いかたはまるで別所さん。...別所さんてハムの人じゃなくて野球の方ね、...別所毅。わからない? わかる人はわかる...当たり前か(笑)。

これがさん太の親父だった。...さん太は遊雀さんの前座名です。
ありがとうサンタパパ

遊雀さんは昔、全く酒を呑めなかった。呑むとすぐ寝ちゃう。二ツ目の頃、みんな暇なんでよくつるんでた頃の話。ある師匠の別荘に泊まりがけで遊びに行こうという話がまとまって...勝手に内緒で忍び込んだんじゃない、その師匠の倅をよく知ってる...同業者(笑)。ワーワー言いながら呑んで騒いで...。でも、遊雀さんはすぐオネムになっちゃって、いつもひとり別の部屋で寝てる。だんだんみんな酔っ払ってきて、わけわかんなくなってくる。

金八は特に酷い。そこで
「おい金八、隣の部屋にタレ(女の人)が寝てるからちょっと行ってこいよ。」
「...えっ、ホント...いいの?」
素っ裸になって布団に入る。とたんに遊雀がギャーっ!!...そんな仲間です(笑)。
余談だけど北海道出身の金八は服を脱ぐ時、パンツのあとに一番終いに靴下を脱ぐ(笑)。北国の人はみんな(?)そうなんだってさ。

20110601.jpg
さて、毎度毎度手ぬぐいにたどり着くまで話が長くなっていけませんな(笑)。

手ぬぐいはねぇ、すごくいいヨ、大好き!なんたってカワイイ!...でしょ? 薄いピンクに抜いた豆絞りのグラデーション。そして、どういう理由か大中小三匹のカエル。

このデザインはお知り合いのデザイナー鈴木道雄さん
カエルは野村俊夫さんによるもの。

鈴木さんは何年か前に落語協会の浴衣もデザインしたことがある方でわたしもあの浴衣大好きです。

独特の書体で遊雀さんの他にも芸人のチラシなんかも作ってるんですぐ判る。好きです、鈴木さん(笑)。

さっきの話の通り、遊雀さんは呑むとすぐに寝ちゃう。その寝顔を見た鈴木さんは思わず「抱きたい!」...いや「あっ、カエルだ!」と(笑)。で、カエルのイラストで有名な野村さんにお願いをして野村俊夫さんと鈴木道雄さんのコラボレーションが実現したそうな。

うーん、どこで畳んでもすんごくカワイイっす!いいですねぇ~。...ん?一番上のカエルの回りに薄~く何やらオチン〇ン?みたいな陰が...。

...カエル顔の雪男にも見えないこともないこともない、という人もいないこともないような...。

「遊雀、これ何?」「えっ、ホントだ!知らなかった。」...今度、鈴木さんに聞いておいてねぇ~。ものすご~く、楽しい手ぬぐいでしたぁ。



...これだけ褒めればいいですか、祐子さん?
...祐子さんは遊雀ファンの熟女です、はい(笑)。




で、7月上席情報です!チラシできました。
このチラシをプリントしてお持ち頂ければ、割引になります!


↓↓↓↓↓ プリント用pdfはこちら ↓↓↓↓↓


玉の輔チラシ201107_05.jpg




***【玉の金印】***

さあ、今回から始まりました玉の金印、略して玉金...ってまた玉金かい!。玉の輔の最近のお気に入りや気になるグッズ、皆さんに知ってもらいたいイチ押し...金印を紹介するコーナーです。急に思い立って始めたもんですから、いつ終わっても不思議はない、不定期な...まあ、一言で言えばいい加減なコーナーです(笑)。適当に楽しんでください。

20110601_kin02.jpg
寿第一回はこの間、仕事で行った鳥取で見つけた『ふんばるまん』です!

駅前のホテルに泊まっていて、「歩くと20分くらいかかりますから、会場までタクシーでお願いします。」とスタッフの方から言われていたのですが、好きなんだよね、知らない街を歩くの。

地方にある駅前のデパートなんか最高!必ず行くネ。東京のスーパーマーケットの衣料品売り場みたいなあの感じがたまらない。今回は大丸に行って、どこでも買える靴下を三足買いました。

大丸を出て一直線の道を歩いて少しだけ行くと左側の路地入ったところに怪しい看板。
『鳥取えェもん蔵』...?何じゃこのレトロな店、面白そうじゃん!...とは思いつつも全く期待せず
に入ったら大当り!...うーんとねぇ、この場合の大当りはいい意味での大当りです。鳥取って砂丘と......うーん、鬼太郎と...?そうふんばるまんです!ネーミングも今の時代にピッタリでしょ?なにしろカッチョイイ!店の中は鬼太郎グッズ、砂丘の砂で作ったオブジェ?...鳥取だくさん。もちろん食べ物なんかもありました。

20110601_kin01.jpg
でも、一際目をひくのがふんばるまん。微妙な型の違いで10人...もっといたかなぁ、EXILE風に並んだふんばるまんが19000円也。

わたしはストラップと身長9cmのふんばるまんを一人買ってきました(写真)。お店の方と話をしたら最初は全く売れなかったんだって。それが最近人気急上昇、そりゃそーだカッチョイイもん!若い芸術家の作品と思いきや、年輩の大工さんときいてビックリ仰天!寿第一回『玉の輔の金印』は鳥取市鹿野町『工房たく』の岡田卓巳さん作ふんばるまんでしたぁ。





リンク

  • 購読する このブログを購読
  • ケータイからも見られるようになりました!
    以下のQRコードからアクセスしてください。
    QR
    tamanosuke
【コメントに関する注意事項】
公序良俗に反するもの、誹謗、中傷にあたるものなど、編集部にて不適切だと判断したものに関しましては、予告無く削除する場合もありますので何卒ご了承ください。
五明楼玉の輔,(有)ラスコー
本ページの記事、画像の無断転載を禁じます。